Thursday, April 30, 2009

ドイツのユンゲ・ヴェルト紙が「9/11の真実を求める政治指導者たち」を紹介!

ベルリンのTruther仲間からの報告

ドイツのユンゲ・ヴェルト紙が2009年3月4日に、日本の民主党参議院議員藤田幸久さんが主導で立ち上がった「9/11の真実を求める政治指導者たち」を記事にしています。


中味・要旨は、
(ハイナーの英訳がところどころ不完全みたいなので、若干誤訳が生じるかもしれませんが、英訳して伝えてくれたことには大感謝!)

7ヶ国から12人の政治家が、9/11に何が起きたのかを調べるため、新たな、そして本当に独立した調査をするようオバマ大統領に訴える署名を集めている

「これまで行われた調査はすべてブッシュ・チェイニー政権に近い人物や、実際にその政権下で働いていた者たちによって為された」と

様々な分野の研究者たちの出した結果は、公式発表とは大きな食い違いを見せている。その研究者たちとは建築家、エンジニア、消防士、法律家、パイロット、宗教指導者たち、学者、退役兵、医療関係などで、もうずっと長きに渡って新たな調査を要求している。そこで政治家たちも と、このグループの登場となった

世界貿易センター(WTC)タワーの崩壊に関する公式説明には、これまでにも多くの人々が疑問を投げかけている。「オサマと19人のテロリスト」という神話(=事実ではないこと、嘘)は、予想も出来ない結果に繋がるだろう

Saturday, April 4, 2009

クラブハウス発行 『9.11テロ疑惑国会追及--オバマ米国は変われるか』プレゼントのお知らせ -- Q-VOICE



【2009/4/2】

Q-VOICE会員の皆様に 新刊書籍プレゼントのお知らせ

クラブハウス発行 『9.11テロ疑惑国会追及--オバマ米国は変われるか』1,500円

【 藤田幸久(参議院議員)編著/共著 デヴィッド・レイ・グリフィン(神学者)、きくちゆみ(平和活動家)、童子丸開(著述家・翻訳家)、千早(平和活動家) 】を 20名様 にプレゼントいたします。

Friday, April 3, 2009

外交官の防衛大教授が、911陰謀論を主張


藤田幸久参議院議員のブログより転載。
==========================================

<外交官の防衛大教授が、911陰謀論を主張>
* 藤田幸久
* at 2009/3/31 23:33:27

 元外交官で、今日まで防衛大学校教授を務めた孫崎亨教授が、日米同盟の正体 迷走する安全保障という野心的な力作を講談社新書から出版した。「アメリカ一辺倒では国益を損なう大きな理由 インテリジェンスのプロだから書けた、日本の外交と安全保障の危機」という帯がついている。

 第2章「21世紀の真珠湾攻撃」は、FBIやCIAが、ビン・ラディンが米国の攻撃を計画しているという警告を度々発していたがブッシュ政権はそれを無視した、というアル・ゴア元副大統領の『理性の奪還』の引用から始まっている。

そして、
「9.11同時多発テロはある日突然、過激派のイスラム教徒が行動を起こしたという以上のものがある」。