Tuesday, September 4, 2012

11周年の記念日前後に何かやるつもり??&米国南部の陥没穴~日本と米国の将来地図?

相変わらず予知情報に繋がる分析など出来ないのですが、またHAARPのチャートがこんな工合で、

「11」という数字の好きなイルミナティが、9/11=同時多発テロの11周年前後に何かやらかそうとしている可能性が考えられます。

かなり多くの人々がこうした数字など彼等の傾向について知るようになったので、まともにその日ドンピシャではやらない可能性も高いと思うのですけれど。



そういえば7月はじめに来た情報、5月あたりからフロリダでも見られ。家が穴に飲み込まれた」と騒いでいた(6月のビデオあり/英語)のですが、実は数年前からテキサスでも騒いでいたらしい

最初のビデオは、その7月に届いたメールにあったルイジアナの陥没穴。最近はアップデートが出ていないようなので、その後は落ち着いたのかもしれません。その頃見たビデオを載せておきます。

場所はルイジアナ州のアサンプション郡のバイユー・コーンというあたり。7月3日付けですね。

穴というか、もう池か沼という感じなのですが、そこに泡がブクブク出てきた。郡の国土安全保障関連の担当者が「5月30日にパイプラインが漏れていたという報告があったので、バイユー・コーンの泡を調べに来ているんです」と言っている。何のパイプラインなのか説明がないのだけど、どうやら天然ガスのようです。

「それが原因ではないらしい」としているが、近隣の家が動い(ズレ)たり土台にヒビがいったり、家が揺れたり。その現象が穴と泡に関係しているか否かは調査中です、というニュース。

Houses Shaking and 'Mysterious' Bubbles in Louisiana Swamp - July 3, 2012
http://www.youtube.com/watch?v=RleGRi9WVlk

アサンプション郡の緊急連絡網に入りたい人は自分の責任において(受信時にかかる費用などは自費ですよ、ということなど)メルアドか電話番号を入れて加入してください」というページがありましたが、URLが".gov"(政府サイト)ではなくて".com"(やっぱり!会社)なところがご愛嬌。(^^;

お次は7月15日にアップロードされていたこのビデオ
フロリダ州はスワニー郡の陥没穴の様子です。

Huge Sinkhole in Suwannee County FL
http://www.youtube.com/watch?v=bn5T2mUR5Zg
Published on 15 Jul 2012 by UfoScandinavia

インタビューされているおじさん(左の男性)はライヴ・オークのすぐ南にあるマカルピンに住むチャック・マタカイティスさん。

ここらあたりが洪水で、向こうの柵の柱は(水に埋もれて)見えなかったと。それがこんな大きな穴が開いて、「まるで誰かが巨大なトイレを流したみたい」だったと。そして一旦大きく吹き上げた水をクルクル渦を巻きながら飲み込んでいって、みるみる内にあたりの水がなくなってしまったと言っています。

地質学者は、地下の泉に流れていったのだろうと言った由。
彼の農場の下、地下に川が流れているのだと。

また水が上に飛び上がる前には泡がたくさん出ていて、それが水が上に飛び出す前触れだと。その様子は有名な間欠泉、ワイオミングのイエロー・ストーン公園にあるオールド・フェイスフルと同じだそうです。

Photo by Jon Sullivan 22JUN03

農家だから相当広いのでしょうが、隣人のミケル・クックさんと両者の土地の間にある穴を数えたら、33個あった。それで全部だったわけではなくて、そこで彼等が数えるのをやめたんだと。そして彼等はこの穴を「マカルピンのグランド・キャニオン」と呼んでいるそうです。(^^;

<参照記事(英語)>
Jaw Dropping Sinkhole Opens In Farmer's Field
(農家の野原にびっくり仰天の陥没穴)


そしてまた周辺住民を避難させていたルイジアナのバイユー・コーンに戻って、8月9日アップのこのビデオ、

Louisiana Sinkhole Grows Overnight; Authorities Monitor for Radiation - Aug. 9, 2012
http://www.youtube.com/watch?v=KBc5aZeYFKg
Published on 9 Aug 2012 by Sheilaaliens

一晩でこの穴が南北に3~6メートルも広がったと。この辺が以前石油やガスの探査をしていた地域だったので、放射能が出ているかもしれないと調査をしたが、天然起源の放射性物質は今のところ探知されずだと報じています。

ここまで見てきて、こんなに陥没穴がそこかしこに出来ていると
つい、結構前に英国にいる仲間が送ってきたビデオを思い出してしまいました。

Japan is doomed so is USA - 01-28-12 5.6M at Mt. Fuji - Japan
http://www.youtube.com/watch?v=skX_b1NuAW0

「4月28日からニュー・マドリッド断層周辺で訓練がある」と言っていたが、そこがコトの起きる日付ではなかった。日本崩壊も米国の崩壊も、「いつ起こされるのかは、わからない」と言っていますね。さっき「予想は外れた」と書いたけど、先の方も見直して(まだ最後まで観てないが)さっきの記述が間違っていたことが判明。失礼しました。
#うろ覚えで書くとダメね。(^^;

基本的にこの人が言いたいのは、東日本の東側に大量に地震を起こさせているのは、それでその沿岸地域やその周辺が海底方向に引きずられて崩壊するというシナリオだ。そのきっかけは、富士山の爆発だと。

そして福島の事故のあと嵐が結構頻繁に起きて、放射能を米国(殊にカリフォルニア)に向けて運んでいると指摘。

それと同時に、かつてエドガー・ケイシーの説明(リーディング)による日本(=「日本の相当部分が海に沈む」)と

米国の地図

そして米軍による、将来の米国地図

青い箇所は海になっている。
五大湖の南でえぐられたあたりが、以前から言われているニュー・マドリッド断層のある地域です。それが起きると、西の方ワシントン州にあるレイニア山、ひょっとするとセント・ヘレナ山イエローストーンの山々が噴火すると言っています。

そこでもうひとつビデオを。

How Sinkholes like Guatemala happen
http://www.youtube.com/watch?v=nGkDouBVoLs


グアテマラの陥没穴はどのように出来たのかという動画ですが、砂も含んだ土地に雨が降って地下へと浸透して行き、地下にたまった水が地下に河川を作り、地下に出来た空洞にたまり、その上の部分がやがて陥没したと。

ルイジアナでもそうでしたが、散々嵐が来て大量に雨が降らされているって、これを想定&期待してやっているのでしょう。

日本も米国も、そう簡単にイルミナティの思い通りにはならないと思いたいですが 果たして?

※この投稿はタイトルも無事、載せてもらえましたね。
何が引っ掛かったんだか?


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment