Sunday, March 27, 2011

仕組まれた原発建設 「原発導入のシナリオ ~冷戦下の対日原子力戦略~」

またも鹿児島の市民派市会議員小川みさ子さんから送られてきたビデオ、かなり良い作品ですが、私が見る限りイマイチ真実を伝えていないとしか申せません。

日本に原発を持ち込んだ張本人の柴田秀利という人物は正力松太郎の懐刀だったと言っていますが、その正力が実は「ポダム」という暗号名を持つCIAのスパイだったことは隠されています。

また「共産主義」自体、イルミナティが人々を分裂、対立させるために作ったものなので、日本を「反共の砦として」という話も表向きの口実でしかありません。「米ソの冷戦」なども、二大政党制の議会で双方が争っているように見せかける芝居と同じこと。

そこそこインタビューに答えていたダニエル・スタンリー・ワトソンというこの人物も、当然裏の裏まで知っていてやっていた相当の曲者だろうと私は思います。よって、柴田に「金はあるのかと聞いたらあると言った」というあたり、常に日本に払わせる米国に巣食っているイルミナティですから、本当は「資金はお前が出せ」と言っただろうと推測します。

トーマス・エジソンと同時代に活躍したが、広く知られていない発明家ニコラ・テスラ(1856-1943)によれば、

地球の持つエネルギーを利用すれば電気などいくらでも得られるので、電気代など払わなくて済むのだと。

原発どころか、水力、火力発電所もいらないというのが隠された真実なのです。

そうした本当の、あらゆる課題への正解を隠し、つぶし、違法なものとして葬り去ってきたのがイルミナティとその手下どもです。

水で走る車のことは聞いたことがあるという方もいらっしゃるでしょう。私も「水で走るエンジンを組み立てた」という人に会ったことがあります。「本当にできるのか、やってみたかったから作った」と。本当に出来たそうで、彼の友人が買って使っていると言っていました。
#私にも作ってほしい!

加えて先日、「私の友人は、空気で走る車を作った」と言う人に出会いました。

技術はあるのです。
石油のために人殺しなどする必要は、そうした知識もない人々が考える以上に「ない」のです。

でも皆、ごく一部の超極悪人どもがボロ儲けするための嘘に騙されきっている。それはこのブログでも取り上げてきたように、軍事、医療、食品等々多岐にわたってやられていることです。本当の答えはほかにあるのに、人々を病気にし、殺すような似非の答えばかり採用している。そうした権力者や、虚偽の情報をまことしやかに伝えてきたメディアは売国奴でしかありません。

今回の日本での惨事を見ていて、私はずっと「数十年前からこの日に向けて計画された犯罪だろう」と思ってきましたが、このドキュメンタリーを観て、増々その意を強くしています。

何度かご紹介してきた京都大学原子炉実験所の小出さんも、きっとこの柴田とワトソンが始めたプロパガンダに最初は騙されたのでしょう。「将来のために、原子力が答えだと思って勉強したら、実は正反対だったことがわかった」と。

その小出さんから伺ったのだったか? 「核」という言葉を使うと印象が悪いから「原子力」という言葉を作ったとか。英語で言えば、両方とも"nuclear"ですからね。人間、単純なことでだまされるものです、哀しいことに。

何度でも言いますが、日本全国の原発は今すぐ閉鎖し、廃棄処分にすべきです。フランスから新たにプルトニウムなど送ってもらう必要はどこにもない! 

立ち上がれ、日本人よ
もう二度とだまされるな!!

★最初にアップした動画は、読売テレビと関西テレビが著作権の侵害だと文句をつけ、チャンネルごと削除されてしまいました。それを記事にして先日書いたところ

削除されたNHKのドキュメンタリー&小出裕章氏のプルサーマル発電批判がわかりやすすぎる!>「ざまあみやがれい!」ブログ


それの転載先でgataroさんが新たにアップされたページを教えてくださいました。(^^) よって、そちらをアップします。と同時に、最初に載せたものも名残で一番下においておきます。NHKのドキュメンタリーなのに、読売テレビと関西テレビが著作権侵害で訴えて、マードックのYouTubeが削除した"記念"に。

当分のあいだ、これが消されないことを祈ります。
#消されていたので、また別のを探し出しました。

原発導入のシナリオ ~冷戦下の対日原子力戦略~
Uploaded by 110hangman


最初に観たが、削除された分↓
原発導入のシナリオ ~冷戦下の対日原子力戦略~
Uploaded by yociking on Mar 25, 2011
◆「毒をもって毒を制する」 第5福竜丸事件で反核・反米の世論が高揚する中、日米が協力し民間から行った世論形成の全貌を明らかにする。(現代史スクープドキュメント 1994年放送)







全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

No comments:

Post a Comment