Sunday, June 17, 2012

毎日が"申し訳程度"ネットに載せた官邸前抗議の画像 何故か6月15日の1万人余の様子ではなく、16日の朝9時過ぎ vs 15日の映像&ドイツZDF 「フクシマは今でも時限爆弾」

どこもかしこも「電力が足りている」という事実に触れず、1万人以上が抗議にやってきた様子は報道しない御用メディアばかりですが、その翌朝の様子を毎日がネットに出していました。まずは売国奴たちによって再稼動が勝手に決められた日の朝、大飯原発周辺の様子

キャプションは

3、4号機の再稼働決定を前に、関西電力大飯原発に向かうトンネルの前では、普段と同様の警備が敷かれていた=福井県おおい町で2012年6月16日午前9時14分、小松雄介撮影

それから16日の官邸前だが、集合時間の朝9時チョイ過ぎ、

キャプションは

雨が降りしきる中、大飯原発の再稼働への抗議を続ける人たち=首相官邸前で2012年6月16日午前9時21分、梅村直承撮影

同所からは計3枚掲載されていたけど、↑このおばさんが全部に写っている。つまり、「同じ人ばかり写ってるってことは、参加者がよっぽど少なかったんだな」と読者に思わせるかのような撮り方です。

「原発いらない福島の女たち!」とレインコートの背中に書いた人も写っているこの一枚↓

キャプションは

雨が降りしきる中、大飯原発の再稼働への抗議を続ける人たち。中には福島から訪れた人の姿もあった=首相官邸前で2012年6月16日午前9時51分、梅村直承撮影

そしてこちらは↓

キャプションが

雨が降りしきる中、大飯原発の再稼働への抗議を続ける人たち=首相官邸前で2012年6月16日午前9時15分、梅村直承撮影

みんな9時台ですよね。そして同じおばさんのいるあたりしか撮っていない東電の大株主といわれる腐ったNHKの報道が事実としても400人は来ていたわけだし、9時から始まってすぐの画像しか出さないのもワケアリってか。ついでに福井県庁前で抗議する人々を撮っているけど(帽子とメガネのおじさんのプラカード、最高!!

キャプション、

福井県庁前で原発の再稼動に対して抗議活動する人たち=福井市で2012年6月16日午前10時10分、幾島健太郎撮影

これも全体で何人来ていたのかはわからない撮り方とキャプションです。事実の報道というより、「適当にお茶を濁しました」って印象です。
#情けないね!

以前からずっと懸念して書いている通り、本当に効果のある方法を考えないと売国奴連中のやりたい放題は続きます。連中に全国放映される映像のなかで大きな恥をかかせるとか質問に窮して答えられないとかの無様な姿を広く知らしめたり、彼等が非常に困ったり、嫌な思いをするようなことをしないと事態は絶対に変えられないでしょう。

抗議行動に参加者が何人来ても、それをしっかり全国民に対して見せ付けてくれる報道がなければ、阻止の力にはなり得ません。主催者たちも、もうちょっと考えて欲しいと思う。

以上、根本の問題を踏まえたうえで、一応15日に集まった人々の様子も載せておきます。最初の映像、中ほど(6分39秒あたりから)に出てくる、ご主人が広島の被爆者で(癌で亡くなった)、68歳にして原発の嘘に目覚め(ついでに医療の嘘や、デモによる抗議の効果についても考えて欲しい)、「今後、反原発で頑張る」と言った女性がとても印象的です。

2012/6/15 大飯原発再稼働反対抗議@首相官邸前 (笠井亮氏 藤波心氏)
http://www.youtube.com/watch?v=5eZSwUBWbAg

お次は最後の方、7分45秒頃に元航空自衛官が発言をしていて、野田豚たちに「命を張ってやってほしい」と訴えているけど、そうした声も彼等には全然届いてなどいないと思う。どこかの高級料亭で、税金使って売国奴仲間とよろしく一杯やってたかもしれないのだし。

そういう意味でも、京都駅前で環境破壊相のモナ男に文句を直に言えたのは意義があったけど、官邸前(ビルの外)にいくら集めても、参加してくれた人々の時間、エネルギーと思いを活かせないのではダメだと言っている。今のところ自己満足&ガス抜きにしかなっていないでしょ、残念ながら。

大飯原発再稼動ダメっ20120615官邸前.MOV
http://www.youtube.com/watch?v=4h3_Xj5F3zQ


そして、ビデオを撮っている人が感動して泣いちゃった映像↓
2012/06/15大飯原発再稼働抗議行動に11000人!!!@首相官邸前
http://www.youtube.com/watch?v=WCr6rMpvDic


たくさんの人が参加していることに感動して泣くのもいいけど、それが本当に再稼動阻止に繋がっているか!?を冷静に考えてほしいものです
参加者の尊い行動を批判するつもりはないけれどね。

何度も言ってるけど、解決策の案としては私たちが彼等に渡してしまっている力を取り戻して、渡さないこと。先日紹介したオトスンジャーを民主党を含めたすべての政治家に当てはめてやる。税金、受信料(私たちが彼等にあげている力)等の支払いを拒否。選挙に行ったら、本当に信頼できる政治家(なんて、いるのか?)がいないと思うなら白紙投票して、この「議会制民主主義」という幻想を打ち砕くしかないでしょう。他に名案があったらお知らせください。

「きついこと言う」と思うかもしれないけれど、数年来散々色々なデモに出て、実はそれらが全く本来の目的を達成などしなかったことに気づいた私が言うんだからね。本当に止めたい人なら、理解できるはずと思っています。

一部からは、大飯原発のある福井県の特産物の非買運動をしようという声があるけれど、それは結局私たちと同列の日本国民を苦しめるのがオチで、加えてそれを多く(何人?)がやったとしても、彼等生産者が本気で原発再稼動阻止に動くかどうかはわからない。いずれにせよ、その不買運動では売国奴連中は痛くも痒くもないだろうから、今のところ解決策として採るつもりはありません。頭の隅には置いておきますが
#悪しからず

最後におまけで、多分作品の一部分しか見せていないようなのですが、ZDFの映像を。

ドイツZDF 「フクシマは今でも時限爆弾」
http://www.youtube.com/watch?v=sqCDtZQTCgE


抗議行動の「目的を達成するための効果」に対する疑問ともども、拡散してください。


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment