Monday, May 16, 2011

皆さん、今は行動するときです!!>小川みさ子情報: ★浜岡原発・全機停止!ただちにFAXシャワー・メールシャワーを!

飯舘村と川俣町で計画避難が始まったというニュースを見ましたが、そこにも書いたけど「こんなに小さな子供たちがまだ周辺にいたんだ!」(まだまだ、いるのでは?)と思ったら、DAYS JAPANの広河隆一さんが「日本政府は旧ソ連政府よりひどい」とおっしゃっていたとおりりだなぁと思い、本当に情けなくなりました。

東電や政府が本当のことを隠していた様子がどんどん出ていますが、下手をすると、元々は原発推進の御用学者で、小出さんに「私の喧嘩相手です」と言われた内閣官房参与の東大教授が、先月末に辞任したとき言った言葉もろくに知らずにいる国民(殊に原発周辺の住民)がまだ相当いるのではないか?と懸念しています。

このビデオでは「学問上の見地からのみならず」と言ったあとの弁は聞けませんが、これは「福島県の小学校等の校庭利用の線量基準が年間20mSvの被曝」までOKとしたことに対する話で、小佐古氏は続けて

私のヒューマニズムからしても受け入れがたいものです。

と書面では言っている箇所です。ビデオで、会見での同氏は「私は受け入れることが出来ません」と言っているが。

YouTubeについたコメントにも↓

学問上の見地からのみならずの後の発言が非常に重要な部分だと思­うんだけど、

意図的にカットしてない?他の局もだけど。

政府が設定した子供の年間被爆量限度20mSVの是正要求却下は­、絶対カットしちゃいけない部分でしょ。

専門家(しかも参与)の意見を無視して、素人判断で安全基準を設­定している重要な証言じゃねーか。
yj1113 2 weeks ago
(コピペ終わり)

とありましたが、テレビ局がわざとカットしていたとしたら、感心できませんね。

その後現地に入った御用学者がダメージ・コントロールにいそしんでいたようですが、この小佐古氏の辞任コメントを、殊に周辺住民の方々にもっとちゃんと知ってもらわないといけないだろうという気がします。

しかも、以前は御用学者として、こういう批判を浴びるような証言をしている人が、「子供にも20mSvを強いる」という信じられない閾値の設定で、どれほどの被害が出るかを当然予測して、人間として到底許せなくなったということでしょう。

同氏の辞任会見コメント全文はここにありますから、まだの方はどうぞご覧ください。

そうしたことも踏まえて、小川さんからの15日に来たメールのうちひとつを転載します。

9/11を中心に他の問題も入れ込みながらチラシを配ってきた私と似たような方が日本にもいらっしゃるんだなぁ、と。(^^; しかも退職金をつぎ込んでいらっしゃるということで、東井さんのような方の存在には勇気付けられます。では以下、転載。

Sun, May 15, 2011 at 5:24 PM
★浜岡原発・全機停止!ただちにFAXシャワー・メールシャワーを!

こんにちは~!
鹿児島でリレー講演下さったことのある高校で物理を教えてた東井怜さんから下記メール来ましたので転送します。彼女は福島原発、浜岡原発を止めるため、ご自分の退職金など総てそのチラシ代に使って来られた方です。本当にこれを突破口に頑張っていきましょう。拡散お願い致します。

小川みさ子さま

いつもパワフルなメールをありがとうございます。
多大な犠牲の上に、とりあえず浜岡原発停止に至りました。
心より感謝するとともに、次のメッセージを発信しました。
みさ子さんの仲間に拡散してください。よろしくお願いいたします。東井


<2011年5月14日午前10時15分 浜岡原発全機停止>
  ついにみんなの手で、政府と中部電力の意志で、
     浜岡原発を止めました!!!
       ありがとうございました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
      ★◆★みなさま、★◆★
  <ただちにFAXシャワー・メールシャワーを /2011.5.15>

  今日、さいごの5号機が冷温停止(常温&100度以下)に至り、
  ひとまず安全な状態(運転時の0.5%の発熱)になります。
  ここで次の2点にしぼり、いっせいに意思表示をしてください

      ○素直に喜びのこえを届ける
      ○二度と動かさないでの要請(末尾参照)

ーーーーーーーーーー声を送る連絡先一覧----------

首相官邸
中部電力/浜岡原子力発電所
静岡県知事

■首相官邸
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

■中部電力 

○宛先1、  中部電力株式会社社長 水野 明久 様
     FAX  052-957-1352(広報)
     郵送  〒461-8680 名古屋市東区東新町1番地
     TEL  052-951-8211(代表)

○宛先2、 浜岡原子力発電所所長 梶川祐亮 様
     FAX  0537-85-3033
     郵送  静岡県御前崎市佐倉5561
     TEL  0537-86-3481

■静岡県(秘書室)    
FAX 054-221-2164 (TEL 054-221-2202)
あて先(それぞれ1通ずつ作成し、2通を上記FAX番号宛送る)
○県知事  川勝 平太 様
○県議会議長   天野 進吾 様
〒420 - 8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県庁

■御前崎市 FAX 0537-85-1136 (TEL 0537-85-11
61)
○あて先 4市対協会長 石原茂雄御前崎市長 様
〒437-1692 御前崎市池新田5585

■県への意見はこちら(メール)からも送れます
https://www2.pref.shizuoka.jp/all/ikenteigen.nsf/touroku

■■原子力委員会については、別途お願いと連絡先を流します
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<参考>

要請は、以下を参考にご自分の言葉で表現していただくと効果的です。

◆中部電力では、保安院の指示に対して緊急安全対策案を提出し、直ちに工事など実施に取り掛かり、2~3年後の運転再開をめざしています
http://www.chuden.co.jp/energy/hamaoka/hama_info/hinf_topics/__icsFiles/afie
ldfile/2011/03/15/230315taiheiyouokijisin.pdf

とんでもありません。
緊急対策で原発震災が防げるような巨大地震・巨大津波ではありません
無駄な津波対策などを実施しないように、と要請してください
さらに浜岡原発の閉鎖、廃炉を実現し、心からの安心を求めましょう。

◆5号機の発熱量は1日後の15日正午で、運転中の0.5%ほどに減少、これ以降はもう緩慢にしか下がりません。(アサヒコム ; 小川追加)
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/K2011051500033.html

今後は、地震にも津波にも耐えられる使用済核燃料の冷却対策を検討し実施していくようにお願いしてください。以上。


原発震災を防ぐ全国署名連絡会 2011.5.15
************************************
宜しくお願い致します。 東井怜TEL/FAX 0557-81-7577
        留守でも必ずルス録をお願い致します
************************************

…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…
(*^o^*)  ♪小川みさ子と仲間たち♪  無所属 草の根市民派
自宅〒891-0175   鹿児島市桜ヶ丘6-20-19魔女庵  
TEL&FAX099-265-3787    携帯090-3016-0074
☆E-mail : ogawa-mアットoregano.ocn.ne.jp 「アット」を「@」に変える)
☆URL: http://www3.ocn.ne.jp/~inochi http://www.ogawamisako.com/  
…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…

あとは行動、行動、また行動!!


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment