Friday, January 1, 2010

2匹の熊が木から落ちたら... WTCタワーの崩壊

ニューヨーク、世界貿易センターのサウス・タワーとノース・タワーは2001年9月11日に崩壊しました。

権力者たちやメディアがいうように「航空機が突入した衝撃」や「それに続く火災」が原因であったとしても、その後起こった崩壊は単に「重力を利用した崩壊」だったはずです。

サウス・タワーの78階にたどり着いたオリオ・パーマー署長からは

「2ヶ所燃えてるが、ホース2本で消火できる」

という報告が入っていました。

グラウンド・ゼロで作業した消防士ジョー・カサリッジは

「110階建てのオフィス・ビルがふたつですよ。
机はない、椅子もない。電話やコンピュータもない。
僕がみつけた一番大きな電話の破片といったら、キーパッドの半分。
このくらいの大きさです。

タワーは崩壊して、ほこりになってしまったんです」


と証言しています。

下の漫画を見てください。
2匹の熊が木から落ちたら、右の熊と左の熊は同時に地面に到達するでしょうか?

WTC崩壊の公式説は要するに、

「2匹の熊は、ほぼ同時に地面に着地した」

といっているのです。
あなたはそれを信じますか?

(画像をクリックすると、拡大します↑)

↓クリック、よろしく!
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment