Wednesday, July 25, 2012

京大の小出裕章さんがパックインジャーナルで語っているビデオ。いつ聞いても、正論しか出てこない気持ちよさ(^^)&工作員の誤誘導には乗らないで!

ネットであちこち見ていたら、数ヶ月前にアップされたこの映像をみつけました。

原発問題のすべてを小出さんに聞く(1)
http://www.youtube.com/watch?v=fg0MeuqOH4s

数年前に原子炉実験所にお邪魔する前からメールでやり取りさせて戴いた私がこれまで見てきたとおり、常に正論をとてもわかりやすく説明してくださる学者さんです。

前半の最後に、マエキタという女性の「質問がおかしい」と指摘する欽也さんも鋭い!ですね。まぁ、そういう仕事しかないように持って行った政府や自治体などの無能さや売国行為こそ批判されるべきですが。

原発問題のすべてを小出さんに聞く(2)
http://www.youtube.com/watch?v=5IkSIA7-B2A

自分は自分の出来る限りのことをやり続ける

冒頭で「出世したくない」理由として、人から指図を受けたくないし、人に指図もしたくないという意味のことをおっしゃっている。それを忘れているこのマエキタという女性が最後に、カメラに向かって言ってくれと要求しているのが情けないですね。

まぁ、気持ちはわからないではないが、そこに
「リーダーをほしがる」=「自分の代わりに色々やってくれる人に任せたい」人間の怠惰な性格を感じてしまいます。

それゆえに、日本も世界もここまで腐敗してしまったという事実をこそ直視して、修正しなければいけない。

イラクで日本人3人が拘束された頃から発信したとおり、
今や、ひとりひとりがリーダーとなって、人任せにすることなく
政治的責任も各人が果たさなければいけない
のです。

それは丁度、後半の8分過ぎに小出さんが「ひとりひとりが発信を続けてくれたなら、原子力なんて簡単に止まると実は思っている」と仰っていることと共通するものを感じます。

それとは裏腹に、小出さんが「悲観的です」と仰っている点にも、「デモ等が解決法だ」と思い込んでいるように見える人々(=かつての私自身)を見ていると ため息しか出ないので、思わず共感してしまう。
#本当は共感したくないけど。

もう数ヶ月前のことですが、売国奴政府等の"瓦礫受け入れ"=利権と放射能汚染拡大が始まったときに、小出さんの発言を部分的に引用して、小出さんへの批判がネットで展開されていたことがあります。仲間のひとりからもそんなメールをもらって辟易したのですが、小出さんの主張をきちんと読みさえすれば、小出さんが売国奴連中の計画に賛成しているとは到底言えないことは明白なのに、と思ったことです。

今更蒸し返す必要もないし、当時ネット上のとある場所でも小出さん擁護コメントを書きましたが、小出さんからその頃頂戴したメールを、今頃ですが、ちょっとご紹介しておきます。(^^;

小出さんの主張は(以下、メールのコピペ)、

1. 放射能を取り扱う原則はコンパクトに閉じ込めるということです。
2. 瓦礫について政府がやろうとしていることは、その原則に抵触しており反対です。
3. 本来は、汚染地に専用の焼却施設を作るべきです。
4. ただし、政府がそれをやらないまま、現在も汚染地の子どもたちが被曝し続けています。
5. 子どもの被曝をトータルに減らすことだけが私のやりたいことです。
6. 現実の中で、私の願いを実現するためには、速やかに瓦礫を始末する必要があります。
7. そこで、全国の自治体が処理する選択が生まれます。
8. ただし、その場合でも国がやろうとしているやり方で引き受けてはいけません。
9. 排気系に専用のフィルタを取り付けて、現場で性能を確認する。
10. 焼却灰は各自治体が処分するのではなく、もともとの所有者である東京電力に返す。

 私が千早さんに送ったメールも含め、もちろん公開してくださって構いません。

            2012/3/26  小出 裕章

(コピペ終わり)

これは当然、瓦礫全体量の見積もりが「多過ぎた」と判明していない頃の話でしたが、このときの"小出批判"の動きは、どう見ても「一から十まで科学的な事実を人々にわかりやすく説明する、原子力に40年余関わってきた本当の科学者」という、売国奴連中に大変都合の悪い人間を否定するためのスミア・キャンペーン(中傷し、泥を塗る作戦)に他なりませんでした。

「放射性物質をきちんと除去できるフィルターをつけ、ちゃんとしたテストをして安全性を証明したうえでなら」と小出さんは言っていたのに、それらを丸々削除して、あたかも、「(無条件で)各地に持って行って焼くべきだ」と言ったように見せることを書いて、非難を浴びせたのです。

しかも「発言が政府に利用された」というのが批判理由にありましたが、利用した方が悪いのであって、利用された方は正しい主張をしていただけのこと。大元を確認しない方も片手落ちといえるでしょう。

加えて、私がネットで見ただけでも

> 瓦礫のこともそうですが、一番ショックだったのは、粉ミルクの汚染についてです。小出先生は薄めて飲むので大丈夫みたいな発言をなさっていました。
(コピペ終わり)

という明らかな嘘まであって、「工作員という連中は恥も外聞もなく、金のためなら何でもやるのだな」と、改めて思ったことでした。
#それを読んだ人が、確認もせずにそれを鵜呑みにすることを狙った嘘!

今回、これを読んでくださった皆さんに肝に銘じておいて戴きたいのは、
工作員はそこら中にいるということ。

それでも協力し合える人々とは繋がってやっていかなければいけません。そして工作員のみならずメディア等々のプロパガンダによって、冒頭で紹介したビデオで欽也さんが言っていた"過去の日本国民"のように簡単に誤誘導されないでほしいということです。
#それを言いたくて、このエントリーを書いたって。(^^;

原発問題とは無縁の余談ですが、ずっと昔に欽也さんのラジオ番組で私が作って歌った歌を流してくれたことがありました。その欽也さんが、こうして反原発でも頑張って下さっていたのはとても嬉しいことです。

パックインジャーナルの朝日ニュースターが、「2012年4月1日より運営事業者が㈱衛星チャンネルから㈱テレビ朝日へ変更」になって、欽也さんの番組が終わらされたのも、それ相応の効果があったからだろうと思いますが、kinkin.tvのパックインニュースとして発信は続けておられるようです。

今後も、各人が出来る限りを続けて
全原子力施設の全廃を目指しましょう!


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment