Thursday, February 16, 2012

集団ストーカー犯罪 組織的嫌がらせ:来る2月19日アクション告知!

このブログでも、右側のリンク集の中にチョコッと入れている「集団ストーカー犯罪」ですが、世間的にも結構認知されてきたという話を小耳に挟みました。

何度か書いてるけど、秋葉原事件の"犯人"にされて死刑宣告を受けた加藤青年(ここの冒頭)もその犯罪の被害者だったという声も聞いたし、この犯罪も「在日政府」などと言われる政府や官僚、自衛官、警察等々のなかに入り込んでいる邪悪な人々に潰されようとしている今の日本の象徴的な犯罪だと思うのです。

またこれは、丁度米国がイスラエルに多数いるシオニストによって潰されてきたのと似ていると思います。一口に「朝鮮人」という表現でくくりたくないのですが、創価学会や統一協会をはじめとするあそこの人々の中に、まるで(真偽はともかく)ホロコーストで悲惨な目に遭ったユダヤ人のなかから相手を間違えて復讐し続ける人間が出たのと同じような、世代を超えた日本人への復讐なのかな?という気が、最近しています。

もちろん、それは米国や日本のなかにそれぞれ彼等の共犯者がいるからこそ成り立っていると思うのですが。

前置きはこの辺にして、本題のイベントを紹介します。
こちらのブログから部分的転載ですが、他の記事もありますし、是非そっちも開けて色々見てください。では、転載開始。

集団ストーカー犯罪 組織的嫌がらせ:来る2月19日アクション告知!

平成24年2月19日(日)に、個人被害者有志・各貴団体を超えて防犯アクションが開催されます。

集団ストーカー犯罪防犯パトロール(ACP)
http://acpnihon.blog.fc2.com/

組織ストーカー電磁波犯罪被害の会
http://tanago381.blog137.fc2.com/blog-entry-71.html

●集団ストーカー犯罪 組織的嫌がらせ:来る2月19日アクション告知!


●集団ストーカー犯罪防犯パトロール(ACP)についてのご説明


・実施年月日
平成24年2月19日(日曜日)

・場所及び時間
場所 : 国立オリンピック記念青少年総合センター 
時間 : 午前9時開始

第一部 個人・各団体様を超えた会議及び収録等

主な内容:
・被害を無くしたい!本気で周知撲滅しよう!戦略的会議
・各被害者個人・団体様PR用動画撮影
参加被害者のメッセージ収録
・ICレコーダー使用チェーンボイスアクション音声収録
(イメージとしましては、抗議する施設を手を繋いで取り囲むアクションの音声版)
効果抜群!!詳細下記動画
備考 : 収録内容は数パターン用意

一例:
『組織的嫌がらせ犯罪 集団ストーカー犯罪 インターネットで検索して下さい』
『組織的嫌がらせ犯罪 テクノロジー犯罪 インターネットで検索して下さい』

・「第二部街頭周知活動」についてのご説明及び実施要領最終打ち合わせ

第二部 組織的嫌がらせ犯罪周知活動

場所 : 新宿駅前 いいともアルタ前にある広場
時間 : 午後2時頃開始

組織ストーカー電磁波犯罪被害の会様と合同(共催)で行われます。
代表様と打ち合わせをさせていただき道路使用許可も申請しています。
予定ですが横断幕もご用意されるとの事。
『やることはたくさんあります。御協力お願い致します。(髭会長より)』
※ 上記貴団体様公式サイトは後日発表されるとの事

新しい周知スタイルになると存じます。

当日はマイクも使用した署名活動・有志様方作成チラシ配りも行われます。
※ 勿論配布する各団体様の発行記載OK
※ 組織的嫌がらせ犯罪に関する各団体様ののぼり旗及び横断幕も歓迎します
(転載終わり)

その先にブログ主さんが書いていますが、みんなで頑張ってやらなきゃと思うけれども色々な原因で(その辺はここを開けて読んでください)分裂してしまうと。互いに猜疑心を持たずにとも呼びかけていますが、どんな運動にも工作員が入り込むのは常ですし、工作員でなくても変わった考えの人だっているし。その辺は本当に見極めが難しいだろうと思いますが、私も彼等被害者がこの犯罪を止めるために頑張ってほしい!と願い、被害にあっていない一般市民のなかからも理解し、支援する人が増えてくれることを祈っているひとりです。

このイベントの主催者の方々など、個人的に知っているわけではありませんが、多少なりとも理解のある方々もサポートの意味で、参加されてはいかがかでしょうか。

とにかく世間にもっと知ってもらうこと!ですから、可能な方は情報拡散をお願いします。


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment