Monday, April 12, 2010

勇敢な元海兵隊員、テレビでケムトレイルの説明をする!!

メルボルンでオーガニック・ショップをやっている友達からリンクが送られてきました。

元海兵隊員で、今は気象学者というか気象予報士のケヴィン・ロリスが、オレゴン南部とカリフォルニア北部の州境の町オレゴン州、メドフォードのテレビ局からの天気予報放映中にケムトレイルの説明をしています!!

ビデオの1分過ぎから、彼の説明:

カリフォルニア南部と北部では、ちょっと変わった状況が見られます。

このレーダーのサイクルのはじめの方は、まぁ、平凡でよくある図なんですが、それからこれらの独特な帯状になった雲がこの地域に入ってきます。

これは雨ではないし、雪でもありません。

信じられないでしょうが、これは軍用機がこの地域に飛んできてクズを落としているのです。

小さなアルミのかけら、ときにはプラスティックでできたもの、また更には金属化させた紙の物質を

その用途は、対レーダーに関わることなんですが、明らかに代用品というわけです。

これについて、軍は発表したりなどしませんが、私は長いこと海兵隊にいたので(知っているのです)

皆さんには今、お伝えしますが、これはそういうことなんですよ。
(訳、終わり)

一分もしない程の間の話ですが、これはもう本当に世界中で何百万人もの市民が待っていた「裏情報を知っている人間のテレビでの証言」と言っていいでしょう!

用途には別の目的もあるとは思いますが、彼は彼の知る限りの事実を伝えてくれたのだと思っています。この話をしている間のケヴィンはちょっと緊張しているような気もして、やはり!と思いつつ、余計に感謝の気持ちが。

彼の勇気を称えたいと思って同テレビ局にもメールを出しましたが、ついでに「次は是非、9/11の真実について報道してください」とリクエストしておきました

ケヴィンについては、報復などされずに今後も無事にいてほしいと思います。(^^;

そうそう、2番目のリンクを開けて見ていたときですが、その後私が何もしていないのにそのページが勝手にスコット・スティーヴンスのサイトに変わりました。

何も押した覚えはないのですが、同じ気象予報士でケムトレイルの真実を追っている彼のページに行くとは、きっと神のご意思(??)だったのだろうか、と思っています。(^^)

とにかく、ホワイト・ハウスの記者会見時に一番前の席に陣取っていた記者、ヘレン・トーマス(今、89歳!)がかつて言ったとおり、
「内部告発者は必ずいるのよ!」


↓クリック、よろしく!
人気ブログランキングへ

4 comments:

  1. すばらしい、勇気のある人ですね。感謝。
    載せてくれてありがとうございます。

    ReplyDelete
  2. Anonymousさん、
    コメントをありがとうございました!

    本当の目的は教えられていなくても、軍の人々は結構知っているようです。「ネット上で情報が出ているじゃないか」という声もありますが、一般の人々は米国でもまだまだ知らされていませんから、テレビの天気予報で出たことの意義は大きいと思います。

    被害がすでに出ている日本やオーストラリアでも、今後もそれぞれできる範囲で他へ伝えていきましょう!(^^)

    ReplyDelete
  3. その気象予報士の話しているのはケムトレイルについてではありません。
    単に軍用機が対レーダー用に投下したチャフが気象レーダー画像に映っていたという解説です。
    「裏情報を知っている人間のテレビでの証言」とは到底言えません。

    ReplyDelete
  4. kojikojiさん、

    多分、阿修羅掲示板への投稿にコメントしてくださった方だと思いますが、返事をここに書きましたので

    ケムトレイル問題でも「コンパートメンタライゼイション」で、うまくごまかしている
    http://www.asyura2.com/10/warb4/msg/188.html

    どうぞ、お読みください。
    #他の皆さんもね!

    ReplyDelete