Monday, April 18, 2011

浜岡原発を大至急止めよう! 5万人余の署名を中部電力に届けたプラムフィールドの馬場さんたち

子宮頸癌ワクチン詐欺&薬害の件で協力してくださっているTHINKERさんから、「浜岡原発を止めてほしい」と中部電力に5万余の署名を携えて訴えに行った旨のメールを頂戴しました。詳しくはTHINKERサイトに載ると思うので、ここではその情報で検索して出てきたブログ記事をご紹介しておきます。

THINKERさんが一緒に行ったのが、このブログ記事に出てくる市民団体プラムフィールドの馬場さんという方です。京大の小出さんとの2005年に撮ったトゥーショットをこのページにみつけましたが、こうして小出さんも馬場さんはじめ市民の人々も長年止めようとしてこられたのに、いまだに動いているというこの悔しさ!

そこにあった、

●講演会のビデオをご活用ください!  
 ビデオテープ代金200円+送料
●講演会のレジュメをご活用ください! 
 レジュメ紙代金40円+送料

という、6年前とはいえ非常に正直な値段を見ると、自宅でコピーしたDVDを2,000円とか「セットで1万円!」などといって売っている詐欺師と、思わず比較してしまいました。「送料でもボラれた」という声もありましたね。

イベントのポスターなども、いつも結構お金をかけた(ように見える)ものを作っているので「そんなにお金をかけずにやればいいのに」と言うと、「こうしないと人が来ないのよ」と言っていたが、実はそうしたデザイン等々の費用も結構ボランティアに無償でやらせているようで。資金だって、実はどこから出ているかわかったものではない。活動中留守にするので子供の世話をしてもらう留守番やら、何かのヘルプに来てもらう人はこれまた無償のボランティアで、下手すると食事代まで払わせて(儲けて)いたりしたそうですから念が入っています。

それはさておき首相に命令まで書く私と違って、馬場さんたちは穏健にお願いにいらしたようですが、浜岡原発を早急に廃止させるよう、また浜岡のみならずすべての原発と核施設を停止させるよう、引き続き多くの人々に行動を続けて戴きたいと思います。

では、mt.FUJIブログから転載致します。

2011年4月17日日曜日
浜岡原発 稼働停止の要望

The Hamaoka Nuclear Power Plant of Chub Electric Co., Ltd is in Omaezaki-Shi, Shizuoka Prefecture.
Radioactive waste fluid of December, 2009 leaks, and the trouble that 34 workers are exposed to radiation occurs frequently, and the opinion that an active fault is right under it is announced, and there is the uneasiness such as the quake resistance.

静岡県御前崎市には、中部電力の浜岡原子力発電所がある。2009年12月の放射性廃液が漏れ、作業員34人が被曝するなどのトラブルも多発しており、活断層が直下にあるという説も発表され、耐震性などの不安もある。

「浜岡原発の稼働停止」を求める声が広がっている。
It is becoming popular that the voice of request to stop the operation of Hamaoka Nuclear Power Plant.

◆4月15日(金)「1664人分の署名提出」
☆静岡市葵区の市民グループ「STOP!原発震災はまおかキャンペーン」
中部電力浜岡原発(御前崎市)の運転を即時停止するよう求める1664人分の署名を集め、中電静岡支店と県に提出した。グループ事務局の藤原玲子さんは「署名は全国から続々と集まっている。地震の多発地帯に原発はあってはならない」と話した。

◆4月14日(木)「岐阜県でも要望書」
☆「放射能のゴミはいらない!市民ネット・岐阜」など岐阜県や愛知県などの20団体
近隣の原発の停止と、太陽光やバイオマスなどの自然エネルギー重視への政策転換を、国や各事業者に働きかけるよう岐阜県に要望した。岐阜県内を中心に個人755人の賛同も得たという。
要望書では、静岡県御前崎市の浜岡原発が東海地震の想定震源域に、福井県の原発群も活断層の上に立地する一方、岐阜県内から最短で25キロしか離れていないと指摘。「県内の広範な地域が危険となる可能性が高い。原発を止め、危険の元を断つしかない」と県に求めた。

◆4月12日(火)「5万3851人分の名簿を添えて提出」
☆浜岡原発の運転停止を求める市民有志(馬場利子代表)
浜岡原発の停止を求める要望書を、インターネットなどを通じて集めた賛同者5万3851人分の名簿を添えて提出した。県庁で記者会見した馬場代表は「東海地震はいまにも起こるかもしれない。原発事故を防ぐため、直ちに原発の運転を止めてほしい」と訴えた。

◆3月22日(火)「運転停止を求める1200人分の署名を添えた要望書を中部電力に提出」
☆浜岡原発の運転停止を求める学生・若者有志(関口詩織代表)
名古屋市内の高校3年生を中心とした「浜岡原発の運転停止を求める学生・若者有志」のメンバーらが、浜岡原発の運転停止を求める要望書を中部電力に提出した。20日に同市栄で街頭活動を行ったほか、20〜21日にはインターネットを使って全国から約700人の賛同者を集めた。中電に要望書を提出した後、「東海地震が起きた際、浜岡原発では最悪の事態をどの程度と想定しているのか」「原子力から代替エネルギーに転換する考えはあるか」などと会社側に質問し、回答を求めた。「私たちはリスクを負い、原発で働く人々を被曝させてまで原子力を必要とする生活を追い求めません」と運転停止を訴えた。有志代表の関口詩織さんは、「私たちが声を上げることで、原発問題を継続的に考えるきっかけを作りたい」と話していた。

◆3月18日(金)「浜岡原発への反対署名が4日間で2万件超」
☆市民団体プラムフィールド(馬場利子代表)
市民団体プラムフィールドが、浜岡原発の停止を求める署名運動を行なっており、17日現在で、約23,000件の賛同の声がメールやFAXで寄せられている。集められた署名は要望書に添付され、静岡県知事と中部電力社長に届けられる。今後は内閣総理大臣及び資源エネルギー庁長官にも提出される予定。「浜岡原発は東海地震の予測震源域に位置する」と危険性を指摘。「我々市民も、節電、省エネを心がける」とした上で、「原子力発電所の停止と、自然エネルギーへの転換」を訴えている。

◆3月17日(木)「3団体が浜岡原発の稼働停止を求める」
☆原発おことわり三重の会(林恒弘代表、津市)
☆平和憲法を世界に拡げるネットワークin三重(柴田天津雄代表、津市)
☆反原発「蛍の連帯」(冨田正史代表、鈴鹿市)
津市や鈴鹿市の市民団体は中部電力に対し、静岡県御前崎市の浜岡原子力発電所の稼働停止を要望した。「東海・東南海・南海地震の3連動の発生が危惧されている」とし、「浜岡原発の即時稼働停止とともに、中部電力の原発増強計画やプルサーマル計画も大幅に見直しするよう」求めている。



★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment