Monday, March 14, 2011

ピンチをチャンスに変えよう! 小町さんの投稿&やっぱりHAARPか - 地震前のケムトレイル

ケムトレイルの掲示板で、たった今、勇気の出る投稿を見ました。
それを皆さんとシェアします。

コピペ開始

パニック、被爆のご参考に! - 小町
2011/03/14 (Mon) 08:08:04

多摩南部@小町です。

皆さんにお役に立ちそうなMLを友人が転送してくれました。個人名を消すなど、私が少し手を加えましたが、転送転載大歓迎のMLです。

■不安になったときは、『大丈夫』といいながら鎖骨下 (胸のちょっと上の方)をトントンと叩くと安心します!また、気分が悪くなった人がいたら、左手の合谷 (親指と人差し指の間の水掻きの部分)を右手の親指で押さえ手をあててぎゅーっと握りしめるようにすると、 血圧が調整され回復してゆきます。こんな時こそ免疫力を高める笑顔を忘れず、誰にでも微笑みかけましょう! みんながつながり、愛があふれだすきっかけになります!ピンチをチャンスに変えましょう!

■ひじきの煮物や海藻や乾物類・根菜類の煮物やお味噌汁を作りましょう。

■玄米をこんがり茶色くパチパチはぜるまで炒り、塩少々を混ぜると炒り玄米ができます。 そのままポリポリ食べられるし、お湯を入れるとお粥になります。半月保存できます。 お母さんは堂々といましょう。 思ったとおりになるので、大丈夫だと思うとそうなります。

■ 炊けるときにご飯を炊いて、塩・味噌・梅干しのおむすび作りましょう。 今の時期なら24時間はもつでしょう。

■ホメオパシーのレメディもっている人は活用してください。恐怖と不安によるショックにはAcon.身体がふるえるときはGels.興奮して眠れなければCham.胸騒ぎがして落ち着かないときはArg-n.かArs.

■将来の有害物質や放射性物質が心配で、どうしても心休まらない方、体内に余った脂肪分や、硬くなった部分に有害物質が溜まります。体温が低い人は、浄化能力が落ちます。心配すると神経が疲れ、免疫力、生命力が落ちます。今までと同じように、心とからだにほどほど良い生活をしていれば影響は受けになります。心配は早めに小さくなって頂き、お母さんは明るい太陽でいて下
さいね。

また、喜八さんが載せてくださった秋月博士は食養により、患者さんを助けてられたとのこと、私が習ったマクロビオティックの先生も、味噌が大事と言ってました。

以下、別のメールです。マクロビオティックの陰陽の話は難しいですが、ご参考までに載せておきます。

放射能は陰陽では極陰性になります
被曝したら陰性の強い砂糖、水は厳禁です。陽性の玄米、塩、味噌汁を十分摂ることです。ソ連のチェルノブイリ事故の時も海藻、大豆食品を摂取していた人は軽症で済みました。
被曝する前からの今からこのような体質にしておく準備が必要です
(コピペ終わり)

最近米国の仲間から教えてもらったタッピングのことを近々書こうと思っていたのですが、この冒頭の「鎖骨下をトントンと叩く」というのはそれとちょっと似ています。

それから、「思ったとおりになるので、大丈夫だと思うとそうなります」というのも、私がブログトップからリンクしている「シークレットという解決策」で書いたことそのものですね。

被災地の皆さんは疲労も激しいでしょうし、どうしても疲れていると気分も下降気味でしょうが、なんとか上向きに変えていきましょう。

そしてこのピンチをチャンスに変えて、原発全廃と、ケムトレイルやHAARPなどの気象・地震兵器による犯罪を大きく暴いて政府を追及し、まともな世の中に致しましょう!

丁度アメリカの仲間から入った映像があります。
HAARP(など)を使った証拠だ!と言って送られてきました。
エンベッド・コードはないので、

H.A.A.R.P. CLOUD!--8.9 EARTHQUAKE JAPAN!! ABSOLUTE PROOF H.A.A.R.P. CAUSED THIS QUAKE!!
http://www.youtube.com/watch?v=qx82OCrWbsw

私もまだ見始めたばかりで、冒頭のケム雲だけかもしれませんが、ケムトレイルの掲示板でも新潟在住のさぬきうどんさんから前日の写真として、3月10日に新潟から東方向の空を撮ったものが紹介されています。

これも明らかにケムトレイル!

これらと、地震の前触れ現象で、多分政府に質問を突きつけられると思うので、他にも情報をお持ちの方には是非お知らせ戴きたいと思います。

さらに今、
「インドから連絡が有りなるべく早く関東から離れた方がいいそうです」
という投稿がありましたが、頑張りましょう、皆さん!


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment