Thursday, April 21, 2011

チェルノブイリ25周年救援キャンペーン 広河隆一写真展と講演会&チャリティコンサート

チェルノブイリ子ども基金の向井さんから、広河さんの写真展(開催中)とチャリティーコンサートのお知らせが届きました。

「チェルノブイリ25周年救援キャンペーン」の一環である(14日から始まった)写真展は好評なようで、19日までの予定が26日まで延長されました。チェルノブイリと並んで福島の写真も展示されている由。

神楽坂事務局だよりから、写真展来場者の感想をひとつ転載します。

本日は来て本当によかった。
言葉をこえて命にひびきました。
かなしみと怒りと、そして勇気を頂きました。
原発NO!と言い続ける勇気を。(50代 女性)
(転載終わり)

早くそう「言い続け」なくてもいい世の中にしたいものです。
6日目のこのページからもお一人、

福島と25年前から現在のチェルノブイリがあまりに重なり、涙が出ました。
まだまだ事故は収まりません。
東京に住んでいる私たちにも恐怖は常に迫っています。
どうすればよいのか・・・。
いろいろ考えました。
事故が起きてからずっと考えています。
とにかく未来ある子どもたちを守りたい。
あの屈託の無い笑顔を守り抜きたい。
もう二度と地球上でこんな思いをする人々がでないためにも
私も立ち上がろうと決意しました。(30代 女性)
(転載終わり)

もっと多くの人々が来場して考え、実際に行動してくれることを祈ります。

そして、広河さんの講演もあるチャリティーコンサートは23日、今週土曜ですね。

そういえば、「特別チャリティー講演会」と銘打っておきながら、入場料がどこの被災者にも行かずに、主催者とその仲間の懐に入るという変な「チャリティー」があり(↓こういうのを「チャリティー」と呼ぶ!? 先日書いた「善意の市民の活動」と「詐欺師」の違いと似たものを感じます)、

それを転載する人が何故かその部分を隠して(?)いるけど(東海アマ掲示板でも同様だった)、こちらのはちゃんと

この催しの収益は、チェルノブイリ被災地の子どもとたちと、東北・関東大震災の被災者救援のために用いられます。


と明記されています。コンサートにいらしたら、広河さんのご著書やポストカードなども購入されてはいかがかでしょう。(^^)

チェルノブイリ25年 命・自然
“広河隆一 最新現地報告&チャリティコンサート”


2011年4月23日(土) 
午後2:00開演(午後1:30開場)
牛込箪笥区民ホール(東京都新宿区)
最寄駅 大江戸線「牛込神楽坂」A1出口より徒歩0分。東西線「神楽坂」2番出口より徒歩7分 JR・東京メトロ「飯田橋」より徒歩10分

“広河隆一 チェルノブイリ25年写真展&原発震災写真展”
入場無料
http://blog.goo.ne.jp/cherno1986jimukyoku/e/98ed11e94fb3f6f99121ba77e621f69a
4/26(火)まで
午後12:00~午後7:00
※日曜日と最終日は午後6時まで。

早稲田奉仕園 スコットホール ギャラリー(東京都新宿区)
最寄駅 東西線早稲田駅 出口2または3bより徒歩5分

両方とも、詳細は上のリンクとこちらでご覧ください。

いつもそうだけど、殊更「特別チャリティー講演会」の画像アップに、ものすごく時間がかかりました。よって、睡眠時間が大幅に削られた......(>_<)


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment