Sunday, April 17, 2011

小川みさ子さん情報 - 「死の灰」による内部被曝、救援活動する医師からの叫び&警告 菊池洋一さんの東京新聞記事など

小川さんからは引き続き貴重な情報を受け取っているのですが、中々お伝えできていません。今日は、先日受信したメール2本をとりあえず転載致します。元ホームレスのお仲間からの、被災地で不足している物品情報もありますが、これの詳細はまた新たな情報が入った段階でアップしようと思います。

沖縄での話など、先にアップしたルームドナーと単純に比較は出来ないながらも、どうしても「お役所仕事」という表現が浮かんでしまいます。善意を善意のまま、展開してほしいと思いますね。

以下、転載開始。

Thu, Apr 14, 2011 at 8:52 AM
避難所で救援活動する医師からの悲しみを込めた怒りの叫び&警告!

今日、午前に30時間かけて、元ホームレス生活をしていた私たちの仲間が、岩手県山田町に災難ボランティアとして出かけます。昨夜、ささやかながら、歓送会をしました。夜行バスなど乗り継いで旅費2,2万円位。寝袋、リュック、ヘルメット、作業用手袋などを購入し、気合が入っていました。現地からニーズについては、メールにて協力要請させて頂きたいと思います。

さて、北村年子氏に誘われて入ったホームレスMLに以下の叫びがありました。震災後一ヶ月後のこれが被災地の実態です!長いですが、以下転送します。

★石巻の避難所で救援活動にあたっている医師からの警告!  4月12日
福島第一原発石巻の湊地区でおきている事を、ある医師からメールで伺いました。ここでおきていることと、福島第一原発についておきていることは今の社会の、国の根幹に底が通じることだと思いました。まずは小野沢医師のメールをお読み下さい。ほぼ原文のままです。この後、小野沢先生に取材もしています。
 =============================

石巻にて、怒りと悲しみを込めて

亀田総合病院 小野沢です。
先月29日から石巻に入っています。4月6日、遊楽館という避難所で当直をしていました。ある男性が、苦しそうだと言われ、診察をしました。すでに呼吸停止、共同偏視があり何か大きなイベントが起きたことは明らかでした。救急車の到着は30分後、彼は泣き崩れる妻の脇で口から血を流しながら息を引き取りました。

湊中学という避難所に行きました。リウマチの女性が手首を腫らし、痛みに耐えていました。受診の手続きを取りましたが、彼女はその避難所から沖縄への移住を希望しました。沖縄は県をあげて受け入れをしていると、あるMLで知ったからです。沖縄の担当者に連絡をすると、『罹災証明申請書のコピーが必要です』『沖縄の受け入れは、災害救助法ではなく県の予算なので、5人まとまったらはじめて飛行機に乗れます。飛行場までは自分できていただく必要があります。そこでチケットをお渡しします。』『申込書はインターネット上から、書式をダウンロードしていただき、印刷して書きこんでください』と、担当官に告げられました。非常に困難な条件で、少なくともパソコンをプリンターを持った援助者と、飛行場までの足、罹災証明書の申請を行うために市役所に行くという手順をその足が腫れた女性が手配しなければ不可能なのです。責任者の方とお話しをしましたが、埒があきませんでした。

湊中学は、瓦礫の中にあります。入り口にはニチイのデイサービスセンターの車が3台、見るも無残な形で横付けになり、津波に洗われたホコリとヘドロがそのままになっています。そこでは避難途中の方がかなりの数亡くなられたとのことです。近辺には人影はまばらで、地震から1ヶ月ほどたった現在でも、車が家に突き刺さり、魚の腐った匂いが立ち込めています。湊中学避難所には電気も、水道も、下水もありません。便はダンボール製の看護師手作りの便器にして捨てています。一ヶ月経とうと言うのに。

果たして、これを市の職員が中心になって解決できるのでしょうか。彼らも罹災しているのです。明らかに疲弊しきっています。毎日、市民から多くの非難をあびながらの仕事です。あまりにも広範です。あまりにも人数が多すぎます。未だに、自宅避難者の詳細も分かっていません。

市内の3地区の在宅避難者の調査をします。ボランティアを東京、千葉、宮城などから60名集め、市の保健師さんに情報をもらいながらの仕事です。しかし、市内のごく一部なのです。このデータが市全体の被災者の推計に使用でき、少しの被災者のためになり、そして一番には今後の計画の助けになればと考えての行動です。

ふと、これは私の仕事だろうかと思うことがあります。

国会議員の皆さん。是非、立ち上がってください。やっている、と思われるのであれば、そのやり方がどこか間違っているのです。上手くいっていません。非常事態宣言を地区を限定して発するのもひとつの方法でしょう。

とにかく、物事が遅きに失しています。

★「避難所生活長期化 女性困った 女性記者が現状ルポ」@河北新報
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110413t13016.htm
避難所でのイライラ感で、赤ちゃんのいるお母さんがうるさい!と怒鳴られたりして精神的苦痛。戦時中の防空壕の中の話みたいですが、先が見えないです。

こんな時、行政とは?政治とは?国とは?と疑問だらけになりますね。岩手県の社協も鹿児島市民からの問い合わせに、不足物はありません!と回答したそう。NPOに聞いたら、それはそれは、もう不足物だらけだったというのですから・・・。

Fri, Apr 15, 2011 at 9:50 AM
被災地ボラ鹿児島から!& 菊池洋一さん新聞コメント & 被ばく労働者 & 原子力損害賠償紛争審査会 & 子どもを騙さないで!(朝日小学生新聞へ)&藤田祐幸講演in由布院

お早うございます。雨ですね・・・。何だか濡れたくないですが被災現地のことを思えば複雑な気持ちです。今朝の日経MJによれば、原発事故風評被害の野菜を社員食堂のメニューに!とあります。25年前、チェルノブイリ事故でイタリアのスパゲティーなど拒否したことや、母乳を焼き肉プレートでカラカラにして、橋爪先生が放射能測定をされていたことなど思い出し、気が滅入る思いです。

今朝は私たちNPO食の家族の出荷日。明日のイベントのために発注していた有機無農薬野菜を朝一で、錦江高原ホテルに配達してきま~す。相変わらず睡眠少なく働き者の私です。(自画自賛!)

携帯メールにとっては、文字数が多過ぎますし、ファイルもありますのでPC変更の方、申し出て下さいませ。また二重に届いたりのミスも連絡下さいね~(*^_^*)

★元ホームレス生活者だった男性が、私たち、ホームレス支援のNPOから岩手県山田町へ被災地のボランティアに旅立ちました。彼はネットで頭が下がるほどの事前調査を重ねて、自ら被災現地の社協を通じNPOの紹介を受けての出発。旅費など応援してNPOが派遣したという形にはなりましたが、飽くまでも積極的に彼が希望し、強い決意のもと出かけることになったのです!偉い!写真は荷物。

★さて、我らが菊池洋一氏の東京新聞「こちら特報部」の記事です。彼は沸騰水型の技術者だったので、お話を伺う企画が進められています。添付しましたPDFファイルご覧下さい。

★グリーンコープのお母さんから、たった今連絡。『今朝の朝日の小学生新聞に、ノーベル賞受賞の増川としひで博士のコメントがありました。原発がなくなったら原始時代の生活に戻る、とか「石油、石炭はあと100年、200年後は枯渇する」とありました。今から抗議の電話を入れます!(朝日新聞やめたい・・・・?)

★原発で被ばくする、労働者の口を封じているのは誰か!?
http://yo3only.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-2c4b.html

★大分湯布院で4/9藤田祐幸先生「今、福島原発でなにがおきているのか」
http://www.ustream.tv/recorded/13974488   USTREAMアップ

http://ceron.jp/url/www.ustream.tv/recorded/13974488

★放射性物質が福島原発からどう飛んいっているのか?(たんぽぽ舎)
http://www.ustream.tv/channel/tanpoponews

★原子力損害賠償紛争審査会 (藤原さんより日弁連情報です)
http://www.mext.go.jp/a_menu/anzenkakuho/baisho/1304959.htm

第一回の申し込みは昨日締め切られていますが、どんどん申し込んで下さいとのこと。なぜなら、東電の損害賠償の枠組がここで決められてしまうかもしれないのだそう。ならば多様な意見、ケースを検討し公開すべきです。福島の皆さんの今後にとってとても大事な審査会ですので、関心を集中しましょう!!

★NHK-TVのニュース報道で、長崎に投下されてから60年後の今でも被曝者の細胞内で放射線を出し続けているとの調査結果を長崎大学の七條和子助教が発表しています。詳細は以下のユーチューブをご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=pUU0I74UNp0


…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…
(*^o^*)  ♪小川みさ子と仲間たち♪  無所属 草の根市民派
自宅〒891-0175   鹿児島市桜ヶ丘6-20-19魔女庵  
TEL&FAX099-265-3787    携帯090-3016-0074
☆E-mail : ogawa-mアットoregano.ocn.ne.jp 「アット」を「@」に変える)
☆URL: http://www3.ocn.ne.jp/~inochi http://www.ogawamisako.com/  
…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…
======================転載終わり===============

最後のビデオにもエンベッド・コードがないのですが(最近多い)、中に紹介されている貴重な研究をなさっている方々が京大の小出さん同様「助教」とか「准教授」扱いされているのも、イルミナティの手下=御用学者に支配された学問の世界の実態を思わされました。

こういう大事な研究をされ、重要な情報を伝えてくださる学者、科学者たちが陽の目を見る世界にしていかなければなりません。

また2つばかり出ているUstreamのリンクですが、藤田さんのはすでに消えていて、もうひとつも今開けたら「オフライン」でした。

最近このUstreamというのは流行みたいですが、岩上さんのへの批判にあったように、Ustreamにする意義のあるもの、YouTubeにアップして、いつでも安定して見られる方がいいものを使い分けてほしいと思います。編集している暇がないというケースも多いのでしょうが、何かとダラダラ見せられるのも、ダウンロードに時間がかかる私などには大きなマイナスでもあります。

藤田さんの映像を探したときにみつけたこのページに、善意の人々から集めた寄付金から千数百万円を猫ババした一大詐欺師「きくちゆみ」がコメントを寄せていましたが、「素晴らしい活動家」という演技を性懲りもなくまだまだ続けているようですね。そういう"活動"を通してさらに名を売り、本やDVDを買ってもらおうというだけの話です。

そしてそれは「いつまでも騙されることを選択している」人々がいる限り、続く

彼女が猫ババした大金を人々に返却して謝罪しない限り、熊取に小出さんのインタビューに行こうが、まっとうなコメントをどこにつけようが、「きくちゆみ」のインチキは続くのです。

あなたは騙されていたいですか?


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment