Wednesday, May 23, 2012

大飯原発再稼動関連の訴訟で、一旦出したのに すぐさま隠したのではないかと思われる朝日と読売の記事。報道の精神はいずこ!?

色々ネットで見ているときに出くわした、先月、4月28日に大阪で行われたデモ

を伝える朝日新聞の、
大飯原発再稼働「ノー」 大阪で600人がデモのページ下方に、「関連リンク」として出ていた5つの記事のうち2番目の記事が目を引いて

〈MY TOWN福井〉チェルノブイリ視察団 再稼働を批判(4/26)
大飯原発の再稼働差し止め訴訟 国、請求の却下求める(4/26)
橋下氏、政権に原発8提言提出 「安全宣言は国の危機」(4/24)
大飯再稼働反対、福井4割・近畿5割 朝日新聞世論調査(4/23)
〈MY TOWN福井〉反原発団体 7229人の署名提出(4/12)

そのページを開けてみたのですが、すでに削除されている

「日数が経ってしまったから出ないのか?」と思って、そのほかのページを開けてみたら 一番古い4月12日付けの記事を含め、他の4つは全部開けられるのですよ。
(↓4月23日付の記事にあるアンケート結果)

ハハ~ン、これは「県議や市議がチェルノブイリを視察してきて、大飯原発の再稼働を批判している話」

より都合の悪いことが書かれているのだな、と思って探してみました。

まず、これをみつけ
(今、私がそのURLを入れてもブラウザが正常に機能せず、変なレスポンスが出るが、そのYahoo!でのキャッシュを保存したもの↓。元の「はてな」のページを開けようとしても、変なレスポンスが出て、表示されない)


(Googleで見た場合のキャッシュURL

記事が途中で切れているので、更に検索してこのページにたどり着きました。

その下にはご丁寧に、出典が判然としないけど(「京」とあるので、京都新聞か?)新聞記事まで貼り付けてありました。そのサイト主さん、記録してくださって本当にありがとうございます!

小さければクリック、拡大 and/or 保存してお読みください。
#下の新聞画像は大きく出るように指定はしたけど、あまり大きくないね。

一応、肝心なところを書き出してみますね。書かれている順番どおりとは限りませんが、中味を改竄してはいません。(^^;

まず、私はこれを見るまでこのような訴訟が起きていたことも知らなかったのですが、大飯原発3、4号機の再稼動問題で、滋賀県や京都府などの住民が国を相手に、定期検査終了証を関電に交付しないよう求める行政訴訟」を起こしていて、4月24日にその第1回口頭弁論が大阪地裁(田中健治裁判長)で行われたというニュース。

2006年に石川県志賀町の北陸電力氏が原発2号機の運転差し止め訴訟で、金沢地裁の裁判長として、国内の原発訴訟で唯一運転差し止め判決を出した井戸謙一弁護士が、意見陳述で「原発に都合の悪いことに目をつぶってきた報いが福島の事故。素人の政治家が安全だと決めつけるのは政治の暴走」と述べ、「国の暴走を止められるのは司法しかない」と訴えたと。

私の替え歌のビデオにも(1分30秒辺りから↓)、

伊野教授や後藤政志氏が原子力安全・保安院(「政府側」としちゃったけど、正確には「原子力安全・保安院」)の連中に文句を言っている場面と、3分16秒辺りから、批判の声を上げる人々を完璧無視したデタラメ斑目の画像も入れていますが、「絶対に再稼動する」と決めて動いている連中を、実は「会社」の"司法"が止められるか?は甚だ疑問ですが、とにかく阻止しなくちゃ!ですから。

上の新聞記事、最後の方に「差し止め仮処分審尋も始まる」という部分があって、そちらの方の結果が出ていました。
このページに、読売の記事が転載されていた。

そこに出ている読売記事のURLを開けても、予想通り

朝日の記事同様、消されています。

今後日本国民の多くの健康と命を左右するであろうこの大問題で闘っている市民たちの努力を知らせず、不当な判決を隠そうとする報道とは一体何ぞや!??(怒)
#みんな利益を追求する「会社」だから、予想どおりなんだけど

前回の記事でも指摘した、超・情けない報道機関の実態......

ネットでみつけたハッピーさんの、このツィートが
やけに身に染みます。

それでも皆さん、この動きも広く知らせて市民たちの訴訟をサポートし、報道機関に文句を言いましょう!
#訴訟をしている市民たちのサイトはいずこ?

<補足>
転載先の阿修羅掲示板で常連投稿者のgataroさんが、「削除された記事は有料になっていた」と教えてくださいました。「大事な情報が入った番組をBSにして、一般市民が見ないようにしている」という批判があったのを思い出しましたが、そうした東電とズブズブの「皆様のNHK」と同じですね。

ホント、一体どういう基準で隠していくのやら。


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment