Monday, August 20, 2012

日本人は歴史を正しく教えられているか?――「南京虐殺」再考

このブログもブログ・ランキングというのに入っていますが、過去にも多少書いたように、そこにも若干の操作が見られます。最近気がついたのは、私のブログのすぐ上に位置するブログが実は2011年の4月以来、アップデートされていない=新たな記事が出ていないということ。にもかかわらず、私が記事を出すと何故かそちらにも点数が入って上昇する

私のブログなどは数日お休みしてアップしないだけで100位近くまで下降したのですが、去年の4月から新たな記事もないブログにクリックする人がたくさんいるようなのですよ。何度もクリックする人が一人いるだけかもしれないけど。(^^;

何がしかの手間賃をもらって工作員がせっせ、せっせとクリックしているのでしょうが、ご苦労なことだし実に愚かですね。

さて本題です。

南京事件の真相が色々言われていますが、これも「劣化ウラン反対運動の誤り」(その続編)とある意味似ていて、オープン・マインドで見ることが出来にくくされていると思います。つまり、すでに十分な罪悪感を植えつけられてしまった日本人は(立場は逆だけど)9/11で「アルカイダやビン・ラディンが犯人だ」と刷り込まれたアメリカ人(はじめ世界の人々)同様に、これまで聞かされてきたことと真逆の事実を提示されたときには、それを「精査する」より「直ちに否定して見ない」行動を取る傾向があるのです。

皆さんはそこを乗り越え、オープン・マインドで次のビデオを観てください。
最初のビデオに出てくるおじさんはちょっと変な感じですが(^^;
言っている内容に注目。

南京大虐殺のそぼくな3つの疑問
https://www.youtube.com/watch?v=CIuPz7zrVX0

そして写真の検証をしたという学者の主張、

Every photo of NANKING MASSACRE seems to be fake.(1/2)
https://www.youtube.com/watch?v=aefFXZhOWBQ

Every photo of NANKING MASSACRE seems to be fake.(2/2)
https://www.youtube.com/watch?v=1vQ9W9Mg0as

写真に関しては、こちらのサイトも参照してください↓

「南京大虐殺」は
捏造(ねつぞう)だった


お次は、そのとき現地にいた兵士たちの訴え↓

南京市民の虐殺などしていないと証言する元日本兵の方々
https://www.youtube.com/watch?v=tU7NYLtqwe0
Uploaded by chiwassu3923 on 5 May 2009

このなかに出てくる「三光作戦」についてはこちらのページを参照してください。そこに書かれた

このような結果を生じるには、“歴史学者”が重要な役割を果たしたはずですから、歴史学者の水準をうんぬんされて仕方のないことだと思う

で思い出すのは、カーネギー、フォードといった財団が(New World Order達成のため)「戦争が必要」であり(奴隷は必要だが、大量に人口削減=殺したいイルミナティ)、「そのためには教育を抑える必要がある」として、まず歴史教育から操作していった実態を暴露したノーマン・ドッド氏のインタビュー、"Hidden Agenda"です。

★エンベッドしたのに、私には削除されたように見える。何故?
と書けば、ちゃんと表示されるか?

同じことが日本に対しても計画され、日本の教育やメディアが悪しき勢力に乗っ取られ操作されてきたとしても何の不思議もないし、すでにそれに気づいた人も多いでしょう。

もうひとつ、現地にいた兵士たちの声↓

なぜ、「南京事件」は捏造されたのか?
https://www.youtube.com/watch?v=9jWIHnks7uo
Uploaded by mediawatchjapan on 16 Aug 2009
平成19年(2007)12月6日、東京九段で「南京陥落70年国民の集い」が開催された。南京攻略戦に参戦した元日本軍の参戦兵士9名が参加、貴重な歴史的証言を行った­。

この動画は、当日の模様を収めたドキュメントDVD「参戦勇士九人が語る南京事件の真実」(ワック)をコンパクトに編集したもの。

これまで南京虐殺があったと証言する元日本軍兵士は、顔はおろか、名前さえ明らかにしないニセモノ。明らかにしている人でも虚偽証言であることが証明されている。そういう­意味でも画期的な貴重な資料です。

そして最近も話題になった この方↓

河村たかし名古屋市長が南京大虐殺の死者数を再調査する意向を表明
https://www.youtube.com/watch?v=Z9Nu11cDrfY
Uploaded by nanjing758 on 20 Sep 2009
2009年09月15日 名古屋市議会 
東郷哲也議員(自民党)の質問に対する答弁

河村市長に続いて声を上げたこの政治家↓

南京大虐殺は無かった!中国の日本支配のための謀略/平沼赳夫
https://www.youtube.com/watch?v=WdCO1gATLIQ
Uploaded by tamatamacenter03 on 11 Dec 2009
南京大虐殺などありません。中国のプロパガンダで世界に日本という国のイメージを貶めて国際的地位を下落させ、日本国民の意識を低下させて、国力を奪うための工作です。

各ビデオのタイトルとビデオの間にある文章は、ビデオに付いていた説明書きです。

次に、何故私がこの「南京虐殺」に疑問を抱くようになったかをお話します。

まずここ数年来の様々な事件を細かく見てきた過程で、以前にもチラッと書いたが戦後、日本人に対して「唯一日本のみが邪悪で、犯罪を犯していたのは日本人だ」という洗脳が権力者やメディア等々によって徹底的に為され、それがみごとに成功したことに気づいたことがひとつ。

これは「真珠湾攻撃」すら実はルーズベルトが仕掛けた罠にみごとに引っ掛かっただけだったこと(ロバート・スティネットの"Day of Deceit"参照)、東京裁判がとんでもない茶番で、「A級戦犯」などという名称は、上のプロパガンダを進めるにあたって非常に好都合のレッテル貼りであったことなどに裏付けられています。

[余談] この阿修羅のページ
★各画像は右クリックして別のタブに開けると、まともに拡大

別の投稿

へのレス投稿ですけど、通常なら元の投稿のタイトルがちゃんと出てクリックできるようになっているのに、これはそれらが出ていない。不思議ですねぇ。因みにあの詐欺師「きくちゆみ」は、何度か「人々に伝えてほしい」という趣旨で私がこの"Day of Deceit"の話をしたのに(ケムトレイル問題同様)無視し続けましたが、統一協会との繋がりの噂もある人間ですから、「日本人に与えられた汚名を晴らす事実は、日本人には決して知らせない」のは彼女にとって当然だったということでしょう。[余談終わり]

そしてもうひとつは、上述の米国(シオニスト・イルミナティ)主導のプロパガンダ推進と並んで、私が朝鮮系イルミナティと呼ぶ勢力がシオニスト・イルミナティと連携して、日本をまさに乗っ取ってきた事実があります。

加えて、9/11から温暖化人為説の嘘を見てくる過程で遭遇した活動家や左派に紛れ込んだ無数の工作員と彼等に誤誘導されまくりの善良な人々という構図。

また連合軍という戦勝国の、日本という敗戦国に対するリンチでしかなかった東京裁判において、ただ一人全員を無罪と主張したインドのパル(書籍等では「パール」になっている。これ以降はご本人たちの希望どおりに「パル」で統一してほしいもの)判事の主張。

田中正明著『パール判事の東京裁判 日本無罪論』の南京事件についての記述、拡大して読んでください。




「残虐な行為はなかった」という断定はしていないものの、他の判事たちがもてなしを受けて遊んでいる間に多くの資料を独自に集めて正しい判決を出せるように研究し続けていたというパル判事の「伝聞証拠しかなかった」という指摘は注目に値するし、「30万」という数字への疑問と「日本軍として意図的に組織された残虐行為が存在したか?」という疑問はもっと検証されるべきでしょう。

尚、パル判事の全日本人へ向けたメッセージとも言うべき文章がこちらのページ載っています。是非ご一読ください。
#「パール」と書かれているが、「パル」と読んで

東京大空襲をはじめとする民間人への爆撃と、広島・長崎への原爆投下という残虐極まりない米国の戦争犯罪への目くらましとして東京裁判で利用されたでっち上げだとされる「南京虐殺」については、

アメリカ人の
「南京虐殺の目撃証人」は一人もいなかった

も参考に。

「南京虐殺」に関する疑問が沸いたところで、同様に見直すべきはやはり

宮台真司 - 在日朝鮮人の真実
https://www.youtube.com/watch?v=8ttrCBUrLDQ

それから、この問題ですが↓

証拠資料に基づく従軍慰安婦の正体
https://www.youtube.com/watch?v=idmDRwL7YRw

上のビデオの主張を全面的に鵜呑みにするのは大変危険だと私も思います。
慰安婦などになりたくはなかったのに無理やりさせられた女性もたくさんいただろうと思うし、誰かに相当のピンハネをされた人だっていたでしょう。しかし問題は南京のと同じで、日本軍が直に組織して行い、不当な扱いを許していたのか否かだと思います。

考えてみると、9/11以降私たちがメディアを通して押し付けられてきたオサマやサダムの極悪イメージ、ずっと昔からだけど こないだメチャメチャにされたリビアや、これからやられる予定のイラン、シリアと同じような濡れ衣を我が日本が着せられ、誹謗中傷を浴びせられてきた可能性がかなりあるということです。

何としても、再検証は必須です。そしてその先にある究極の目標は、人々を分裂させるのが得意なイルミナティによって互いに憎しみ合うように仕向けられてきた日中、日韓の関係を 本来あるべき真に友好的なものに変えていくことです。

どうか皆さんも、これらの問題が再検証されるように
情報の収集や拡散から始めてください。

今回画像のアップ時に、横長なのに縦長にされたりという変なことが起きました。
あ、またダメだぁ。何度トライしても4枚のうちの2枚目が縦長になります。
申し訳ないけど首を傾げるか、プリントアウトでもして読んでください。
操作、しっかり入ってるって

ちょっと怪我をして、タイプするのがしんどいので次の記事まで間が開くかもしれません。
冒頭の話のように100位近くまでは落ちないと思うけど(^^;

<補足>

その後も色々なサイトを眺めており、いくつかリンクを貼っておきます。

まず、「南京虐殺」という嘘が我が国の学校の教科書に載せられた一方で、中国が日本人に対して行われた蛮行の通州事件などは逆に載せることが禁じられているといった話など色々興味深い、

日本の行った戦争とは結局何であったのか 2

販売は終了しているようですが、当時の南京で撮影されたビデオが存在するという、

東宝文化映画部作品
戦線後方記録映画「南京」


上のページにも多少当時の写真が載っていますが、
↓ではリンクを開けると当時の様々な写真が見られます。

南京陥落後に撮影された風景

そして今年2月の河村市長発言を受けて出来たらしい、こちら↓

河村発言を支持し「南京」の真実を究明する国民運動

そこの

中日新聞に対する仮処分申請について

を見ると、今の世の中が朝鮮系(&シオニスト系)イルミナティに牛耳られていて、司法も会社だからまともな判決は出ないようになっていることがまた再認識させられます。

2ちゃん関連では

米国大学で、南鮮や支那の歴史捏造にたった一人で立ち向かう日本人留学生

というのが目に付きました。
この青年のように、日本人一人一人が認識を新たにして、国の名誉を取り戻し(なんて書くと、私が右翼だと思う人がでるかもね、苦笑)、戦後潰されてきた日本人のなかの「自信」を取り戻さなければいけないと思います。少なくとも事実を検証し、直視することが肝要です。

一応お断りしておきますが、私の見解が「南京虐殺はなかった」になったからといっても、それを主張している人々の間には、私が感心しない人物や行動も繋がって存在していると思うので、そこはご注意ください。当然のことですが、どのような運動にも必ず工作員が忍び込んでいることも頭に入れておいて戴きたい。

「A級戦犯」等々の呼称は彼等の嘘を推進するためのレッテル貼りと書いた以上、今や私も日本人が靖国神社に参ることに反対する者ではありません。しかし他方、小泉元首相のようにそれを政治的に利用する輩がいることも事実ですから。

「南京虐殺」がなかったにせよ、731部隊の狂気の沙汰としか思えない人体実験は存在したのだし(その罪を不問にしてデータを利用した米国)、先にも書いたように過去の禍根を捨ててみんなで平和なアジア、平和な世界を築いていかなければいけないと思っています。
朝鮮系&シオニスト・イルミナティの悪行をまず止めないといけないけど


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

4 comments:

  1. ご提供の資料と重なるかもしれませんが、

    ・南京で不幸な事件が起きたとしたら、最後まで降伏勧告に応じず、いよいよとなって兵隊たちを置き去りにして逃げた中国軍指揮官に責任があると聞いています。
    残された兵隊たちは、民衆から衣服を剥ぎ取って、便衣兵(国際法で兵士としての資格がない)となり、民衆を盾としたのですから。
    ・渡部昇一氏の調査では、南京攻略前後で人口が増えた、当時各国のジャーナリストがいたのに、新聞に大虐殺のニュースなどなかった、etc。

    ・日本人が贖罪意識で修復した南京の城壁は、文化大革命のときに壊されたものだそうです。
    ・余談ですが、中国人に「南京大虐殺」というと、いつの戦争の時の?と聞き返されるくらい歴史的に当たり前のことだそうです。

    ReplyDelete
    Replies
    1. >南京で不幸な事件が起きたとしたら

      命令に従わず、不当な殺戮や盗みなどをする兵隊はいたのかもしれません。
      しかし、そうしたことが「日本軍」として行われたことか?というと、検証が必要です。

      >新聞に大虐殺のニュースなどなかった

      30万人も数日の間に殺していたとしたら、これは当然世界中で記事になるはずと思うのが自然でしょう。広島で20万とか言われていて、本当に膨大な数ですよ。それを原爆を使ったわけでもなくて、そんなに殺せるか?という疑問がまず浮かびます。

      Delete
  2. 結局、ロンドン5輪のテロもなく8月が終わろうとしています。
    (提起問題)
    南京大虐殺の捏造元:朝日/本田勝一
    従軍慰安婦の捏造元:朝日/植村隆 吉田清治
    (目的)
    ・日本に原爆を2個も落とし、一般国民を大虐殺したアメリカが自分たちの卑劣な行為をうやむやにするためのプロパガンダ→WGIP
    ・偽ユダヤは奴隷たち(日中韓)の間に協調関係ができないように対立軸を作ってコントロールできる
    (類似構造)
    ホロコースト大虐殺600万?ガス室はなかった&煙突捏造
    (共通点)それは差別だ!をカードに社会を席巻していく
    (副産物)やっかいな隣人中国韓国は捏造だと知ってて?カードにしてきた
    こんなところだと思うんですが…

    ReplyDelete
  3. 朝日は色々おかしいのですよ。
    書こうと思って、なかば忘れているが祇園暴走関連でも朝日だけが変な記事(私から見て)を出していたり。どうも、おかしい。

    >プロパガンダ

    その延長というか、あの詐欺師「きくち」に引っ張り入れられた同報メール(「きくち」の呼んだリチャード・ゲイジの講演会を地方でやった人たちなど)で、苫米地という学者(かな?苫米地全権の親戚??)が、ワシントン条約だったかどこかで、日本の独立を認めていないと言ったという話が出てきて。米国の独立宣言にあるような文言がないから問題だと言っていた。

    でも元々彼等は占領していたけど、独立国家としての日本を否定したわけではないので、そんな文言は必要なかったのです。この人大体カーネギー・メロンなんで。

    かように、そこら中に色んな工作員がいるのですよ。

    >600万?ガス室はなかった&

    600万は嘘ですよね。ガス室は、どうもわかりません。
    なかった可能性はあるけど、断言出来るまでに至っていません。

    >やっかいな隣人中国韓国は捏造だと知ってて?カードにしてきた

    えぇ、ただ彼らのなかの邪悪な人々が、ですね。
    一般人はどこでもいつでも利用されて犠牲になるのがオチです。いい加減、目覚めてほしいのだけど

    ReplyDelete