Wednesday, June 20, 2012

東京新聞の消された記事、「大飯原発で警報器誤作動か 冷却タンク水位低下示す」、削除理由は「単なる書き換え」か?

ネットでニュースを見ていたら、東京新聞に

大飯原発で警報器誤作動か 冷却タンク水位低下示す
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012062001001000.html

というのが出ていたのでクリックしたのですが、

が出て、読めません。
サイト内検索したら

Yahoo!で検索したら

いくつか似たような記事が出てきたのですが、
福井新聞の記事

には「警報器誤作動」という話はない。
「トラブル」報道はこちらにありました。


MSN産経ニュース

しっかり残っていて、「水位の低下は」なかった、「誤作動」だったと述べています。

毎日新聞

出ているのに。

東京新聞の記事が削除されたのは、何故だろう?

今、もう一度チェックしたら、この記事が出てきました。
単に記事を書き換えたために、前のが削除されたのかな?

大飯原発 警報作動 半日後発表
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012062002000222.html

 警報器は十九日午後九時五十一分に作動。タンク内の水位が基準値より十センチ下がると検知する設定だった。作業員が目視で点検したところ、水位は基準値より約五センチ低い状態だった。同五十五分に警報を解除した。冷却タンクは原子炉から独立しており、放射性物質は含まれていない。

とあるけど、「誤作動」という表現がなくなっていますね。
いずれにせよ、微細なトラブルでもひたすら隠したい連中の心中は丸見え。

元記事タイトルの「冷却タンク水位低下示す」が「刺激が強すぎる」と判断されたのか? 
でも福井新聞も同様に「冷却タンク水位低下」ですから。

???


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment