Thursday, March 17, 2011

「避難しようとした人々を呼び戻し」て殺した9/11での犯罪と同じ犯罪が、福島原発付近住民に対して行われている!?

すぐ下の記事中に書いた私の懸念が、実は現実だったらしいという情報が出ました↓

現地では情報遮断がされていると考えられるふしがあります。
30km圏内の川内村に居住していた人が逃げてきて、話を聞いたのですが、震災当日は繋がった電話やネットが、次の日から急に不審な切れ方をしたそうです。

FTTHのランプがついているのにPPPだけ消えていたとか。
また携帯もドコモがまずつながらなくなり、次にau、最後にソフトバンクと使用不能になったと。
また外部からの補給も一切なく食料も燃料も不足していたとのこと。

そしてアメダスのデータも、富岡町と広野町でまったく同じ時刻に停止しています。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/10min_a1.php?prec_no=36&prec_ch=%95%9F%93%87%8C%A7&block_no=0300&block_ch=%95x%89%AA&year=2011&month=3&day=13&elm=minutes&view=
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/10min_a1.php?prec_no=36&prec_ch=%95%9F%93%87%8C%A7&block_no=1034&block_ch=%8DL%96%EC&year=2011&month=3&day=13&elm=minutes&view=
震災当日に停止したのであれば、被災してそれで破損したと考えられますが、
被災してからかなり時間をおいた13日8:40に停止というのが不審です。
また隣の川内村のアメダスも同日10:00に停止しています。

前述の川内村居住者によれば村内の倒壊家屋は1軒のみで、
アメダスはもちろん電線も無事で停電はまるっきり無かったとのことです。

助けを呼ぶこえが無ければそこに人はいないという理屈で国はすべての情報発信手段を奪い、外部からの物流を止めて見殺しにするつもりではないかと疑ってしまいます。

ちなみに川内村に避難していた富岡町民と川内村民は郡山の方に村の判断で避難したとのこと。国や県が一切動いてくれないので完全に自分たちでやるしかなかったようです。
(コピペ終わり)

広野町の方はこのコメントにあるように

「13日8:40に停止」しているのですが、

富岡町のデータは3月13日どころか、

前月をクリックして2月13日を出しても全然出ていません。

つまり改竄、削除されたのではないか?
#改竄、削除が出来るのは誰か?

9/11でも、世界貿易センターのタワーから避難しようとした人々に対し「安全だから職場に戻れ」という館内アナウンスがあったり「戻らなければ首にするぞ」と脅されて戻って命を失った人々がいたことを皆さんもご存じでしょう。

本当に恐ろしい。
なんとか、連絡する術を絶たれた人々に警告を伝える方法はないものでしょうか?


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment