Monday, July 16, 2012

イスラエルの学生に2,000ドルのバイト&オーストラリアでは国民監視を強化?&米国でとうもろこしや大豆などが熱波と干ばつで不作。遺伝子組み換え(GM)と気象操作で、価格も操作

日々、英語でも色々なニュースが飛び込んできますが、いくつかチラッとご紹介。

イスラエルの学生対象に、週5時間在宅でフェイスブックなどのサイトにイスラエルのイメージ・アップをする書き込みをする2,000ドルのバイトがあるそうです。

Israeli students to get $2,000 to spread state propaganda on Facebook
Submitted by Ali Abunimah on Wed, 01/04/2012 - 17:53

オーストラリアでは、元首相ジョン・ハワード時代以来また新たに国民監視の動きが出ているようで、ネットでの人々の動きを2年間記録させようとしていると。

Every click you make, they'll be watching


携帯のテキストや、ツィッター、フェイスブックなどのソーシャル・サイトの動きのみならず、電話会社の顧客の記録も2年間保存させて監視したいらしい。さすが、New World Orderの基本5ヶ国に入っているオーストラリア!

ネットでも実生活でも変なことが起きているので格段驚きませんが、もっと国民が目覚めてくれないと、ここもじきにFEMA式キャンプに売国奴政府にたてつく人間が放り込まれる事態になるやもしれません。

そして米国からは、とうもろこしと大豆や小麦の生産が、熱波と干ばつのために減産というニュース

Thanks to Heat Wave, Grocery Prices Are Likely to Spike by the Fall

食肉用家畜の餌としても使われ、その他多くの食品などに使われているコーン、

この記事では「1ブッシェルあたりの価格が先月より30%上がった5ドルよりまた50%上がって、7ドル50セントになった」と書かれています。それが牛一頭につき75ドルから80ドル余分にかかることとなり、消費者にとっては6%程度の値上げが予想されると。

皆さんもご存知でしょうが、米国のコーンと大豆は(小麦もそうだろうと思う)大半がGM=遺伝子組み換えされたものです。そこにケムトレイルで熱波や干ばつをもたらせば、チョチョイのチョイでこうした価格操作ができるわけだ。ひょっとしたらそのGM自体が、よりそうした気候に弱い品種にさせられているかもしれません。

こんなニュースを見ていると、気候操作で一挙に作物の量を激減させ、例のジョージア・ガイドストーンに刻まれた「世界人口を5億以下に抑える」目的をイルミナティが実現することも、結構たやすいかもしれないなと思ってしまいました。


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment