Sunday, June 3, 2012

Third Reich は「いいもん」!? 「極悪イルミナティは全滅......」――「それって本当!??」と思った話

先週だったか、地元で違憲で払う義務がまったくないけど多くがそれを知らない住民税(またもや11%もの値上げ)に関する公開ミーティングが開かれ、私も出向いたときに話したなかの一人、ドイツからの移民のおじさんと別途機会を改めておしゃべりしました。

ドイツからの、主要メディアに出ない情報を元に色々聞かされましたが、私としては眉唾的なものもあり、真偽は定かではありません。(^^;

まず彼が言うには、ドイツ、ナチスの第三帝国は実は「いいもん」で、夜、夜空を見上げているとそこかしこで彼等のUFOとイルミナティのUFOが闘っているらしき光景が見えるというのです。ハーケンクロイツやら鷲(イルミナティのシンボル)のナチスが正義の味方とはちょっと信じがたいのですが、おじさんは「ホラ、連中の手口を知っているだろ。本当にいい奴を悪人に仕立てるって」と言う。

そのうえ、あの見るからに邪悪な人間としか見えない現ポープ(ローマ法王)も「善人だ」というので、

当方いささか首を傾げるばかり。

また他からも耳にはしているが、今年2012年に世界中で経済破綻が起きるからお金は銀行なんぞに預けないで自宅に隠しておけと。まずはヨーロッパから起きるだろうと。

以前も確か触れたと思う、エドガー・ケイシーなどが言っていた、世界各地で陸地が海に沈むという話も、英国や米国のかなりの部分などが、「沈むだろう」。それに伴い、多くの、ちっとも目覚めないシープルが命を失うことになるそうで。

そして、例のエイジ・オヴ・アクエリアス太陽からの周波数が変わってきているために、多くの市民が世界中で目覚め始めた。また太陽からの高い周波数に耐えられない極悪非道のイルミナティ連中は全滅するのだそうです。
#これが本当なら、こんなありがたい話はないのだが

だから「我々はすでに闘いに勝ったのだよ」と。今はひたすらその日を待っているのだそう。そして彼等はそれを知っているからこそ、地下の基地を作ったり(核戦争ではなく、↑から隠れるため)、最終的にはこの地球を破壊する(そして彼等はどこかへ出て行く)行動に出るだろうとも言っていましたが、それらを裏付ける証拠が欲しいものです。

ただ、もうひとつ面白いと思った話は、ドイツのメルケルが3/11福島原発事故の翌日にドイツ国内のすべての原発を止めたのだそうです。こうした動きは、これまでイルミナティの言うなりに動いてきた政治家が、自分が殺されない程度のやり方でイルミナティの計画を遅らせているのだと。彼自身メルケルはしっかりイルミナティの仲間と思っていたので、そうした動きを見ていると、少し見方が変わってきたと言っていました。

また最近日本が700ミリオン(米ドル)だったか、相当ボラれたとも言っていましたが、それってこないだ野田豚が米国に行ったときかな?

色々わかりませんが、まぁ、出来ることを続けるのみですね。
ついでに出しておきますが、国連のロゴ

どこかのビデオ(英語)で言っていたのですが、円の部分は33に分かれていて、左右の葉っぱはそれぞれ13枚ずつになっていると。

早く全滅してもらいたいものです。


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment