Friday, August 17, 2012

韓国のレゲエ歌手が歌うケムトレイルの歌&日本の仲間からの警告。日本上空を真っ白にしている理由は...

もうすぐ始まる会議を控えて忙しいであろう"WHY in the World are They Spraying?"『一体何故、彼等はケムトレイルを撒いているのか?』)の作者マイケル・マーフィーが送ってきたビデオです。

韓国のレゲエ歌手Skullがケムトレイルのことを歌っています。

Skull - Cry Die
http://www.youtube.com/watch?v=2YiHxQcc1tM

あの空を見て、どうしてなのか教えて
君が泣くのは見たくない 笑っててほしいから

あの空を見て、どうしてなのか教えて
君が死ぬのは見たくない 笑っててほしいから


という歌詞ですが、Stony Skunkというバンドのメンバーだった人で、韓国の徴兵制で2年も借り出され、38度線でも勤務したそうです。

Skull is managed by Morgan Carey, Mariah’s big brother.

マライア・ケリーのお兄さんがマネージャーだそうで、そこはちょっと気になるけど、この歌でまたケムトレイルのことを知る人が増えるといいですね。

さて、そのケムトレイルを撒かれまくりで相当白っぽい空にされている日本から、仲間が心配してメールを送ってきました。曰く、

HAARPにより上空の空気を何層かにわけて遮断しているらしき話、それは雲の観察により間違いないと思いますが、それにより起こる事態は想像を絶する凄惨なものになる可能性があります。

以前にアメリカでやはりHAARPによるものだったか、または前段階的な実験であったろうと思いますが、ある地方の上空の空気を遮断した結果、通常の上昇気流などからなる対流が止まり、ものすごい大勢の人達が倒れた事件がありました。これはその地域にあった工場の煙突から出る有毒ガスが 上空を遮断され、地表近くに溜まり ずっとそのままだったためだと言われています。

おわかりですよね!

上空を遮断したら大勢がバタバタ倒れるという実験はもうしてあるのです!

現在頻繁に、日常的に目撃されるこの日本での上空遮断現象が、そういった 空気の対流を阻止してしまうものだとすると、 放射能、化学物質、ケムによる重金属や毒物、地表の排気ガスや温室効果物質が、 全て 地表を循環し続け 温め続け 滞在し続けるという可能性が高いです

この毎日35℃とかいう異常な暑さ、しかも連日曇天でも全く涼しくならないし、雲のシールドが分厚くてもちょっと明るくなると見る間に気温が異常上昇し、信じられない暑さになりますが、 これは ケム雲による温室効果かと思っていましたが それもあるでしょうが、地表を覆うものすごい白さ、ガスったような 近くの山や町も白けてぼやけるようなこの なにかが充満した感じは これは上昇気流を止められている効果ではないのか?

(コピペ終わり)

ここに出てきた過去米国であった事件について、検索してみましたが出ませんでした。どなたかご存知だったら教えてください。

しかし、上の主張は実に言えてる!と思います。
スモッグなどの公害でも、毒物がそこに停滞してしまうから人体への悪影響が、ということは容易に想像できることです。ケムトレイルで空を水平に分断してしまえば、放射性物質を含めて様々な毒性物質が広く逃げていけない。熱も逃げていかない。だから余計に暑くなって、多くの日本人はアル・ゴアが世界に売った嘘を信じ続けることになる

実際、何年も前ですが 最初にこの「温暖化人為説」という嘘がメディアに出始めた頃、こちらのSBSというエスニック・チャンネルにかのデンマークの政治・統計学者、ビョルン・ロンボルグなども出てきて、「こんなトンデモの話に大金を使うより最貧国で食べるものもなく死んでいる人たちに食料等を供給すべきだ」という話をしていましたが、
(下は彼の著書、『地球と一緒に頭も冷やせ! 温暖化問題を問い直す』

その番組の中ですでにケムトレイル、いや彼等の言う「ジオ・エンジニアリング」が紹介されていたのを記憶しています。

そのときに、その技術を使うことに反対する科学者たちは、まさにその撒いた雲が逆に熱を閉じ込めてしまって、もっとひどいことになるのではという疑問を呈していたと言っていた。私も非常に落ち着かない気分がして、Dr. StrangeLoveではないけれど狂った科学者たちの異常な行動で、何か大変な事態が起きやしないだろうか?と思ったことを覚えています。それが今、まさに現実となって"気象操作"のみならず日本と日本人を襲っているというわけです。

この仲間は加えて、地面すら白っぽくなっていると訴え↓

今日は草刈りをしたのですが、草を刈ると うすい煙がいちいち立ち上るのです! 充満し 堆積した、微粉末が、いちいち ぶわっ と舞うのです! 

路上では、毎日、何回も接触事故を見ました! 猫などの死骸も。ひどい日には一日で三回も。 充満した真っ白い空気により運動神経か反射神経をやられるためかと思われます。

(コピペ終わり)

と書いてきました。
これによる被害が、例によって"原因不明"で片付けられるような形での被害者が出るのではないかと心配しています。

皆さんも、上の点を踏まえて極力不必要な外出はしないとか、暑いと嫌だろうけど必ずマスクをつけるなど、対策を考えてください。

最後にまたNASAの衛星画像をつけておきます。
NASA時間で、15日と16日それぞれ2枚ずつです。




ホントに、自然の青空を返せ!!です。


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

8 comments:

  1. 千早さん 

    沢山の、とても有用な情報提供ありがとうございます。

    低空で撒かれたときは本当に大変でしたね。
    私は喉の違和感があったのは覚えてます。

    リチャード氏が泳がされているのは、放射能やケムトレイルに関して、誤情報を流しているからでしょうか?

    ReplyDelete
  2. 今日はコメント欄は開いたけど、返信機能は使えません。

    ナオミさん、コメントありがとうございました。

    リチャード氏については、私は細かく見ていません。
    9/11では早い頃から貴重な情報を発信していて私も参考にさせて戴いたが、詐欺師「きくち」とも早くから連携して動いていましたよね。

    あとは「水爆なんて、論外だ」と、米軍関係者等から言われているし、ケムトレイルを否定していると聞いたことがあるので「?」ですが、上述のようにちゃんと見ていないので、判断は保留しています。

    基本的に私は自分で調べて、納得できることを書いているのですが、皆さんも"真相究明活動家"と言われる人々の言うことを鵜呑みにして"信用する"のは避けた方がいい、と申し上げておきますね。(^^)

    ReplyDelete
    Replies
    1. 千早さん お返事ありがとうございます。

      リチャード氏のブログは3.11以降頻繁に読みに行きました。
      皆さんのコメントで、(花粉とごまかされた落下物など)
      現在進行形の危機について色々知ることができました。
      「きくち」については、工作員として扱われてました。

      放射能恐い派の方々の人格攻撃しないでくださいと、お願いしたら、
      取り巻きたちに罵倒され、あらぬ嫌疑もかけられたので、殆ど読みに行かなくなりました。

      リチャード氏も多くの党員の方々もすごく有能なのに、
      思い込みが激しいというか、決め付け方がおかしいです。

      武田先生なんか「法律を守れ」と主張されているだけなのに、カメレオン呼ばわりです。(飯山氏もですが)

      彼の愛国心と正義感も、本物だと思わされているだけなのか?
      と思うこの頃です。

      Delete
    2. ナオミさん、

      今日は、記事には妨害があったけど
      こちら返信機能は使えました。

      >「きくち」については、工作員として

      へぇ、そうでしたか。(^^;

      >思い込みが激しいというか、決め付け方がおかしい

      そういう人は他にもいますよね。

      >武田先生なんか

      あの"以前は強烈な原子力推進派で、3/11以後はコロッと変わった大学教授"のことですか? あれはまさしく「カメレオン呼ばわり」されても仕方ないと思いますけど。
      #ネットで探せば、彼が以前はどんなことまで平気で言ってたか、わかりますよ。

      その武田氏なら、私は子宮頸癌ワクチンという詐欺&薬害問題について書いていたときメールして「是非ブログに書いて多くに知らせてほしい」とお願いしたら、「これは大変だ。書きましょう」と返事をくれたのに、書いた気配もない。温暖化人為説の嘘関連ではいいこと書いていたのに、残念でした。やっぱり信用は出来ないか?と思ったり...

      ある意味、彼よりひどいのは「薬害エイズ」で議員になったあの人です。自分の知人には「打たない方がいい」というメールを送っていたくせに(彼から直にもらった人の友人から聞いた話)、「何とかしてほしい」という私へはいい加減な返事をよこしただけで結局公には何の行動も取らなかった! 彼があのとき少しでも声を上げてくれていれば、いちぞや亡くなった中学生も死なずに済んだかもしれないと思うと、とっても悔しいです!!(怒)

      真相究明家でも色々な人がいますが、自分のなかの「真実を見抜く目」(「すべてを見通す目」じゃなくて)を鍛えて、「これは本当だ」と思える情報を使わせてもらえばいいと思いますよ。でも、加えて自分でも調べて確認することは大事です。

      Delete
    3. 武田先生は、「本来、自分の専門について、研究者の立場での自由な発言が許されるが
      (応用したり教えたりする専門家とその分野を追究する専門家とは主張していいことが違う)
      事故が起こってしまった非常事態では、既存の法律を守ることしかない」というようなことを書かれています。
      でも、千早さんの仰るような面もあるのでしょうね、森林について勉強した娘も嫌ってますから。

      余談ですが、薬害エイズについては、実際に薬を処方した主治医たちはその危険性を知っていたはずだと、和田秀樹氏が著書に書いておられました。
      凄く不思議なのは、私は薬が使われたいた当時、隔週で出ている雑誌で、
      ミドリ十字や血液製剤について、大変恐ろしい記事が連載されているのを読みました。
      広瀬隆氏の記事だったような気がします。
      当事者や周りの方々は、あの記事目にはいらなかったのか?といつも思ってました。

      Delete
    4. >森林について勉強した娘も

      そうなんですか。
      どこかで、彼は日和見主義だと書かれていたのを見ました。

      >薬を処方した主治医たちはその危険性を知っていたはず

      ある程度以上はそうだろうと思いますよ。
      上から言われて、そのまま指示通りにやってたという医者もいるだろうけど。それは子宮頸癌ワクチン等々でも同じでしょう。

      >当事者や周りの方々は、あの記事

      そういう雑誌で出ていた情報が知られないのと同様、というよりより以上に、私のブログ程度でいくらわめいたところで、子宮頸癌ワクチン等々の危険性は世間に知れ渡らないですよね。非常に残念です。

      Delete
  3. R.コシミズは中共工作員でしょう。
    中国の悪口は極力避け、事あるごとにユダ金が!で話が完結します。
    嘘と本当を織り交ぜていますので注意が必要です。
    都合の悪いことを書かれるとIP晒してアク禁にしてきますよ。
    ケムトレイルのことは最近触るようになって来ましたが、知識はないです。
    北池袋に中国情報拠点があるんでしょうね。

    ケムトレイルのせいで、冬は異常に寒く夏は異常に暑いんでしょうね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. so i thinkさん、

      >事あるごとにユダ金が!で話が完結

      そうなんですか。

      >ケムトレイルのせいで、

      寒いのは寒冷化もあるけど、ケムで太陽光を遮っているわけですから余計寒くも出来るでしょう。農作物が出来ないようにしている部分もあるし。日本の夏が異常に暑い、よって多くがこのアル・ゴアの嘘に気づきにくいのは、仰るとおり気象操作のせいだと思っています。

      Delete