Monday, November 22, 2010

ローマで、ケムトレイルとHAARPに抗議する集会が開かれる

ケムトレイルの掲示板にリンクが投稿されていたニュース。

イタリアはローマで20日、ケムトレイルとHAARPに反対し、人々の間にこれらの問題を知ってもらおうというイベントが開かれました。当日の模様は下のビデオで

といってもイタリア語なので、途中から最後まで語り続けるおじさんのスピーチはチンプンカンプンなんですが(^^;、

MANIFESTAZIONE "STOP SCIE CHIMICHE" - 20 NOVEMBRE 2010 - ROMA - NOI C'ERAVAMO !
http://www.youtube.com/watch?v=CZGcN34-kcs



関連して、そのビデオに出てくるリンクのブログ(当然、イタリア語)

通りかかった市民が興味深げに覗いているのがわかりますね。
グーグルの英訳ページで見ていますが、

2010年11月20日、「土曜の午後2時から、サンティ・アポストリ広場でAICA(イタリアン・アソシエーション・オヴ・ブルー・スカイズ=イタリアの青空同盟って感じ)などの主催で環境、気候、農作物と人間の健康への害を強調して」のイベントだそうで。

「above the 90s」って「90年代以前」のことかな? とにかく「どこよりも早くから撒かれていたイタリア*」で初の「反ケムトレイル&HAARP抗議行動」が公に行われたことは快挙、大きな前進だと思います。(^^)

*実はこうした毒の散布(実験)は、50年代にもすでに米国で行われています。イタリアは結構早くから大々的に撒かれていたのかもしれませんが。

そのブログ・ページには、「他の欧州の国ともどもイタリアでも議会で取り上げられた問題だ」と書かれており、3月、小さな町での散布に関する質問状に答えた軍事、最高国防評議会からの文書には「特定の法律によって規定されていること」で、「国防省が(単独で)実施している」とあった由。豪州でもカンタス航空が撒いている映像がYouTubeにあるし、アリタリア(民間航空会社)も撒いているんじゃないかと思うので、この回答は興味深い。

しかし、9/11と並んでここオーストラリアでも、またそこら中で撒かれている日本でもこうした人々に知ってもらうための街頭活動は必要でしょう。私も、配っている9/11のチラシには早くから他の問題ともどもケムトレイルも入れていますが、皆さんも是非何かやってみてください。だって、本当に 青空を返せ!! なんだもの。


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment