Sunday, May 29, 2011

削除されたNHKのドキュメンタリー&小出裕章氏のプルサーマル発電批判がわかりやすすぎる!>「ざまあみやがれい!」ブログ

相も変わらず様々な妨害が入っているようで、ブログにサイン・インして書きかけの記事を出すだけで10分以上経過。それでもまだフォント調節や画像などを入れ込むためのアイコンが出ていない。

おまけにページ・トップ左にあるブログ内検索で「クリス・バズビー」と入れても、ちゃんと出るべき記事が「検索結果ゼロ」だったりする。

やっとアップ!と思うと「接続できません」が出て、全部一旦切ってからPCを開けなおしてスキャンでトラッキング・クッキーを追い出す作業で20分以上また無駄にする。本当に人をバカにしていますよね。他のページはちゃんと開くのに、ケムトレイルの掲示板は開かなかったりとか。

やれやれですが、妨害は私のブログだけではありません。以前投稿した
仕組まれた原発建設 「原発導入のシナリオ ~冷戦下の対日原子力戦略~」
でご紹介したNHKのドキュメンタリーがYouTubeから削除されました。

それをアップしていたチャンネルごと、著作権に抵触したとして丸々削除されたのですが、文句を言ってきたのはNHKではなく、

YouTube account yociking has been terminated because we received multiple third-party notifications of copyright infringement from claimants including:

* Yomiuri Telecasting Corp.
* Yomiuri Telecasting Corp.
* KANSAI TELECASTING CORPORATION

「読売テレキャスティング・コープ」が何故か2度(?)と「関西テレキャスティング・コーポレイション」から、とあります。前者は要するに読売テレビ、後者は関西テレビということでしょうが、YouTube=Google=ルパート・マードックはイルミナティに都合の悪いものを、この「著作権に抵触した」というのを口実にガンガン消し去っていますので、これも例外ではなかったということ。私のYouTube上のおともだちでも、消されてしまった人が何人いたことか。

歌手のコンサートなどの画像は問題なくアップされ続けるものが圧倒的に多いのに、こういう手合いは嫌われるという構図。ひどいですね。

でも、その動画を文字に起こしたサイトをみつけました。(^^) まだご覧になっていなかった方は、そこで是非内容をつかんでください。

原発導入のシナリオ〜冷戦下の対日原子力戦略〜|現代史スクープドキュメント(NHK)文字おこし
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65716223.html
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65716356.html
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65733311.html

ついでに、そこで小出さんのプルサーマルについての説明も文字化されていたので、それもお勧めしておきます。

小出裕章氏のプルサーマル発電批判がわかりやすすぎる!(文字おこし)

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65720917.html

これ↓は、今や日本は長崎に落とされた原爆の2,000発分ものプルトニウムを持ってしまったという表。

残りは「ざまあみやがれい!」さんのページに行ってご覧ください。

頑張って情報拡散なさっているようで、嬉しいですね。
チンケな妨害に負けてなどいられません。
お互い、全廃目指して頑張りましょう!(^^)


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

2 comments:

  1. 『仕組まれた原発建設 「原発導入のシナリオ ~冷戦下の対日原子力戦略~」 』の削除要求者の名称、今もそのまま提示されてますね。

    ReplyDelete
  2. Anonymousさん、

    えぇ、読売テレビが2回文句を言ったということですよね、関西テレビが一度。

    以前、こうして削除されたときに「誰が文句を言ったのか」は明示されていなかったと思うのです。これはどうして出ているのか? そこが不思議です。

    「YouTubeの良心」などとは思わないけど。

    ReplyDelete