Thursday, September 2, 2010

今頃ですが、NHK解説委員「トイレでネクタイ自殺」報道の奇妙な齟齬


この事件、発生当時はさほど関心を払わずに、しかしなんとなく

「トイレのどこに、すべりやすいネクタイで大人の男性の体重を支えられるフックがついている?」

と違和感を感じたのです。犯罪捜査、法医学の知識のある友人に聞いても「足が床についちゃって、まず死ねないよ」と言下に否定されたし。

その後、「どうやら官房機密費がらみらしい」という噂を見聞きして報道された記事を眺めてみたら、2点ほど奇妙な齟齬をみつけました。

「初期報道の混乱だ」で片付けてしまえばそれまでなのでしょうが、どうにも気になるのでアップしておきます。

まずは影山氏が発見されたときの形容。
(画像はクリックで拡大するはずです)

阿修羅掲示板にアップされていたニュース記事を集めた投稿を見てみますと

「トイレの個室で、フックにネクタイをかけて首をつった姿で」みつかったとあります。

同じ投稿に貼り付けられたJ-castの記事にも

「首をつっている状態で発見された」とあります。しかし、その先のNHK広報の話では

「局内のトイレで倒れているのが見つかり」になっている。

「単なる言葉のあやだ」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、どうも腑に落ちない。

NHKの広報が取材を受けて、「首をつっている状態で発見された」人のことを「倒れている」と表現するでしょうか?

「倒れて」いたとする報道は他にもあったと見えて、

いくつか出てくるのを開けてみると、以下2件とも同じ毎日の記事ですが

阿修羅に投稿されていた産経の記事同様、

「8階のトイレで倒れているのを発見」されたことになっています。

今から疑問を呈しても、「ご遺族の心情を考慮してそう表現した」とか言い訳されるのが関の山かと思いますが、通常「首をつっていた」人を「倒れていた」とは言わない。誰かが下におろさない限り、「倒れ」ることはないからです。

もう一点は、こちらのサイトにコピペされた記事から

「一時、心肺停止となったが命は取り留めた」!

それが「重体と見られる」に変わって、

再度、「一時は重体だったが、命は取り留めたという」に戻る(記入されている記事の時間にご注目!)。

にもかかわらず、同日12日(発見された翌日)午後4時40分に亡くなるのですが、

普通、「命は取り留めた」と言ったら、助かりますよね
何かで容態が急変しない限りは。

まるでダイアナ妃を事故直後に診た医師が「充分助かると思った」と言ったのに、すぐそこに見えている病院まで到達するのに1時間だか2時間もかかったために死亡した件や、秋葉原でも、犠牲者を助けていた人が「絶対助かると思った」人が(多分、出血多量で?)亡くなっていた話と似ています。

影山さんの容態が急変した原因は何だったのか?

まさか、ふたつ上の画像にあるBIG LOBEニュース、NHK広報の話で言及されている「病院には職員が行っている」、その人が「最後のとどめをさした」なんて話でないことを、そして亡くなった影山さんのご冥福を祈ります。


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

3 comments:

  1. こんばんは

    感冒機密費、それ自体が犯罪です。税金のねこばば、横領ですか。密約だの密会だの密室だの雲隠れだの、このようなものは、存在自体が犯罪です。騙されつづけてはなりません。

    申し訳ないですが、話は変わって、最重要連絡です。

    日本民主党政府は、本日、イラン金融制裁を発令しました。こんな恥ずかしいゴマカシをしている国が他にありますか。情報があれば教えてください。

    ReplyDelete
  2. 膝を床につけての首吊り自殺など、通常ありえない姿勢での首吊り自殺は、ヨーロッパにおいても数多く見られます。ご存知かもしれませんが、これは“ある組織”の手口であり、分かる人には分かる信号のようなものです。

    ReplyDelete
  3. touさん、

    >これは“ある組織”の手口であり、

    “ある組織”ですか。
    う~~~~ん、学会かな?統一かな?
    それとも公安?? 

    いや、やっぱりイルミナティか...

    ReplyDelete