Tuesday, July 3, 2012

尾崎紀世彦さん逝去――「癌」の訃報を聞くたび、本当に悔しい。通常の"治療"は受けないで!!

「2007年9月17日」という日付けが入っていますから、5年前の映像ですが、
ご本人が自慢していたとおりキーが昔と変わっていないし、この声量!!

尾崎紀世彦「また逢う日まで」2007/9/17
http://www.youtube.com/watch?v=6m6GJ06BXsU

人間、年を取ると声が低くなります。
数年前からビリー・ジョエルも「昔の高音が出なくなった」と聞きましたが、尾崎さんは
こんな渋いおじさまになったときでも昔のキーで歌っていた。
これはすごいことです。

余談ですが、ここで尾崎さんをベタ褒めしている元「ワイルドワンズ」の植田芳暁さんには、当時私も出ていたライブ・ハウスのニュースレター用に、渋谷でインタビューさせて戴いたことがありました。
#何を話したかもよく覚えてないけど、明るい気さくな方でした。

5月の末に亡くなった尾崎さん、

尾崎紀世彦さん 永遠に
http://www.youtube.com/watch?v=zyDF7Tv2VOg


「2年前から肝臓癌と胃癌を患っていた」とありますが、それって例の"転移"と呼ばれる"治療で新たに発症した癌"にも苦しめられていたということじゃないのかな。
それで殺されたということ

以前も書いたとおり、抗癌剤で殺されるし、

放射線治療だって広島、長崎そして福島とくればわかるでしょ。
放射線は人体にとって毒なのですよ。
それが「治療」になるはずがない!

数年前、世界の小澤こと小澤征爾さんが2010年に食道癌がみつかり、「治療に専念する」というニュースを見ましたが、そのとき「これから治療する」という彼の写真と、治療後「復帰」のニュースの写真を見ると、最初のは普通の小澤さん。治療後はまるで病人だったことも鮮明に覚えています。
#保存してなくて、お見せ出来ないのが残念至極だが

その後も体調は芳しくないようで、

小澤征爾さん1年間休養 「蝶々夫人」中止


そこからリンクされていた

小澤征爾さん、再び降板 「体力が戻らない」

手術をして体を切られ、多分抗癌剤などで「治療」もされていれば
体が弱るのは当たり前です。

生まれてすぐから始まる予防接種、各種ワクチンで免疫を弱められ(=後に様々な病気を発症する大元の原因!)、自閉症、発達障害などの問題を抱えさせられ、癌(以外でも、だが)になったら毒を盛られて悪化乃至は殺される。これが現代西洋医学と称される医療・製薬業界ムラの一大詐欺なのです。

生後、娘にその場で打たれてしまったビタミンKの注射も、ちょっと英語で検索したら、
小児白血病になる」と出てきて、思わず納得! 
#友人の息子で、娘と同い年の少年がADHDもあるうえに白血病になったので。

何度も言うとおり、彼等はそうやって(人間ドックも)定期収入を得る&増やすうえ、
将来の顧客拡大(=病人をつくる)をやっている
のです。

医療や薬剤を絶対的に信用している人々は「そんな馬鹿な!」と思うでしょうが、同様に、長年洗脳されていた私も真実に目覚め、以来医者には「診断が必要なときだけ行く」主義です。診断は参考にするが、彼等の「病気の原因を考慮に入れない治療」は拒否する

この大きな詐欺の根底には、「陰謀論」と呼ばれ、人々が見ないようにされているイルミナティの存在があり、彼等が建てた現代のストーン・ヘンジ、ジョージア・ガイドストーンにしっかり、その計画が明記されています。

最初に、「人類を五億人以下に保て」=大量に殺す

The Vigilant Citizenのページ(英語)と、さてはてメモ帳さんの同ページの説明を是非、ご覧ください。

アロン・ルーソが教えてくれたように、世界を支配したい奴等は奴隷は必要だが、多くは要らないので大多数を殺したいのです。医療&製薬業界はそれに一役も二役も買っている。

そのルーソも癌に倒れたし、

早くから反原発の歌を歌っていた清志郎も癌で亡くなったし、

そしてこの日本が世界に誇るべきだった超・実力派ヴォーカリストの
尾崎紀世彦さん
も、癌治療に殺されたのです。

かくいう私は、長年彼のファンだったわけではない。
日本レコード大賞をとったときはリアル・タイムで見ていたと思いますが、

http://www.youtube.com/watch?v=cKC-_bboFoA
歌唱の素晴らしさは別として、「この人、なんでこんなに汗かいてるの?」と思ったり、当時見慣れなかったモミアゲはなんか気持ち悪いなぁ、と思っていたオボロな記憶がある。

今回亡くなったあとでYouTubeを色々見ていて、
彼が所謂ポップからカントリー

http://www.youtube.com/watch?v=8YMrOrc-Ey8

筆舌に尽くしがたい美しさのハワイアン(この肺活量!!)

http://www.youtube.com/watch?v=SRjd43rNe1k

果てはジャズに至るまで、どれも超一流!

http://www.youtube.com/watch?v=YV8v4Mg_qa4
(何故か"eyes"のとこだけ、勘違いして覚えたのか「?」だけど、
英語の発音も日本人男性にしてはほぼ完璧!!

↑ここでも少し見られるけど、茶目っ気もあって
他のビデオでバック・バンドの紹介時に感じられる優しさ、思いやりもあって、
歌手としてのみならず人間としてももっと長生きして欲しかったと思います。

本来なら、世界を舞台にして米国のグラミー賞のひとつやふたつ、
容易に取れたであろう実力の持ち主でした。
#それを今頃知った私も愚かだったけど。

残された音源や動画で楽しませて戴きます。

尾崎紀世彦さん、どうもありがとう!
そして、安らかに R.I.P. Kieyo!!


<補足>

ネットで見ていたら、こんな記事をみつけてしまいました。

「また逢う日まで」さらば尾崎紀世彦さん 69歳がんに死す

強い薬を処方していたため、骨までボロボロになっていた

という記述を見て、更に胸が痛みます。
まさに毒を盛られて殺されたのです。


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment