Saturday, April 17, 2010

京都新聞、4月18日のイベントを紹介!

去年暮れのリチャード・ゲイジ日本公演ツアーのときに見られ始めたことですが、メディアの9/11Truthへのアレルギー(??)にも変化が出ているように思います。

あの日から何年もたって、やっと感情に左右されずに事実をみつめる目が機能し始めたのかもしれません。

今回、京都のイベントにも京都新聞が記事を書いて紹介してくれました。
本当に、ありがたいことです。
これも西牟田先生やスタッフの方々の努力の賜物だと思います。

これで一気にチケット売り切れ、満杯になってほしいですね!(^^)

米同時多発テロ検証する討論会
京大で18日、学生制作の映画も

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100414000030&genre=G1&area=K00

 米同時多発テロ事件を検証する討論会が18日午後2時から、京都大法経学部本館7番教室で開かれる。大学生が平和活動家や日本人の被害者遺族らにインタビューしたドキュメンタリー映画「911の子どもたちへ」の上映や、ジャーナリストらによる討論が行われる。

 現代史における情報操作を研究する京都大大学院経済学研究科の西牟田祐二教授らの主催。同時多発テロは米国の「対テロ戦争」の出発点だが、いまだ情報開示が進まない現状や問題点を市民に広く知ってもらう。

 当日は、東京の大学生たちがジャーナリストや平和活動家、日本人犠牲者の遺族にインタビューし自主制作した映画が上映される。当時、小学生だった学生の視点から、事件とは、日米関係とは何かとの問いに向かっていく。関西では初上映。

 映画にも出演したジャーナリストのきくちゆみさん、西牟田教授らの公開討論もある。問い合わせは西牟田教授TEL075(753)3445まで。
(転載終わり)

「映画にも出演した」って、ゆみ、何に出たのかな??

それから京都大学でのイベント、英語版のお知らせをアップしました!

VERIFY 9/11 at Kyoto University - Sunday April 18, 2010

同記事、911ブロガーで、今メインページのトップです。
英語圏や日本在住の英語を話すご友人等に是非、知らせてあげてください!


↓クリック、よろしく!
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment