Saturday, April 10, 2010

インドでガーダシルの研究プログラム、死亡者が出たため緊急停止さる

ロンドンの仲間が送ってくれたリンクがすでに開かなくなっていたのですが(これは多分リンクのURLが変更になったためかと思う)、タイトルで検索したらいくつも出てきました。そこのトップに出た

Cancer vaccine programme suspended after 4 girls die
http://www.dnaindia.com/india/report_cancer-vaccine-programme-suspended-after-4-girls-die_1368681

を見てみましょう。
要旨は、

インドで行われていた子宮頸癌ワクチン、マーク(メルク)社製のガーダシルの公的医療における有用性と受容性を調べる2年間の研究プログラムで、ガーダシルを接種した120人の女子のなかから4人の死亡を含む多数に問題が生じたため、インド医療研究評議会(The Indian Council of Medical Research - ICMR)がただちにこのプログラムを停止するよう命じた

というニュースです。
インド国内の薬局で販売されているヒトパピロマウィルスのワクチン、ガーダシルに関する記事の続きは

死亡以外の健康被害は、胃障害、てんかん、頭痛や早発初経。
女性の活動家たちは、これまで悪い症状が出ていない女子にも精神的な悪影響があるのではないかと恐れている。


このプログラムはガーダシルと、シアトルにあるNGOのPATH、ICMRおよび2つの州政府が共同で実施していて、10歳から14歳までの約3万2000人の女子に試験される予定だった。

ICMRのチーフ、カトック医師は「ICMRは単なる技術的なパートナーで、顧問の役割を果たすに過ぎなかった」と明かしたが、「責任の所在を確認しているところだ」と述べた。

CPM(上述の女性活動家団体と思われる)トップのブリンダ・カラットは、
「政府はどうして、2回の接種で十分かを調べる計画があったのに3回接種を実施するこの研究を開始したのか?」
と疑問を呈している。

薬品が子供たちに投与されるには、段階3の成人への臨床試験を含むいくつもの臨床試験を通してからでないといけない、とカラットは指摘。しかしガーダシルではたった110人の女子への試験しかしておらず、そのフォロー・アップも1ヶ月後にワクチン後の免疫反応を見ることしかしていない。ワクチンは(インド国内で)27歳(まで?)の女性にも(接種の)許可が出ているが、なんらの試験もされていないとカラットは語った。

「科学的論理や倫理的な指針が、どの段階においても守られていなかった」とカラットは主張している。
(訳、終わり)

このインドでの試験以外にも、米国やオーストラリアですでに一般女子、女性への接種が行われているガーダシルと、日本で販売が始まっていて、大田原市などでは小6の女子への公費負担による接種が開始されているサーバリックスは多少の違い(対処するといわれるウィルスの数が4つか2つ、など)があるとはいえ、同じ研究に基づいて作られたワクチンです。

殊に、任意とはいえ公費負担をしてテレビでも有名タレントを使って「打ちましょう、打ちましょう!」と煽っている現在、ただちにそうしたプログラムを止めて、日本国内でもきちんとした臨床試験、いやそれ以前に、このワクチンが製造され販売されている背景、海外における被害の実態などの調査をきちんとすべきでしょう。

以前から訴えているとおり、これは現在展開中の詐欺&薬害事件です。
皆さんも大至急、周囲の人々、多くに知らせてください。


尚、私がこの知らせを受け取り、記事タイトルで検索をしたときから私のPCが超ノロノロになりました。PC上の時計も止まってしまい、ここまで書くのになんと2時間近くもかかりました。何故かスタートのクリックも出来ないし、色々使えない。

きっとキーワードで感知するのでしょうが確実に妨害が入っているし、またまた「人気ブログランキング」の一覧にも載せてもらえない可能性が高いと思っています。

そしてそれは9/11と同様、本当のことを書いているからにほかなりません。

私からすれば、全然手ぬるかった週刊朝日の記事をもっとずっと上回る、本当のジャーナリズム精神に則った主要メディアの緊急特集記事の出現を期待します。

皆さんも、その実現のための力になってください。

各メディアへの発言はもとより、薬害エイズ事件で勇気を持って対処し、参議院議員になった川田龍平さんにも訴えて、大きな声を大至急あげてもらってください。

被害が出てからでは、その子とその子の家族にとっては遅すぎるのです。


↓クリック、よろしく!
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment