Thursday, May 5, 2011

「イスラエル、イランを攻撃するためイラクで演習中」 - イランのPressTV

昨夜色々見ているときに、ロンドンの仲間から「このページが開かないんだけど」というメールをもらいました。

アクセスしても、私も開かなかったのですが


「メンテかもしれないし」とメル友。

他で探したら、転載されていて

読めました。曰く、

イスラエルのジェット、イラクでイラン攻撃の準備
2011年5月2日(月)10:29am
http://www.presstv.ir/detail/177824.html
[写真](トップにつけたもの)
イスラエルのファイター、F-15

イラクの軍事基地で、イスラエルの戦闘機がイラン内部を攻撃するため演習をしたとの報告がある。

相当数のイスラエル戦闘機がイラクのアルアサド基地で目撃されていると、著名なイラクの宗教指導者ムクタダ・アルサドルのグループに近い情報筋が伝えた。

それら戦闘機はF-15、F-16、F-18、F-22とKC-10だ。

情報筋は、それらの戦闘機が一週間にわたって夜の訓練をしたと述べている。

またこの訓練はイランの防空システムを攻撃し、イランのレーダーを妨害、さらにイラン内部深奥にある目標を攻撃するための準備を目的をしてなされたという。

米軍と協同で行われたこの演習について、イラク政府側は知らされていなかった。
(和訳終わり)

メル友は、デイヴィッド・アイクが「第3次世界大戦は中東から始まって、イラン、イスラエル、パキスタン、そしてロシア、また多分中国も巻き込む大きなものになると以前から指摘している」と書いていましたが、世界一のキチガイ集団イルミナティのもくろむ展開です。どんな狂気の沙汰も、彼等にはなんの罪悪感もなく実行できるのは相変わらずのこと。

アイクについては、前回メルボルンに来たとき私も馬鹿高い入場料を払って前夜一泊するという余計な出費までして聞きに行きましたが、様々な問題を的確に解説した挙句にその解決策はゼロで「すべては無条件の愛だ」で幕にしたので、正直相当ガッカリしたのです。

とにかくそんなキチガイ連中を、オーストラリアの反核医師ヘレン・コルディコットが「ソシオパスだ」と述べています。

殊にラムズフェルドは顕著で、モロ顔に出ている彼を表紙に使ってそのあたりをいずれ本にする予定だと。

ここではサイコパスについての記述がありますが、なかに

よく、精神病質と社会病質が混合されているが、ヘアによると精神病質と反社会病質は似て非なるものであると記している。
(コピペ終わり)

とある通り、ヘレンもその違いについて語っていました。

これは、9/11の真相究明活動家で前ウィスコンシン大学マディソン校の講師だったケイン・バレット博士のラジオ・インタビューで出た話。

何年か前、メルボルンでの集会で私も会って話したことのあるヘレンですが、このインタビューのなかでワクチン詐欺を全然理解していないのは職業柄(洗脳されていて)仕方ないとはいえ、彼女も(田中優さん同様?)アル・ゴアの「温暖化人為説」を信じているらしいことがわかってガッカリでした。

とにかく対イランのイスラエルの動き、今後も注意が必要です。

おまけで某筋から聞いた話ですが、とある著名なメディアのパキスタンにいる特派員は、パキスタンの人の反応を聞かれて、「皆、9/11はアメリカ政府とモサドがやったと考えているから、あまり大きな反応はない」と報告したそうです。

無理ないですよね、あんなアホらしいでっち上げ話。


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment