Monday, April 5, 2010

デジタル時代のクロップ・サークル?

アラスカにある米軍の気象兵器施設といわれているHAARPと似たような施設が西オーストラリアにあることを、阿修羅掲示板への投稿で以前、紹介しました。

<関連>
今、見られる方はここを開けてください。豪、気象庁のレーダー映像 
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/699.html
おかしなオーストラリアの天気事象 - HAARPか?
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/704.html
失礼、「ダーウィン」ではなくて
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/705.html
2008年8月に、日本の気象庁サイトにも出ていたリング。日本のHAARPが、アラスカのHAARPに対抗している?
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/719.html
MUレーダーも、
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/721.html
インドネシア上空に現れた不吉な雲
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/720.html
今、また出ています。今度はどす黒いような赤で、ブリズベン近く
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/723.html
円が点滅して消えているときに、数本、放射状の白い線が
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/724.html
「ふぐり情報を真に受けて騒いで」いたとか言われましたが、お忘れでしょうか?
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/739.html

その後も、時折白い線が放射線状にあちらこちらに出たりしていましたが、つい今しがたメルボルンの仲間から「今もまた出てるよ~」とメールが入りました。

ここを開けると、今現在も見られます。

場所はコフス・ハーバー付近。
しかし彼によれば、そこにはレーダーがないので、周辺のレーダーが拾っているのだろうとのこと。

「デジタル時代のクロップ・サークルだね」と。

これまでオーストラリアの気象庁に問い合わせても、レーダーが捉えたこうしたリングや異様な形状が一体何なのか? 満足な答えは得られていません。

日本でも似たようなリングが出ていたし、今後も注意が必要です。


↓クリック、よろしく!
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment