Tuesday, June 21, 2011

農林水産省/遺伝子組換えセイヨウナタネ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等の承認を阻止しよう!

作家の山口泉さんから、GM(遺伝子組み換え)食品についてのメールを頂戴しました。

農水省が国民の意見を聞いている、その締め切りが明日だそうです。まだの方は是非「絶対反対」の声を届けてください。

Sent: Monday, June 20, 2011 10:18 PM
Subject: ***** SUSPECTED SPAM ***** 農林水産省/遺伝子組換えセイヨウナタネ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する承認に先立っての意見・情報の募集について
(注:こういう情報メールのときは、どういうわけかスパム警告がつくものですね)

 山口泉です。
 複数の方に同報します。
 (用件のみにて、失礼します)

 明日が締め切りということで、あまり時間がないのですが、
 「遺伝子組み換え作物」の認可に関し、
 農林水産省が主催している下記のページから、
 御意見を書き込んでいただければと思います。

  https://www.contact.maff.go.jp/maff/form/b3da.html
(コピペ転載ここまで)

私も、GM食品は食糧の(モンサント等邪悪な)企業による支配でしかないこと、GMでない作物も汚染されてしまうこと、女子を不妊にしたり、アレルギーを引き起こしたり、健康面でもとんでもない毒であることなどを書き連ねて絶対承認するべきではないと書きました。

イラク侵略と同様、これも国民の意思などお構いなしに勝手に承認、導入するのでしょうが、もういい加減に国民も気がついて、こんな声など届ける程度で何かを止められると思わないほうがいいのかもしれません。

そう思いつつ、私も書き込みはしましたが、本当に多くの嘘や犯罪に対して怒りをもって立ち上がるときはとっくの昔にきているのではないでしょうか? 

ここに転載しましたが、こんな人間としてとても信じがたい暴挙が平気で行われている、現在の完全にひっくり返った世の中を直すには、出しても無視される「ご意見」など届けるだけでは到底変化をもたらすことなどできはしない。

すべての嘘、すべての犯罪に「もう御免だ!!」と明言したゼネストなり何か、大きな動きが必要だと思います。この調子で、結局無視されるだけの声や署名を出したところで、彼らの全面的支配計画は着実に進められているのだから。

温暖化人為説の嘘問題では「あとどれほど寒くなったら、みんな気がつくのか?」と嘆いた科学者がいましたが、私も実際、あとどれほどやられまくったら目覚めるのか!??とここ数年来思い続けています。


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment