Wednesday, April 14, 2010

いよいよ今度の日曜、4月18日は京都へ行こう!!

去年のリチャード・ゲイジ大阪講演会のヘルパーのお一人で、「ローで減量した」yushさんからのメールを、色々入れ込みながらご紹介します。彼女はこの京都大学でのイベントのスタッフをしている、大変行動力のある方です。

オーストラリアでは元保健省大臣やエンジニアたち、弁護士などに加えてシドニー大学のデイヴィッド・リーファー博士も9/11の真相究明に声を上げてはいますが、彼らが自主的に推進力となって動きを展開しているというところまでは行っていません。しかし日本では、去年のリチャード・ゲイジ、立命館大学での講演に続いて京都大学の教授がみずから乗り出し、ご自分でチラシを学生さん等に配りながらこのイベントを企画してくださっています!! 

早くから9/11の公式説への疑問を呈していた長崎大学の教授も参加して、今回はおみえにならないみたいだけど鹿児島大学にもひとり教授がいらっしゃいますし、もうこれは日本における「9/11の真相を求める学者の会」が発足するしかない!?と期待しているほどです。(^^)

では、yushさんのメールから

きくちゆみさんファンの方々 18日は、京都で彼女に会えます。

ゆみさんは、18日は、京都にこられて、講演します。
わたしの堺の友達が、子どもをつれて、来てくれます。ありがたいことです。
わたしは、堺の学校の講師をしてるので、堺やら京都やら神戸やら飛び回っています。

京都はそんなに遠くありません。

是非みなさん。京都大学まで、おこしください。

西谷文和さんや 

(ジャララバードで中村哲医師とトゥーショットの西谷さん)
この話は感激ものです。是非お読みください!)

長崎からこられる戸田清教授(NBC長崎放送で911事件を語った)も討論会に参加します。

 
時のマスコミ、朝日新聞の女性記者とカメラマンも取材にこられますよ。
是非、取材におこしください。 
(ブログに書いてくださいな。)

★日 時  2010年4月18日(日)午後1:30開場、
        午後2:00開演~午後5:30終演。

★場 所  〒606-8501 京都市左京区吉田本町
        京都大学 吉田キャンパス 本部構内
        法経済学部本館↓ 法経済7番教室(時計台のすぐ北の建物)
          
吉田キャンパス 構内配置図と、本部構内マップ参照

★アクセス 京阪電車 出町柳駅下車 徒歩東へ15分
  京都駅北口からバスでは、D2乗り場206系統(約35分)京大正門前下車

★内 容  

第1部:映画『911の子どもたちへ』上映
(学生自主制作ドキュメンタリー映画、関西初上映)


第2部:きくちゆみによる映像を用いた講演

第3部:座談会
・きくちゆみ(環境・平和ジャーナリスト)
・西谷文和(フリー・ジャーナリスト - イラクの子どもを救う会代表)
・西牟田祐二(京都大学教授 - ドイツ現代史)
・藤岡 惇(立命館大学教授 - アメリカ経済論)
・戸田 清(長崎大学環境科学部教授) 急遽、参加決定!(^^)

★主 催  「学生ドキュメンタリー映画『911の子どもたちへ』京都大学上映実行委員会」 (代表:京都大学経済学研究科 教授 西牟田祐二)

★連絡先  実行委員会代表:京都大学 教授 西牟田祐二
        tel:090-9865-1848
        mail:nisimuta(at)econ.kyoto-u.ac.jp 
        (送信するときは(at)を@に訂正してください。)
<以上、転載終わり>

おいおいyushさん、肝心のチケット情報が抜けてたよ~。(^^;

★チケットは全国のローソンで、ローソンにあるLoppiの端末画面のLコードのところに「54776」と入れてください。

  ■Lコードダイヤル(24時間受付)※自動音声対応
   0570-084-005(Lコード入力必要)
  ■WEBサイト「ローチケ.com」(WEB・モバイル共通)  
  http://l-tike.com/

全席自由で、料金は¥800 です。
*ポスターには当日¥1,000とありますが、ローソンのサイトでは(当然ですが)前売り値段が表示されています。売れ行きはどうかな?(^^;

尚、第1部で上映されるドキュメンタリーに出演している各氏からの、
同映画に寄せられたメッセージは










大盛況、満員御礼となることを、
秋を通り越して冬になった感のオーストラリアから祈っています!



↓クリック、よろしく!
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment