Sunday, October 21, 2012

毒入り子宮頸癌ワクチンのみならず、各種ワクチン、予防接種は受けないで!~「常識」はいずこ?

朝日新聞の異様な記事の話を書く前に、先程の記事の補足を書いておきます。
まず、先の冒頭の朝日の記事の詳細版というか、こんな記事が

子宮頸がん予防、接種率1ケタの自治体も-自治体アンケートで判明
出ていましたが、またもや悲惨なニュースもあって↓

日本脳炎ワクチン接種と死亡の因果究明へ-三井厚労相
また死者が出ているのに、まだ続けるうえに年齢もなんと7歳上までに拡大だと、

日本脳炎ワクチン、13-19歳も対象へ

厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会の「日本脳炎に関する小委員会」(委員長=加藤達夫・国立成育医療研究センター総長)は2月21日の会合で、日本脳炎ワクチンの定期接種の対象年齢の上限を、現行の12歳から19歳に引き上げる方針を決めた
(コピペ終わり)

表層では平気に見える人が大半だからといって、死亡者が出るほどの毒を入れているのだという実態がどうして見えないのか?と思います。
#年齢拡大は、子宮頸癌ワクチンを男子にも打とうという動きと同じ、儲けと被害の拡大

まぁ、私もかつては しっかり すっかり騙されていた口ではあります。
しかし、9/11というヤラセ事件以来判明した奴等の無数の犯罪と同じで、
常識で考えればわかるはずのことを誰もまともに考えられなくなっている。
思考停止状態の世の中......愚民化の成果か?

"専門家"と呼ばれる、その実洗脳されきったか確信犯である人間たちやメディアの言うことを鵜呑みにして、事実の精査など自分では行わず、彼等の主張をオウム返しにくり返すだけの人間が、その実みごとに騙されて犠牲者にされているのに、その自覚がまた全然ない。

ホント、まともに調べて考えてほしい。
上の、自治体にアンケートをした団体というのが

子宮頸がん征圧をめざす専門家会議
だそうですが、

当会議の略称を「子宮頸がん予防ゼロプロジェクト」に改め、
ホームページをリニューアルいたしました


って、ぴったりですね子宮頸癌ワクチンに。
だって、予防力はゼロだもの!!
反論のある人は、HPVが子宮頸癌の原因だ&このワクチンで予防できるという証拠を提示してください。

役員や委員のリストを見ても、ワクチンを打つ=売ることで儲かる方々が大半。

Yahoo!のニュース・ページからリンクのあった

子宮頸がんは「予防できる」
に至っては、そこの左上をしっかり見てほしい。

ジャパンワクチン株式会社 グラクソ・スミスクライン株式会社

とありますよね。
要するに、ワクチンを売って利益を上げている会社がやっているサイトだ!

ジャパンワクチン株式会社
そんな連中の言いなりに「打たなきゃ!」と、本人乃至は親が信じ込まされて、毒を打たれているこの現状は、一体どうやったら止められるのでしょうか?
#本当に、嘆かわしい......


★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

No comments:

Post a Comment