Saturday, April 27, 2013

<断言>様々な疾患、自閉症や学習障害、発達障害、鬱病、バイ・ポーラーから"精神分裂病"に加えて世界中の大半の犯罪は重金属毒が原因だ!!

去年の半ば過ぎに情報を得始め、この数ヶ月間で色々と調べ
確信を得た事実について、書きます。
これまで他の問題でも調べ上げてきたことと、この重要情報とがみごとに合致する。
まず出会ったのが、時折開けているダイヤモンド・オンラインのこの記事

成績優秀なのに仕事ができない
“大人の発達障害”急増の真実

http://diamond.jp/articles/-/6222
私の地元周辺でも明らかに年々増加している小児癌や小児白血病の原因が
出生直後に与えられるビタミンKの薬剤であることは以前書きましたね

それと同様に、急増している点に注目!です。

池上正樹氏のひきこもり関連の記事はいくつか興味深く読んでいたのですが、この「発達障害」という名称はこの記事で初めて知りました。これ↓はネットで見かけた行為障害の症状
今思うと、これは出会うべくして出会った記事だったと思います。
その2ページ目から

『発達障害に気づかない大人たち』(祥伝社新書)の著者
である福島学院大学の星野仁彦教授(児童精神医学)


が専門家として登場しますが、そこの下の方

うつ、引きこもりの背景には
発達障害が隠されている?

http://diamond.jp/articles/-/6222?page=2

その名称に慣れ親しまされた人々には申し訳ないけど
私はその「発達障害」という名称からして、

極悪犯罪人たちの犯行を隠蔽するための似非名称だ

と断言いたします。
そんなのばっかりなんだけどね、実際。
続き、3ページ目

モンスターペアレントや、虐待の連鎖も、
発達障害が要因になっているのです」(星野教授)

「発達障害は、脳の中枢神経系の発育・発達が、何らかの理由で、生まれつき、または乳幼児期に損なわれ、言葉、社会性、協調運動、基本的な生活習慣、感情や情緒のコントロールが、アンバランスになるために引き起こされると考えられています。本質的な原因は脳であり、心の問題ではないのです」

http://diamond.jp/articles/-/6222?page=3

そして、その「発達障害」の原因は? 4ページ目

最近では、こうした発達障害を引き起こす原因として、前頭葉がつくられる妊娠2~3か月の間に母親が、水銀や鉛などの重金属、PCB、ダイオキシンなどの環境汚染の影響との関連が、アトピー性皮膚炎などのアレルギーとともに注目されている。厚労省は10年4月から、出生した子供10万人を対象に、15年間にわたって、胎生期の重金属や環境ホルモンの汚染と、出生後の発達障害やアレルギーとの因果関係を大規模追跡調査していく方針という。

 自分の評価を大きく低下させる要因の発達障害が、なぜ起こるのか。その実態が明らかにされるまで、あと15年の歳月を待たなければならない。

http://diamond.jp/articles/-/6222?page=4
記者も一所懸命だろうし、星野教授も可能な範囲で事実を語っておられるが、
残念ながら今一歩踏み込みが足りない。

実際、15年も待つ必要はないのです。

「ひきこもり」などはないが、ウチの子にも多少の症状(朝起きられないとか)が見られたし、私は過去"主治医"から強く言われてインフルエンザの注射を数度打ったが為に慢性疲労症候群(CFS)や花粉症にさせられたので、この問題を理解するクリニックを探し当てて毛髪テストをやってみました。

娘には何故か、どこから入ったものかカドミウムまであったし、(@_@;
私の体内にも水銀や鉛はもとより、アルミ、バリウム、ストロンチウム(放射性ではないが)の3点セットまで結構みつかり、ドクターに

それらはケムトレイルのせいだと思う

と言ったら、みごとに同意されました。
このドクターはその辺の医者と違ってイルミナティの存在も全部理解しているので話が早いし知識も豊富なので、それ以来散々お話して色々と教えて戴いています。

そこから知り得た事実が表題です。
昔、立花隆の環境ホルモン関連の本を読んで、母親は授乳を通して自分の体内の毒を赤ちゃんにあげてしまうことを知りましたが、それも言ったらこのドクターに

大変残念なことに、
妊娠と授乳が女性にとって最高のディトックスなんだよ


と言われました。
#それでも、人間の子供に牛の乳などは飲ませるべきじゃない
妊娠・授乳の前にディトックスをしておけばいいのだ!

ダイヤモンドの記事から発展させて、多くの問題がこの重金属毒によるものだという話の延長で、家庭内暴力(DV)やら世の中の犯罪までもがこれらの毒に脳がやられて起こる現象であるという話になったのです。

DVといえば、昔それについて調べていたときに心理学者の知り合いから
「虐待を受けた子が長じて我が子に暴力を振るうケースもあるが、そうはならない親もいる」と聞き、その分かれ目は何なのか?と聞いたことがありました。しかし答えは得られなかった。

このドクターに依ると、
原因である銅を多く持ち過ぎている人々が10人に3人はいて
逆に、銅が足りない人々は10人に1人の割合で存在する
と。

で、その多過ぎる3人は、何らかの遺伝学上の問題で
その重金属毒をうまく排出できないのだろう
と。

これですよ、これ!
つまり、「長じて我が子に暴力を振るう」ケースの人々は親から
その「毒を排除できない」問題を遺伝でもらってしまったのです。

それを言ったら、
君の考え方は素晴らしいねぇ」と言われましたよ。(^^;
至極単純に、当たり前のことを当たり前のまま見てるだけなんだが

ところで、以前この記事の中で紹介した「抗癌剤は勧めないね」と言った医師は、実は私の父親だったのですが、教育を通して受けた洗脳によって医療・製薬業界のセールスマンにさせられていた彼ですら、

この世に山ほどある薬の ひとつとして、原因に対処するものはないんだよ。
おかしいよなぁ

薬局で色々たくさん売っている風邪薬も、全部「症状を緩和するだけ」だ

(大きな分厚い本を見せながら)
この本には全部の薬の副作用が載ってるんだ。
薬には必ず副作用があるんだ、薬は毒なんだよね


と言って、彼の頭を悩ませ続けた疑問を何度も私に繰り返し話していたのです。
長年国立病院で多くの癌患者さんを診、たくさん手術もしていた父でしたが、
死ぬ前には上述の「抗癌剤は勧めない」発言にたどり着いた。

患者さんたちを救いたくて、一所懸命やっていたのに
実は真逆の行為が為されていることに気づいた ということです。

安月給の国立病院勤務の時代には私が風邪をひいても
早く寝なさい!風邪は寝るのが一番だ」と言っていたのに
いざ自分の診療所を開業したあとは すぐに何かと薬をくれた。

振り返って考えると、後者の方が確実に治りは遅かった!(>_<)
おまけに抗生物質も含め散々飲んでいたために
私の免疫は随分弱められてしまったのです。

ついでに言うと、安保徹医師が
『薬をやめれば病気は治る』の冒頭にお書きになったように
仕事柄、湿布薬を多用していた母は別の健康上の問題を発症し、
当然それ用の薬も父から渡されて服用し、死んでしまった。

母を助けようとしていた父が、
間接的に母を殺してしまったのです。

父とは別の若い医者が、担当の患者さんに初めて死なれたときのことを話してくれたことがあります。可愛い人だったのに、顔が醜く膨れ上がって死んでしまったと。初めての経験だったから、余計にショックで彼は涙すら流していましたが、そこでも彼が与えた薬で殺してしまったというのが真実でしょう。

すべて、イルミナティが世界的に仕掛けた極悪詐欺に
世界中が騙されきったから起きた悲劇です。

父が死ぬ前に、どこまで悟ったかはわかりません。
あの年代では、教師の言うことは絶対であったろうし
根本の嘘まで見抜けたかどうか。

しかし父はまるで遺言のように上述の発言を
数年にわたり、私に何度も繰り返し聞かせました。

この事実を暴くことは、私にとって
彼の無念を晴らし、母の仇を取ることにも等しいのです。

上述の星野教授は以前にもご紹介したゲルソン療法でご自分の癌も治したという方ではあるが、いまだ教育を通して受けた洗脳から完全に脱却されていないのかもしれません。

このブログ読者なら、
私が言わんとすることを既におわかりと思うが、要するに

子供のためだと騙して生後すぐから打ち始める様々な予防注射・予防接種・ワクチンを通して私たちの体内に重金属等の毒物を入れ、そのときに儲け、将来の疾患の種を撒き、将来の顧客(病人)拡大をし、社会をより不穏、暴力的で不幸にし、病気になって戻ってきたら、また別の病気を誘発する毒を「薬だ」と称して売る

これが現代医学の正体
なのです。
種痘を始めたエドワード・ジェナーはフリーメイソンだったし
http://www.freemasonrytoday.com/news/lodges-chapters-a-individuals/item/238-edward-jenner-freemason-and-natural-philosopher
http://freemasonry.bcy.ca/biography/jenner_e/jenner_e.html

しかも、これら極悪健康被害はもう数十年前からわかっていた。
重金属毒の話を先の街にある健康食品店の女性にしたところ

あぁ、それはもう30年前に本で読んだわよ。
刑務所に入ってた囚人相手に実験をして、ディトックスして
正しい食事を与えたら、みんな善人になっちゃったって!


と言われたのです。
#彼女は「大豆製品は伝統的手法で醸造されたもの以外は体、殊に甲状腺に悪い」と教えてくれた人。

30年も前に、本も出ていた。
しかしどのメディアも全然、大々的に伝えては来なかった。
ずっと意図的に隠されていたのです。

とにかく私はそこから、まず図書館で「重金属毒」で探し、
一冊本があったので借りて読みました。しかしその本は鉛、
(子供に見られる鉛の毒による色々な兆候の記述が)
(↑またまた妨害、私のファイルはちゃんと正しい方向なのに、
何故か縦にされた! 2度やったが、2度ともダメ。おまけに
入れ込む手順も指示通り機能しない!ひどい連中だ)

水銀、
(「水銀とマッド・ハッター」が見えますか?
昔欧州でフェルトの帽子を作る職人が、工程に水銀を使っていたために
キチガイになった事例から出た言葉なのです)
(魚以外の食品で水銀を含むもの。カナダの核化学者ジャーヴィスが、小麦粉や白いパン、長粒の米、スキム・ミルク粉、チーズ、家禽類、紅茶、ビーフ・ハンバーガー、牛や豚のレバーにも相当量の水銀が混入していることを発見したと↓)
砒素と
(昔の壁紙や布地に砒素が入っていたと)
カドミウム
(カドミウムの入った食品や、受ける症状など)
については書かれていたものの、銅には触れていなかった。
#私たちの周囲そこら中にそれらの毒が入り込んでいる実態には驚いたが

そこで更にネットで銅関連を探して、まず出会ったのがこれら

Copper Toxicity and How to Reduce Elevated Levels
December 5th, 2012
http://www.holistichelp.net/blog/copper-toxicity-and-how-to-reduce-elevated-levels/
4歳の孫がトゥーレック・シンドロームになって困っているという相談を受け、
銅の毒による症状や、除去方法を書いた記事。
そこにハイライトしたように、他の多くの問題と並んで「暴力」が銅の毒からの症状として挙げられています。

そのページ最後の段落では、
銅の過多が世界中の暴力と関連がある
と主張する人々がいることに言及。またこちらタイトルは、
銅過多(毒): 子供、青年と成人に見られる心理学的な影響

Copper Excess (Toxicity): Psychological Implications for Children, Adolescents, and Adults
http://www.malterinstitute.org/Copper_Toxicity_01a.pdf
心理学者で栄養学のカウンセラーでもある医師による文章
ここでは、先に私が「発達障害」という名称について書いたことを、
バイ・ポーラーについて述べている。
そう、すべて偽の名称なのです!
すべてはこれらの重金属毒によって脳などに機能障害が起こされている結果なのに、やれ「精神疾患」だの「心理学的な問題だ」と嘘のカテゴリーづけをし、それらに尤もらしい名前をつけて更にはそれを治すと詐称して必ず副作用のある(=毒)薬を売りつけている。

それから検索中にみつけた驚きが、あの権力者たちの9/11や温暖化人為説という嘘拡大に一役も二役も買っている英ガーディアン紙のジョージ・モンビオオピニオン記事

Lead poisoning linked to waves of violent crime
January 12, 2013
Opinion
George Monbio
http://www.smh.com.au/opinion/society-and-culture/lead-poisoning-linked-to-waves-of-violent-crime-20130111-2cl9w.html
上のシドニー・モーニング・ヘラルド紙版では何故か、冒頭の

At first it seemed preposterous.
最初、それは馬鹿げてみえた

に続いて元のガーディアンの記事にあった
The hypothesis was so exotic that I laughed.
その節はあまりに風変わりで、僕は笑ってしまった

が削除されているので、読み比べてみないと他にも変更箇所があるかわかりませんが、ペンキやガソリンに入っていた鉛や、鉛の公害が起きてから20年後あたりに暴力的犯罪が増えたり知能レベルが下がることなどを書いてはいます。でも、わかりますか?

彼は、鉛以外の重金属毒の悪影響を一切語っていない!

似たようなのがすでに日本にもいて、
「欝は甘えが原因だ」と主張する本まで書いて結構売れ
ネットでも人気を博しているらしい。

実際私はそうした本のことなど知る前、彼に
「鬱病の原因は何か?」とツィートを送ったのですが
https://twitter.com/Aus911Truth/status/320753911420026880
何故か、完全無視されました。(^^;

「きくちゆみ」のような詐欺師か
誤誘導目的の工作員か
根本の嘘が全然見えていない"真相究明家"?

とにかくこうした様々な被害を被っている人々は毛髪(か爪)のテストをし
ディトックスをすべきなのです。

それらには豪州などで「ティーンエイジャーだから、しょうがない」として諦められている諸般の問題から非行をはじめ、日本での<経済的に面倒を見てくれていたお姉さんを殺してしまい、求刑より重い10年を喰らった40代の引きこもり男性>や、同様に<自分を叱った父親を脅すつもりがナイフで刺し殺してしまった30代引きこもり男性>や、<同じマンションに住む女性を犯そうと誤ってその妹を誘拐してしまい、殺した挙句に遺体を切り刻んでトイレやゴミに捨てたあの犯人>も含まれます。
秋葉原の加藤"死刑囚"は冤罪だから違うけどね

みんな、目一杯 拡散してください!!


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

8 comments:

  1. こんにちは。

    アレルギー疾患や鬱病(ひきこもり含む)や癌・白血病などが(世界で)急激に増えているのは、何かあると思っていましたが、そういう事ですね。

    アレックス・ジョーンズ・テレビの動画を1年ほど前に色々と見て鳥肌が立ちました。

    内容的には、幼稚で気が狂っていますが、そんな連中が世界を支配しているとは思いませんでした。

    人類の敵は、イルミナティー、フリーメイソン、優生学の連中ですが、残念ながら日本人の多くにもこの仲間がいる事に怒りを覚えます。

    ただ、こちらのブログのような発信で、多くの人達が覚醒を初めていますので、数の力でなんとかしないといけません。(このままでは滅びます。)

    ReplyDelete
    Replies
    1. Anonymousさん、

      コメント、ありがとうございました。

      >(世界で)急激に増えている

      えぇ、そこですよね。増えている。
      以前から多少はあったにせよ、その増加がどう見ても多くの国々で無理やり打たれる(と言っても過言ではないでしょう)増加したワクチンとの関連を考えない方がおかしいですよね。

      >アレックス・ジョーンズ

      彼も9/11以降ずっと活躍していますが、傾向としては
      どうも人々に恐怖を抱かせるようなところがあって、その点だけは感心していません。

      あと、解決策を言ってませんよね。
      最近はあまり見てないから、何か言ってるかもしれないが

      >幼稚で気が狂って

      本当にそのとおり!

      >そんな連中が世界を支配しているとは

      普通、思えませんよね。
      今、一人 イルミナティの存在をどうしても理解(というか)出来ないという知人がいて、いくつかリンクを送りましたが、多くが「陰謀論」とレッテルを貼って済まそうとするのもわかりますよ。私だって最初は「そんな馬鹿な」と思っていたからね。多くの事実を精査していけば、それが現実だ!と見えるのだけど

      >残念ながら日本人の多くにもこの仲間が

      しかも私たちから奪ったものを集めて権力を握っている。

      >このままでは滅びます

      はい、私もイルミナティが何世紀にわたって推進してきた邪悪な計画が、本当に最終段階に入っていることを認識していますから、急がないといけない。目覚めた人が増えていることだけが希望の光ですが、果たして間に合うか?です。

      ひとつ前の記事のレスに書きましたが、このブログも奴等売国奴たちにとって脅威らしくて、ブログ用のメモ的ファイルをダメにされました。色々書き込んでいた文字が皆「///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////」に変えられていた! 情報はまた一から集められるけど、それだけ私の時間とエネルギーを無駄に使わせられるということです。

      それほど嫌われてるんだ、と。
      それほど脅威になっているということは、痛手は痛手でも
      喜ばしいことだと思っています。(^^)

      Delete

    2. マスコミを見ててアスペとか発達障害って、どーでいいレベルの話なのに大袈裟に宣伝されている。
      これ絶対に朝鮮人の差別戦略にからめて宣伝されてんだよ。
      日本人分断戦略なんだよな。
      日本で働く、ふざけた外国人の方が、よっぽどコミニケーション取れねえぜ。
      それで外国人がアスペとか発達障害だったらどうなんのさ?
      あの人、外国人だから、文化も考え方も違うし・・・ですませられちゃうでしょ。
      つまり日本で働いてる外国人のアスペや発達障害を日本人は見分けられない。
      外国人のアスペや発達障害は問題にならないのに、日本人のアスペや発達障害だけ問題にされるんだよ。
      おかしくないか?
      外国人は差別されず、日本人の方が配慮して問題を解決する、しかし日本人がアスペや発達障害の場合、仲間のはずの日本人は配慮せずに、そいつらを差別する。
      アスペや発達障害だと言われた日本人は、例えば「俺は在日朝鮮だ差別すんな」と嘘言えば、たぶん無敵で問題解決するんだろうな。
      ますます不思議の国になってきたわね日本は。

      Delete
    3. 亀レスです。
      おっしゃるようなこともあるのかもしれませんが、所詮は各国市民が嫌いあい、憎しみあって奴等、裏の極悪犯罪者のやりたい戦争をやりやすくするためという部分もあると思います。

      向こうは極端な反日教育、こちらも極端な自虐史観で洗脳されていますが、基本「何がどうなっても戦争は絶対やらない」という姿勢で対処していきたいと思っています。

      Delete
  2. イルミナテイは自分たちが正しいことをやっているんだ、彼らの神(サタン)に喜ばれることなんだと思ってやっているんですよね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 彼等は母胎にいるときから洗脳を受けているそうですから、そういうことですね。

      Delete
  3. 様々な添加物や農薬や遺伝子組み換え食品等や電磁波等の社会毒も原因だと思います。添加物なんて入っていない物を探すのが困難なくらいです。精神薬なんて以ての外で、副作用に自殺の助長や他人への暴力まであるものもあります。アメリカでは、こうした精神薬が原因での事件が報道されています。日本ではせいぜい精神科に通っていた程度の報道です。精神病院では短期間での死亡退院が多いです。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 仰るとおりです。

      多くが気づいていないみたいだが、電磁波も最悪です。
      https://twitter.com/Aus911Truth/status/381343858627313664

      精神薬で自殺したり、学校での銃撃事件などが起きているのは米国にとどまりません。

      >精神病院では短期間での死亡退院が多い

      恐ろしいですね。ただこうした事実に目覚めた人間は年々増えてきたので、今後彼等がどう行動していくかにかかっていると思っています。

      Delete