Sunday, July 25, 2010

知らなきゃ仏!? 糖尿病薬で、袖の下(?)をばら撒いていたと思しきグラクソ・スミスクライン


3月当時に目にしていたのに、中々ご紹介できなかった話です(時間がなくて)。

今年3月19日付けの英紙インディペンダントの記事に、「心臓発作を起こす危険性が問われたグラクソ・スミスクライン社の2型糖尿病薬アヴァンディアを支持した10人中9人以上の科学者(医師)が、製薬業界と金銭的に繋がっていた」と報じられていたのです。

アヴァンディアはグラクソ社の大きな収入源でしたが、この前月(今年2月)に米FDA(食品医薬品局)からニューヨーク・タイムズ紙に漏れた文書には、なんと「米国における糖尿病患者が薬をアヴァンディア以外のものにしていれば、毎月500例の心臓発作は防げていた」と書かれていたのです。また「グラクソ社の上層部が、医師たちに脅しをかけようとしていた」とも!

世界中で売られているアヴァンディア(日本では販売されていない)は2006年に米国内だけでも30億ドル稼ぎ出した薬(NYタイムズの記事では「32億ドル」)ですが、そのあたりから心臓発作を引き起こす危険性が叫ばれていたのに、多くの専門家がこれを否定して売り続けていたわけですね。それらが実はグラクソから袖の下をもらっていたというか、それに語弊があるなら「金銭的な恩恵を受けていた」という話。

名前はなくてもいいから、何人がいくら位をどういう名目でもらっていたのか知りたいものです。

皆さん、このグラクソ社こそ、日本で今販売中&公費負担が進められている“子宮頸癌予防ワクチン”サーバリックスの会社だということをお忘れなく!

以前書いた
「原因」ではない「ヒトパピローマウィルス」 - 子宮頸癌ワクチンは打たないで!
で、これも詐欺&薬害事件だった新型インフル関連で

英国政府関連機関である「緊急事態のための科学的顧問団」所属のロイ・アンダーソン卿は、グラクソの重役として年に11万5,000ポンドの報酬を得ている

事実を指摘しましたが、それは「英国民にグラクソ社の豚インフルワクチンを打つべきだ」と判断した政府関連機関の人間が、グラクソから多額の収入を得ていたということでしたね。そう、他の薬でも似たような不正をやっていたということです。

企業から資金援助を受けない数少ない研究機関であるミネソタ州のメイヨー・クリニックの調べでわかったこの(アヴァンディアに関する)醜い事実は、2007年以降に出た出版物でアヴァンディアの危険性について述べられた記事を200以上も調査して、そうした記事を書いた人々のほぼ半分にあたる47%がグラクソ社と利害関係(「利益相反」というらしいが)にあり、しかもそのうちの23%はそうした事実を隠し、さらに3人の執筆者は利害関係を否定したけれども、調査ではそれが嘘だったことがわかってしまったというのです。

そしてアヴァンディアに好意的な記事を書いた者たちのなんと94%が製薬業界と利害関係にあり、87%がグラクソ社と金銭的に繋がっていた。アヴァンディアに対して批判的な記事を書いたのは、そういう関係にある者のうち30%にも満たなかったと。

他の、同薬に批判的だった著者たちは「金銭的な関係を持ってはいなかった」というのは、まぁ、当然といえば当然なのかもしれませんが、本当は「そんなことでは困る!」のですよね、人命や健康が絡んでいるのだから。

この調査を率いたモハマッド・ムラード助教授(医学)は、「みんなが意図的にやったのではないだろうが、無意識のうちに影響を受けてしまう可能性を彼等も認識すべきだし、私たち読者の側もそういう要素を考慮に入れるべきだ」と語り、「アヴァンディアは販売中止にすべきだろう」と述べています。

グラクソのスポークスマンは色々取り繕うようなことを言っているけど、上述の「脅しをかけようとした」という話は、アヴァンディアに批判的なことを科学的に指摘して公表していた医師の上司に「裁判に訴えるぞ」と脅して、その医師に「そうした事実を公表しない」という文書に署名させたとNYタイムズには書かれていましたから、本当に汚いやり方で圧力をかけ(色々な組織の上のほうにいる人間はとかく面倒なことを嫌いますから)、真実を知らせようとする人々を黙らせていたことがよくわかります。

しかし2000年に発売された同薬の危険性がそれなりに大きく取り上げられたのが2007年。その後もこうした調査結果が公にされるまで3年かかっている勘定になります。計、10年!

それでもまだ販売は続いているのだから、こうした報道を見なかった患者さんはきっと続けて使っているということですね。

「知らぬが仏」ではなくて、まさに「知らなきゃ仏」になってるかも?

私が数ヶ月前から声高に訴えている(オーストラリアでのガーダシルについては、2007年の3月から言っている!)サーバリックスとグラクソ社の実態が日本で広く知られるのに、あとどれほどの月日がかかるのでしょうか?

そして今月23日付けで出たナチュラル・ニュースの記事は、上のインディペンダント紙の記事をかいつまんで紹介しているだけなのですが(なんで4ヶ月もかかったの?私と違って訳さなくていいんだし。まぁ、出ただけでもマシという声もあったが)、ひとつだけ後者に出ていなかった話は「アヴァンディアの安全な代替とされる薬イーライ・リリー社のアクトス(武田薬品工業の薬で、米国では2006年までイーライ・リリー社が販売していた)を推薦した29人の著者のうち25人は、イーライ・リリー社と金銭的に繋がっていた」事実です。

だから、こうした偏向はグラクソに限った話ではないということですね。

今回の子宮頸癌ワクチンの危険性を私が訴えたなかのひとり(というか、グループ)薬害オンブズパースン会議は、いまだに何らの発言も行動も起こしてくれていないし、実際「取り上げられるのは来年以降」という、悠長な返事をもらって私はガッカリしたのですが、そのサイトでも2008年にこのアヴァンディアについての記事があり、

査読者がアヴァンディア総合解析論文を製造元会社にリーク

今年も、
悪しき医療 - 2型糖尿病
2型糖尿病薬には深刻な長期合併症を改善するという証拠がない
GSK社は糖尿病剤アバンディアの心循環リスクを早くから知っていたー米上院財務委員会が調査報告書、FDAは諮問委員会を7月に開催する旨表明
アクトスをアバンディアに勝るとして選択する根拠は存在しないー米国心臓病学会が見解

などという記事が4月に出ています。
あきれ果てるばかり。

最後の記事のアクトスは、上述の「29人のうち25人までもが」金銭的な恩恵を受けていたから「アヴァンディアの代わりとして推薦していた」薬ですよね。それが実は「勝るとして選択する根拠は存在しない」んだから!

だいたい糖尿病なんて『9割の病気は自分で治せる』に入っているのですから、『薬をやめると病気は治る』の世界です。

しかし、アメリカの糖尿病患者に「毎月500例の心臓発作」を起こしていたグラクソ社のアヴァンディア、以前お伝えしたガーダシルを作っているメルク社のヴァイオックスと同じではありませんか(心臓発作を何万人にも起こさせ、死亡者も相当出た)。

そのリウマチの痛みを和らげる薬ヴァイオックスについては、2007年3月にガーダシルのことを調べ始めたときに、ニューヨーク・タイムズでアメリカでの被害者の裁判に関する報道を見て知っていたのですが、ここオーストラリアでもやっと同様の動きが出てきました。

今年3月5日付のシドニー・モーニング・ヘラルド紙の記事「リウマチの薬、ヴァイオックスは販売されるべきでないと判事の裁定」には、「この薬は心臓発作の可能性を倍加するので、販売されるべきではない。リウマチの痛み止めとしても適切ではない」として、2003年に同薬で心臓発作を起こして働けなくなった59歳の男性ピーターソン氏に28万7,000ドルを支払うようメルク社に命じたそうです。弁護団によると、この原告のようにメルク社を訴えようとしている被害者を500人は知っているし、豪国内にもっといるはずだと。

「このような勝利は、オーストラリアの裁判所で滅多に見られないものだ」と喜びつつ、メルク社は「2008年に米国で被害者に対して48億5,000万ドルの補償金を出したように、豪州でも補償をすべきだ」と主張しています。メルク社は「控訴する」と。

大きな一歩ではありますが、このピーターソン氏が心臓発作を起こしてから補償の裁判でとりあえず勝利するまでに7年もかかったわけです。そして、米国に続いてオーストラリアでもヴァイオックスによる訴訟で大きな補償金を支払わなければならなくなったメルク社は、ガーダシルに続いて、またも「実は害のある」薬品、薬剤を作って売り出すのではないかと私は懸念しています。

いつまでこうした薬害が続けられるのでしょうか?
これを読んでいるあなた、一人一人が「医薬品というものへの信仰」を捨て去る日まででしょうか?

思わず、伊丹万作の「戦争責任者の問題」を思い出しました。


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

2 comments:

  1. Diabetes mellitus, often simply referred to as diabetes—is a group of metabolic diseases in which a person has high blood sugar. Nursingpedia

    ReplyDelete
  2. ωhoah thiѕ blog iѕ fantastіc i гeally like reading your ρosts.
    Keep up the great work! You understanԁ,
    a lοt of pеoplе aгe ѕeагching round foг thiѕ іnformation, you cοuld aid them grеatly.
    my webpage > Diabetes Remedy

    ReplyDelete