Sunday, July 25, 2010

抗がん剤で殺される


慶應大学の近藤誠さんが1995年にお書きになった『患者よ、がんと闘うな』は読むまでいかなかったのですが、読んでみたいと思って関連した新聞記事の切抜きをずっととっていましたっけ。

放射線科の先生ですから致し方ないですが、私はたとえ癌になったとしても放射線治療も受けるつもりはありません。だって、広島・長崎の悲劇を覚えていますよね? 

そして一歩踏み込んだこのビデオ、船瀬俊介さんの「抗がん剤で殺される」

グーグルのビデオをつけているのですが↓

何故か私には何もついていないようにしか見えないので、
YouTubeの映像もつけておきます。

同時にこちらの本も是非、
『ガン呪縛を解く』

ご一読ください。
自ら「3b期の乳癌」といわれたが、今も完治はしていないものの元気に(?)「5年生存をクリア」された稲田芳弘さん(その後亡くなったが、最初の「宣告」より長生きなさった)の千島学説についての本です。

ほかにも癌の予防や治療には、アプリコットの種、MMS(ミラクル・ミネラル・サプルメント)、フコイダン、スギナ茶、ヘンプ・オイル等々があり、すべて一般大衆からは意図的に隠されていたといっていいでしょう。

でも少しずつ、こうしたことに目覚めた人が増えていますね。


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment