Thursday, June 7, 2012

映画"Blues Brothers"でお馴染みのベーシスト、ドナルド"ダック"ダンが東京で亡くなっていた!福島の放射能による突然死か!?

昨夜ネットで色々見ていたら、なんとザ・バンドのドラマー兼シンガーetcのリヴォン・ヘルムが4月に亡くなっていたことを知りました。ローリング・ストーンズ誌の記事

ロニー・ホーキンスのバック・バンドとしてホークスと名乗って演奏し、ボブ・ディランがエレキに転向する過程でバックを務め、その際名前をザ・バンドに改めた彼等。私も昔はライブで彼等の
"The Weight"

や"Ophelia"

"Evangeline"

を歌ったり、解散したときの超豪華メンバーを招いてのコンサート・アルバム"The Last Waltz"

を聴きながら"The Night They Drove Old Dixie Down"

などを一緒に歌ったものです。
#Such good old days......

その後は知らなかったけど、リヴォンは90年代に癌を発病。長年の闘病生活(キモセラピーを何度も受けたことが、この死に繋がったことだろう)を経て、今年4月19日に咽喉癌であの世へと旅立っていきました。享年71歳。最後は、その2日ほど前に「もうダメだろう」と思われたのに持ちこたえ、まるでそのときを待っていたかのようにすべての友人が彼を訪れるという機会を持ち、彼等が帰った10分ほどあとに静かに息を引き取ったと。

それで色々探して見ていたら、今度はブッカー・T・ジョーンズのバックを務め、映画『ブルーズ・ブラザーズ』でベースを弾いていたドナルド"ダック"ダン(「ダック」はあだ名)

今年5月13日に、なんと滞在先の東京のホテルで亡くなっていたことを知りました!
Oh my goodness!!
英、テレグラフの記事

若かりし頃の彼等

右から二番目がダン。彼の右隣は同じメンフィス出身、幼馴染みでギタリストのスティーヴ・クロッパー(彼も『ブルーズ・ブラザーズ』1980、2000年の両方に出演している)。

クロッパーも一緒に来日して、ブルー・ノートでのライブを2度こなしたあと、ダンは翌朝ベッドの中で亡くなっていたと。日本語でも出ていました。↓

しかし私が目にしたどの記事にも、死因が書かれていないのです。つまり、彼は病を抱えていたわけでもなく、前日に具合が悪かったということもない。

突然死
です。

日本語でもいくつか出ていたが、ツィッターや2ちゃんを除いて、つまり正規の報道で放射能との関連に言及しているものは皆無でした。
#予想通り。隠さなくっちゃね!

しかし就寝中に亡くなっていたなんて、まるで木下黄太氏が以前紹介していた日体大の女子大生その他と同じです。享年70歳でも、長年闘病生活していたリヴォンと違って、写真で見てもまだまだ元気そうです。昔の「70歳」と違って、最近の「70歳」なんか「年寄り」と呼ばれる世代の入り口って感じですからね。

証明はされていませんから断言はできないものの、これが福島から&石原が勝手に決めて東京で燃やしている瓦礫からの放射能が原因ではないという証拠もないのです。
#私は絶対そのせいだ!と思うけど

一緒に楽器を始めて、長年ともに音楽活動をやってきたスティーヴ・クロッパーはフェイスブックで

今日、私は親友を失いました。世界はベスト・ガイ(一番いい奴)でトップ・ベーシストを失ったのです。ドナルド"ダック"ダンのロック、ソウルとブルーズへの生涯にわたる貢献に感謝し、彼のご遺族、友人とファンの方々にお悔やみを申し上げます

という声明を発表。彼もどんなにつらいだろうか、と思ったことです。

最初の作品(1980年)も、第2作(2000年)も何度も観ては大笑いした『ブルーズ・ブラザーズ』からのシーン、ドナルド"ダック"ダンのご冥福をリヴォンとあわせ祈りつつ、貼り付けておきます。エレキ3人の一番左がダン。
#ここのレイ・チャールズも最高だったなぁ!このシーンのチョイ前(^^;

この屋外ダンス・シーンを撮ったのは実は真冬で、踊っている人々はTシャツなど着てるけど、凍え死にそうななかやっていたとか、2000年作品のクラプトンは大根役者だった(>_<)とか、同じ作品の映画化に関与して何故か死んでしまったジョン・ベルーシ(ペンギンに叩かれて椅子のまま落ちる方)

ジョン・キャンディー

原作↓に呪われたか

下手するとイルミナティに殺されたのかも?
など 裏話や関連話も尽きないけれど、それはまた機会があれば。

まだまだ東電、政府等々の嘘に騙されている方々は是非とも

何もできないから、運を天に任せるで、いいのか
福島第一原発4号機が「爆発する危険性」をどう考えるべきか
3000万人に避難勧告、そして日本は終わる


を読んで、目覚めてくださいね。
#外タレにも、十分気をつけてもらいたい

R.I.P. Levon and Donald "Duck"!!
合掌



★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment