Saturday, April 2, 2011

「レースに負けた」!?~サルコジ来日の理由~菅首相への命令

2号機トレンチから放射能」の報道に先駆けて、英ガーディアン紙は福島原発に沸騰型原子炉を入れたGE(ジェネラル・エレクトリック)社の当時、同原子炉安全性調査担当のトップだったリチャード・レイヒーの弁として、現場の作業員たちは原子炉を救う「レースに負けた」ようだと伝えました。

「伝えられている放射能の値などから、圧力容器の底が抜けて、その一部は吸い込み井戸(dry well)の床にも達しているだろう。私の見解が間違っていることを望むが、それが(伝えられる)証拠が指し示すことです」

このように原発事故で世界中から注目されている日本に、イルミナティの手下、フランス大統領サルコジが飛んできました。

プルトニウムがらみだろうとは思ったけれど、「何で来たのか?」と思ったら、その答えは平井憲夫さんが書き残された

原発がどんなものか知ってほしい
http://www.iam-t.jp/HIRAI/index.html#about

の中にありました。
そこの

原発がどんなものか知ってほしい(14)

に、

 日本とフランスの貿易額で二番目に多いのは、この再処理のお金なんですよ。国民はそんなことも知らないで、いくら「核実験に反対、反対」といっても仕方がないんじゃないでしょうか。それに、唯一の被爆国といいながら、日本のプルトニウムがタヒチの人々を被爆させ、きれいな海を放射能で汚してしまったに違いありません。

とあります。

日仏の貿易額で2番目に多いのが再処理、とくれば、この危機に面しても「引き続き再処理をやらせろ」と言いに来たのではないか。「避難民を一時預かろう」なんて言いに来てくれたとは思えません。

それに対し、菅首相がなんと答えたかは徐々に明らかになることでしょう。メディアが伝えなくても、私たち日本国民は、それを注視する必要があります。フランス大統領来日関連では、東海アマさんの掲示板

しばらく止まっています。
投稿者:うみぼたる 投稿日:2011年 4月 1日(金)00時57分59秒
管理人さん、こんばんは。
サルコジ大統領が来日してから、地震が急に減りました。
(コピペ終わり)

という投稿がありました。本当でしょうか?

平井さんは原発を建てた側の日立に勤務されていた方で、原発で相当の被爆をされ、癌を発病されて1997年に亡くなった方です。メディア等では得られない、現場からの貴重な事実を書いておられますので、まだご覧になっていない方はその全文を是非お読みください。

さて、阿修羅掲示板などでは「空き缶」と呼ばれている菅首相ですが、私も日本での動きを逐一知らないハンディは横に置いといて(多少のギャップがあるかもしれないが)、ネットを通じて訴えました。

作業に当たっているお役人のなかには必死で国民のために頑張っている人も少なくないと思いますが、全体が正しい方向へ向かわない限り、原発のみならず、すべての問題で改善は得られないでしょう。

以前にも「陳情だの要請だのという表現に騙されないで」と書きましたので、私が書いたものは菅首相への国民からの命令です。

子宮頸癌ワクチンの件で当時の厚労相に出したメールが失礼だとか批判してきた女性には、これは「到底許されない書き方」をしているのだろうと推測しますが、政治家と国民の関係をしっかり見抜けば、「お願い」などではなく「命令」になるのは自明の理だと思います。

ここオーストラリアでも、メディアはしきりに政治家を「私たちのリーダー(指導者)」と持ち上げますが、「リーダーなんかじゃなく、雇用主である国民のための仕事を全然やらない我々の雇用人じゃないの」と言うと、「そうだ、そのとおりだ!」と頷く人ばっかりです。
#私がスーパーなどで見知らぬ他人に話しかけて、受ける反応

先に投稿した1時間46分強のビデオのなかで小出さんが言っているように、住民に「危険だからこの地を捨てろ」と言うのは本当に非情なことで、そのつらい選択は各人がするほかはない。しかし「どれほど危険なのか」という事実も知らさずに放置しておくことは、犯罪としか思えません。

あなたは、どう思いますか?

ついでに書きますが、

菅首相、原発新増設の見直し検討 東電存廃も議論へ

という朝日の記事のなかに

東電の責任問題のほか、電力事業をすべて民間に委ねることの是非も検討する意向だ。

という記述を見ましたが、その「民営化」が、その実小泉売国奴政権が実施した郵政民営化と同様の意味を持った動きではないのかと懸念するのは私だけでしょうか? 

正常に機能しているとは到底言えないながらも、「国民が選挙によって選んだ人間が管理する」のではなく、「シェアホルダーという人々によって左右される会社形式」にすることの是非を、菅政権が勝手にやる前に国民も考えるべきでしょう。

そのシェアホルダーですが、この記事に見られるように

すでに動きを見せているようで、こうした海外の投資家が、今後日本のエネルギー産業を操ろうとしているのかもしれません。

では、私の菅首相へのメッセージをご紹介します。
同感だ、という方は是非ご自分で声を上げてください。

返事はまだ来ていません。

ご意見募集
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/dokusha_ssl.html

本来やるべき仕事に、即刻着手せよ!

菅首相、

私は日本国民の一人として、国民に仕える立場にあるあなたに命令します。

福島原発全部を廃炉にすると同時に、即刻日本国内にある全部の原発と核関連施設をすべて閉鎖し、どんな災害が起きようとも溶融、放射能汚染などの大惨事を招かないような方法で廃棄処分にしなさい。今後も建てるなどは、もってのほか!

死の灰等を「土に埋めるのは安全ではない」と京都大学原子炉実験所の小出裕章先生は明言なさっており、確実に安全といえる方法は存在しないとあなた方が気づくことになるかもしれないが、とにかく即刻、上の作業を開始せよ。

原発なしでも真夏のピーク時すら問題なく電力をまかなえる事実を隠蔽し、国民を更に騙すための停電をしているが、すぐにやめなさい。嘘はもうたくさんだ!

福島原発周辺に置き去りにしている住民たちをはじめとする全国民に「どれほどの危険があるのか」を正直に伝え、殊に周辺住民に対しては彼らの意向を尊重しつつ、避難を希望する人々を速やかに他所へ移せるよう都道府県や自治体等に支援を呼びかけ、また各国政府へも避難所の提供と避難手段の支援要請をしなさい。

「30km圏内」という狭い範囲では決して収まらない危険地域に「残る」と希望する人が万が一にも出た場合は、将来彼らへの食糧をはじめとする生活必需品等の供給が滞らないように手配なさい。

200kmは離れているであろう横須賀基地をはじめとする数ヶ所の米軍基地では、すでに家族を国外に避難させていることが判明している。最悪の事態になれば、トモダチ作戦どころか米軍人はすべて脱出する計画であることもわかっている。そういう事態であるにもかかわらず、いつまでも「人体に危険はない、悪影響はない」という調子の嘘はおやめなさい。見苦しいぞ!

そうです、これまで広報担当とメディアを通して本当のことを伝えてこなかった罪を認め、全国民に謝罪しなさい。御用学者は即刻首にして、本当のことを言う勇気ある学者を表に出しなさい。

広島、長崎の悲劇を経験させられた日本人を、原発という代物は「危険だ」と感覚的に察知していた日本人を騙し、CIAのスパイ正力松太郎等が腐ったメディアを通して「原発は安全、原発は素晴らしい」という途方もない嘘を浸透させ、金で黙らせ、日本全体を取り囲むようにこんな危険なものをそこら中に建設してきたのです。その責任は、本来そうした動きを監督し、阻止しなければならなかったあなたたち政治家にあるのは歴然としている。

気象兵器が実際に存在する今、あなた方がその数値を後日操作して引き上げたM8強の地震すら本当に自然のものかどうかはわからない。東京はおろか、長野や浜松あたりまで放射能汚染を広げた風でさえ、そうした気象兵器で意図的に起こされたものだったのかもしれない。

まして、こんな危険な原発という施設の安全管理をイスラエルの防衛関連会社にやらせるなど、言語道断だ。一体、あなた方の雇用主である国民の暮らしや安全というものを何だと思ってきたのか? 

根っこは同じのワクチン詐欺兼薬害という犯罪や、金儲けと殺人に他ならない癌治療なども直ちに禁止せよ! 

教育の現場が、邪悪なハゲタカどものための洗脳の機会として使われている実態を直視し、改善せよ。

初めて入国と活動を許可したイスラエルからの医療援助の一行が一体どのような活動をするのか注意深く監視し、国民の益になるとは思えない行為をしたら、即刻国外追放処分にせよ。

原発擁護の東大教授を総額5億で買収していたという東電らが、

恥知らずにも5月の電気料金を値上げするそうだが、自分たちのしてきたことを深く反省したうえで自社内、特に歴代トップが吸収するように指導せよ。彼ら犯罪者を庇護するような不当な法律は無効とし、事故の損害賠償は東電の歴代トップにさせよ。

これらすべて、どれひとつを取っても到底許せる行為ではない。
それを肝に銘じて、即刻やるべき作業に着手しなさい。

それからあなた自身を含め、国民のための仕事を一切せぬまま日本を潰すばかりでコロコロ変わった歴代首相たちから高額の年金を取り上げ、すでに受け取った分を払い戻させよ! それは政治家のみならず官僚にも言えることだろうが、彼らには、そうしたものを受け取る資格はない。本来の仕事をせずして、人間として恥ずかしくないのか?

それで戻った資金と、即時に打ち切る米軍への思いやり予算は、地震、津波の被災者と放射能汚染から避難すべき人々を大至急救うための足しにはなるだろう。

紋切り型の返事は不要です。
これは総理大臣菅直人に宛てて書いたもの。
誠意ある、首相からの回答を聞かせなさい。

能無しの売国奴政権と売国奴官僚は、原発同様 もう いらない!

                        一国民
==========================================================

ご意見ありがとうございました。


トップページへ戻る



★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

2 comments:

  1. 素晴らしい!
    胸がすっとしました。

    私も思ったことを書いて、早速送ります。ありがとう!

    ReplyDelete
  2. Anonymousさん、

    どうも、ありがとうございます。

    海外にいる私に出来ることは限られていますが、せめて言うべきことを言ってやろうと思いました。実際に首相が読むかどうかわかりませんが、受け取った職員がまともな人間であれば、周囲の同僚にも見せるかもしれないと期待しています。

    チェルノブイリの事故のとき、放射能が首都モスクワに向かい始めた(風で)ときにわざと雨を降らせて手前の町に振り落ちるようにしたことは事実として判明しているのですが(先に紹介した小出さんのビデオで言及されている雨がそれ)、私は今回の事故で、海産物関連の方々には申し訳ないが、映画の撮影に使うような風を作る器械を使って海上へ常に風が向かうように出来ないものか?と考えていました。

    規模が小さすぎるかもしれないけれど、それに高放射能汚染で使えなくなってしまうのかもしれないけれど、他地域へ汚染が広がらないようにする努力もすべきではないかと思ったりします。上には書き損ないましたが(文字数制限もあって)。

    今後、経済的にも相当の打撃を受ける祖国日本がしっかり立ち直れるよう、出来ることを続けていきます。

    一緒に頑張りましょう。

    ReplyDelete