Saturday, May 11, 2013

イルミナティ――秘密の盟約

去年の10月頃にみつけたビデオをやっと和訳しました。
ジョン・トッドやスヴァリ同様に「こんなのはもう御免だ!」と思った内部告発者が漏らしたと言われているイルミナティの掟です。
ビデオは最初にlovejordina1によって2012年4月5日にアップされた由。
例によって和訳は随分前に出来ていたが、ビデオにするのが一苦労。

様々な機能が すべて奴等に有利に働くように作られているので、YouTubeから動画をダウンロードすると、そのファイルはYouTubeにアップ出来るファイルではない形でしか保存出来ない。だからそれをまたコンヴァーターにかけてアップ可能なファイルにし、といった調子で私たちの側が余計な手間隙を要するように仕組まれている。

とにかくこれこそが、私が先に書いた医学の正体を暴く記事のなかで
私たちを狂わせる(文字通り、精神病や犯罪者をも作り出す)重金属(軟質金属)毒を人体に入れるのが医学の役目だと申し上げた証拠でもあります。
#他にもたくさん、多様な手段で盛られてるけどね
政府は会社であること、誰に投票しようと 皆同じであることも ここから理解できるはずと思いますし、市民が右と左に分裂させられ、双方に工作員が大量に存在してその裂け目が永遠に続くよう誤誘導されている実態に目覚めて皆が協調しなければならないが、何度も言うように私たちの持てる力を金銭(「税金」という詐欺)や票で奴等に渡し続ける限り、奴等の力の支配から逃れることは不可能です。
重要なのは、私たちが実は奴等と同じであると気づくこと。
奴等や奴等のイニシエイツと呼ばれる手先(政治家、官僚、メディア等々)が
我々より優れているわけではない。
同じ力を持っているのだと気づかねば
そしてその力を有効に使えば、
奴等イルミナティを倒すことが初めて可能になる
のです。

先の衆院選で、やっと「日本でも投票結果に細工されている」ことに気づきましたが、何度強調しても し足りないが「会社」の"政府"がやる選挙など所詮無効なのですから、無効な選挙は全国民がボイコットするしかないのです。
「この人なら」と、何度騙されたら それがわかるのですか!?
まともな政治家が出現しようと、彼等が私たちの"政府"を取り戻し、
真に国民のための政治を実行することは不可能です。
真っ赤なAll Seeing Eye
イルミナティが何世紀にもわたって構築してきたシステムそのものを破壊しなければ、邪悪な犯罪者に乗っ取られた米国の命令どおりに憲法は改悪され、市民はより多くの毒にさらされ、日本国と日本人はアジアはもとより、中東やアフリカで計画されている戦争に引きずり込まされるのだと申し上げておきます。
ロックフェラー、ビル・ゲイツや豪州"政府"が出資したノルウェーの貯蔵庫が
彼等の種を核戦争から守るといわれた戦争に。

よく考えて
やるべきことを、やってください。


和訳はネット上に出ている文章を基にしましたが
ビデオ上にはいくつかの文章が含まれていないため
なるべくビデオに沿った形で字幕をつけました。
ここには和訳した全文を載せておきます。

ここの主張全部が真実なのか? 殊に異論が出てきそうな
最後の部分はビデオでは省かれていましたが、それも含めて
これはイルミナティ内部で代々教え、受け継がれてきたものだと

実際、その大半がすでに私たちを囲む「現実」となっていることは
目覚めた人々には歴然としていることでしょう。


<イルミナティ――秘密の盟約>

錯覚はあまりに巨大、膨大で 奴等の知覚範囲を逃れ出る

それが見える者たちは 他者から「正気」とは思われない

互いの繋がりを隠すため 我々は別々に離れた前線を作る

錯覚を存続させるため 我々の繋がりなどないように振舞う
我々に疑いが決してかからぬよう、目標は一度にひとつずつ達成されてゆく
これはまた 奴等が変化に気づくことを防いでくれる

我々は究極の秘密を知っているので、常に奴等の経験と関連のある分野で上を行くのだ

我等は常に 共に動き、血と秘密によって結ばれ続ける
漏らした者には死が訪れる

如何にも逆のことをしていると見せかけつつ 奴等の寿命を短く、
精神や判断力を弱く保つ

奴等が「何が起きているのか」に決して気づかぬよう、
我々は持てる科学や技術の知識を巧妙に使う

軟質金属、老化促進剤や鎮痛剤を食物や水と空気に入れて利用する

奴等の行くところ すべてが毒に覆われる

軟質金属はやつらを狂わせる。我々の多くの前線が治療法をみつけると
約束するが その実もっと多くの毒を喰らわせてやるのだ

毒は奴等の皮膚や口から吸収され、奴等の正気や生殖器官を破壊する

それ故に 奴等の子供たちは死産もするが、こうした情報は隠匿する

毒物は奴等の周りの 奴等が飲み、食べ、呼吸し、着るものすべてに隠される

奴等は見通しが利くので 毒を仕掛けるにあたっては巧妙にしなければならない

奴等には楽しいイメージや音楽を使って「毒はいいものだ」と教えてやろう

奴等が尊敬する人物は役に立つ。そうした連中を 毒物の奨励に協力させよう

奴等は我々の製品が映画に使われるのを観、慣れ親しむが
それらの本当の効果について知ることはない

奴等が子供を産んだら その子の血液に毒を注射してやり、
子供の健康のためだと思い込ませる

早くから、奴等の知性や精神が若い頃から始め 奴等の子供が大好きな
甘いものを使って狙うのだ

奴等の歯が腐ったら 奴等の頭を殺し、未来を奪う金属を詰めてやろう

奴等の学習能力が侵されたら それ用の しかし症状を悪化させ、
別の病気を発症する薬を作ってやり その先にもまた薬を作ってやろう

我々は奴等を従順で脆弱にし 奴等は我々とその力に屈服する

奴等は落ち込み ノロマでデブとなり、
我々に助けを求めにきたときには もっと毒をくれてやろう

奴等が内なる自我と結びつかないように 奴等の関心をカネと物質に集中させる
姦淫、外部の快楽やゲームで惑わし
すべてがひとつである調和と決して合体しないようにする

奴等の頭は我々のもので 奴等は我々の思い通りに動く
もし拒否すれば、精神状態に変化をきたす技術を奴等に施すための
方法を探し出す。我々は「恐怖」を武器として使うだろう

我々は奴等の政府を作り、反対勢力も設ける。
その両方を所有するのだ

常に目的を隠しつつ 計画を実行する

奴等は我々のために労働し、我々は奴等の労苦で繁栄する

我々の一族は決して奴等と交わることはない
我等の血統は常に純粋でなければならず、それが掟なのだ

我々の都合で 奴等に殺し合いをさせよう

教義や宗教を使って 奴等を「一体であること」から引き離す

奴等の人生をあらゆる側面から支配し、
何をどう考えるべきかを教えてやるのだ

我々が奴等をそっと優しく導きつつ
「自分自身で選んでいるのだ」と思わせる

我々の派閥を通して 奴等のなかの敵対意識を扇動する

優れた者が出現したら 愚弄するか死をもたらすか、
どちらか都合のいい方法でそいつを葬り去るだろう

奴等が互いに心を引き裂き 己の子等を殺すように仕向ける

「憎悪」を味方 「怒り」を友として これを成し遂げる

奴等は憎悪で完全に盲目となり、奴等自身の争いを通して我々が支配者となること
すらわからない。互いの殺し合いで 手一杯だから

我々が「これでよい」とみなすまで、奴等は己の血の風呂に浴し
隣人を殺し続けるのだ

奴等の目に我々は映らず、我々が見えないのだから
我々はそこから多大なる利益を得る

奴等の戦争や死から 我等の繁栄は続くのだ

我々の究極の目的が達成されるまで これは何度でもくり返される

イメージや音を通して、奴等が恐怖と怒りのなかに暮らし続けるようにする

我々はこれを達成するために、持てるすべての道具を使うのだ

そうした道具は 奴等の労働によってもたらされる

奴等が 自分自身や隣人を憎むように仕向けるのだ

奴等から「我等は皆 ひとつである」という神聖な真実を常に隠す
奴等は決してこれを知ってはならない!

色は錯覚であることも 奴等は決して知ってはならないし、奴等は常に
「自分たちは同等の存在ではない」と思っていなければならない

少しずつ、少しずつ 我々の目標を前進させるのだ

完全な支配を行使するために、奴等の土地 資源と財産を奪う

奴等を騙くらかして、奴等の持てるちっぽけな自由とやらを
盗み取る法律を受け入れるようにしてやる

奴等を永遠の囚人にし、奴等と子等を借金まみれにする
金のシステムを確立するのだ

奴等が団結したら、世界に向けて違う話を見せつけ、奴等を犯罪者として
非難してやろう すべてのメディアは我々が所有しているのだから

メディアを使って情報の流れや奴等の感情を 我々のためになるよう操作する

奴等が我々に立ち向かおうとしたら 虫けらのように潰してやる
奴等はそれ以下なのだから

奴等は何らの武器も持たないので、どうすることも出来ない

計画を実行するために奴等の何人かに「永遠の命をやるぞ」と約束して抱き込むが、
奴等は我々ではないので 決してそれを得られはしない

こうした新参者たちはイニシエイツと呼ばれ より高い領域への進路の偽の儀式を信じるよう教え込まれる。こうしたグループのメンバーは 決して真実を知ることなく 我々と一体になったと思うのだ。我々に背くだろうから 奴等は絶対にこの真実を知ってはならない

奴等の働きには世俗の物質や大層な肩書きが褒美として与えられるが、決して不死身になったり、我々の仲間となって光を受け、星々を旅することはない。同類の者を殺すことは悟りの境地への道を妨げるので、奴等は決して高い領域には届かない。奴等は決して これを知ることはない

真実は奴等の鼻先に、すぐそばに隠されているのだが
手遅れになるまで それに気づくことは出来ない

あぁ、そうさ 自由の幻覚があまりにも大きいので、
奴等は自分が我々の奴隷であることには決して気づかない

すべてが整ったとき、奴等に作ってやった現実が奴等を所有する
この現実が奴等の牢獄だ。奴等は自らの妄想のなかに生きるのだ

我々の目標が達成されたとき、新たな支配の時代が始まる

奴等の頭は、奴等の信条によって縛られる
大昔から我々が構築してきた信条によって

しかし、もし奴等が我々と同等だと知ったら、
そのとき我々は滅びてしまうだろう
奴等はこれを、決して知ってはならない

もしも奴等が 力を合わせれば我々に打ち勝つことが出来る
と知ったら 行動を起こすだろう

我々がしてきたことを 奴等は決して知ってはならぬ。もし知れば、一旦ベールが剥がれ落ちれば、我々の正体は明らかになり、逃げる場所もない。我等の動きが我々が誰かを暴露し、奴等は我々を捜し出し、誰もかくまってはくれまい

これは我々が現世と来世を生きるうえで従う秘密の盟約だ
この現実が、幾世代もの人生を超えていくものだから

この盟約は血によって、我々の血で封印されている
我等、天国から地上に降り来た者によって

この盟約は、決して 絶対にその存在を知られてはならぬ。決して書き留めたり、これについて話をしてはならぬ。そこから生まれる意識が我々に対する創造主の激しい怒りを解き放ち、 我等がやって来たどん底へと落とされ、永遠のときの最後まで 閉じ込められるであろうから


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

14 comments:

  1. 究極の秘密、目的とは何ですか?

    ReplyDelete
    Replies
    1. Anonymousさん、

      私はイルミナティのメンバーではないので「絶対そうだ」とは言えませんが
      究極の秘密は多分私たちも奴等と同じような力を持っているということではないか
      と思っています。山内さんは下で

      >奇跡を起こす神通力(信仰心)

      と書いてるけど、信仰心ではない。
      目的は当然、世界人口の大半を殺し、世界征服することでしょう。

      Delete
  2. わかってはいたけど動画で見ると怖いですね。
    YouTubeにもコメントしたのですが、イルミナティじゃなくて影の政府や旧世界秩序ですよね?
    呼び方はなんでもいいんですが、秘密結社の方とごっちゃにすると混乱すると思います。
    秘密結社イルミナティのほうを取り上げたりしているブログをやっているので良かったら見てください。
    翻訳がメインなので、面白くはないかもしれませんが。
    http://7thsu.blog.fc2.com/

    ちなみに、イニシエイツ(initiates)って入会者って意味じゃないでしょうか?
    彼らは人間なんでしょうか?それともウィングメーカーの言う人工生命体でしょうか?

    ReplyDelete
    Replies
    1. >YouTubeにもコメントしたのですが、

      向こうで聞き返しましたが、
      意味不明のコメントで、
      見る人々を誤誘導しようとする意図は何ですか?

      Delete
  3. 動画作成、お疲れ様でした。
    支配のために、という文脈で見ればまったく違和感がないですね。
    この「支配のために」というものが存在することを考えられないと、日和見のうちに屠殺されるのでしょう。

    さて、上の方が言っておられる旧世界秩序というのは、「我らが真の(善の)イルミナティだ」と主張している者の支持者の人が「父ブッシュらのいう新世界秩序は本来は古いの王政のような旧世界秩序のことだ」との主張をされており、以前知りました。
    しかし、僕から見れば、魔術に関わる全てが堕天使的なもの、悪魔的なもの、その悪霊の支配に繋がってくる邪道です。
    人間の本来の力というのは、魔術儀式などせずとも一念を以って奇跡を起こす神通力(信仰心)が全てのひとに備わっているということではないでしょうか?
    僕はそう考えるので”真のイルミナティ”の言うことは信じていません。
    動画で言われている「我々と同等」というのは同じような魔術儀式に精通しているという意味では全くないでしょうし、もっと単純な事実についてのことだろうと思います。
    でもいくら単純といってもそれがまったくオカルト的でないものとは思いません。
    「創造主」を恐れていることに注目すべきです。

    僕のブログも妨害にあっています。googleが検索に出さないようにしている。
    なのでちょっと宣伝も兼ねてコメントいたしました。あしからず いや よろしく
    重ねて、翻訳有難う。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 山内さんってkiriさんでしたよね?
      掲示板の皆さんはお元気ですか?

      Delete
  4. どうもです。今井健治です。
    ツイッターはまだ復旧してないんでしょうか?

    ReplyDelete
    Replies
    1. 復旧したと思ったらまた不当に凍結され、
      解除になったと思ったら、また凍結されを繰り返し。

      今もまた凍結処分中です。

      Delete
  5. Ku chan より

    動画作成ありがとうございます。よくまとまっている内容だなあ、と思いました。

    ところで、今朝見つけたビデオ、Illuminati Familyで育った人の告発、おもしろい内容でしたので、多分もうご存知の内容ばかりかも、思いましたが、ご参考までに(^^)
    http://www.youtube.com/watch?v=euOKBjMkk6I

    この人は1620代から続く Illuminati Familyの一員だそうですが。彼が6歳のときに、「この子は、どうやってもSatanicなMind Control手法も効かない」と判断された、と。

    彼によると、驚くべきことに、イルミナティ(少数のTopたち、とその下にいる人々、Satanic Ritual によって6歳になるまでに、彼らのSubconscious Mindを 完全にMind Controlされた人たち)は全米の人口の10%にも上る、と。

    またその悪の系譜は、9,600BCの地殻変動の混乱期にさかのぼり、宗教的指導者や王などの当時の支配者たちが、Other dimension(見えない次元)からのEvilなForce(David Icke のいうChistianity のArcon, Satan,またはReptilian Race)にとりつかれて、始まった、というのですが。

    ("Reptilian"が出てくると、これまでは、う~ん...?と思っていましたが、どうやら本当のようで。)



    彼らのAgendaは、Agenda21のとおり、人口の9割方を削減する。それは、Reptilian Race(TopのIlluminatiたち)にとって、人間がこんなに多いのは都合が悪いから、というわけだそうです。

    人口削減のための主な Soft Kill の手段は、

    Sodium-Fluorideをあらゆる国の水に混入すること。

    ポリオとCancerを、ワクチン接種により広げること。

    窒素カリ肥料(成長促進剤)により、栄養価の全くない農産物を全世界に広める(殺虫剤や保存剤もまぜて)こと。



    9,600BC 以前は、というと、アトランティス時代にも、善の勢力と悪の勢力がやはりあったそうですが。いつの時代にも...

    それにしても、ゾロアスター教の"光と闇"の二元論も、Illuminatiの系譜、といわれれば、なるほど~!と納得もします。

    またその勢力は、紀元前に栄えた The Gnostics(グノーシス)をたたくためにキリスト教を作った、とか。

    古くはバビロン、そしてローマ帝国、ベニス、ドイツ、北フランス、オランダ、と移動し、イギリスへIlluminatiが入ったのは、ヘンリー8世のときだそうです。彼がイギリスをIlluminatiに売り渡した、と言っています。(へー知りませんでした。)


    *****

    人々が力を取り戻すために、彼のアドバイスとしては、右脳と左脳のバランスを一人一人が取り戻すことというのですが:

    New Age系に代表される自己犠牲的、Door-mat的、な右脳のimbalanceを正さないといけない人たち~Regain Power Backしないといけない人たち

    反対に

    Sociopath のように、物質至上主義で、他者を支配したい、といった、左脳のimbalanceを正さないといけない人たち~右脳とつながり、Compassionなど人間としての善を取り戻すべき人たち

    どちらにしても、自分たちがこのホログラム世界の中で、目には見えない次元からの”悪”のエネルギー、存在、に影響されている、ということを知らないといけない、と。


    そして、特に、"EFT"のテクニックを用いることを勧めていました。

    例の、指先でからだを軽くタッピングして、自分のSubcousious Mind を、環境(親とか社会とか)から受けたプログラミングから解き放つ、ヒーリングテクニックを。

    人間は、日常の90%を、そのSubconscious Mindのプログラミングによって行動している、ということで。

    それから、Wilhelm Reich(ライヒ)の、オルゴン・セラピーのことも、彼は推奨していました。ライヒの発明は、徹底的に弾圧されたんですよね。
    私も興味がわいたので、ちょっと勉強してみます(^^)



    また、私たちは、ホログラフィックな宇宙(Quantum Reality)に生きている、ということで:

    ― Illuminatiは、古くから地球のグリッドライン上に神殿や教会、Ritualの場所を建てることにより、見えない次元の悪のForceとつながる、という目的のみならず、地上のMorpho-genetic Field を”混乱させる”ために利用してきた、というのです。

    (そうだったのか!、私がいろんなYoutubeで見たのは、"混乱させるため"とは反対の、"地球を安定させるため"という説明ばかりで、これまでそれを信じていたのに。)

    電磁波の問題も関係ありそうですね、人間のからだの Electromagnetic Fieldを混乱させる目的と、生命体としての地球のFieldを大混乱させる目的とか(これは彼が言ったことではなく、私の憶測)


    順不動、思いつくままに書いてすみませんでした^^;

    それにしても、千早さんが前言われたたように、どんな情報も、鵜呑みにしてはいけないですよね。このインタビューで彼が語っていることも、もしかすると、Disinformation が混ざっている可能性もありですよね、1割、または1項目でも。そう思いながら見ました。

    では、また~^^
    長くなってすみません^^

    ReplyDelete
    Replies
    1. Ku chanさん、超亀レスです。
      貴重情報満載って感じで、まだビデオを観ていないのですが

      >彼らのSubconscious Mindを 完全にMind Controlされた人たち)は全米の人口の10%にも

      VigilantCitizen.comで、マリリン・モンローの話を出していましたが、エンタメ等々で世に出ている人の大半はそれだと思いますね。スヴァリの話にあったように、小さいうちからどの分野で活躍すべきか決められて、その訓練を受ける。そうした裏を知らずに、私たちは彼等の影響を受けるわけだ。

      >"Reptilian"が出てくると、これまでは、う~ん...?と

      そこも最後におっしゃったように、操作の入った情報かもしれないし。私は確証を知るまでは否定もしないけど、そうした未知の存在が大元だと触れ回ることで「いくらやっても負ける相手だ」と私たちに思わせたいのだと思っています。

      >人口削減のための主な Soft Kill の手段は

      本当に彼らがレプティリアンで偉大な魔力を持っているなら、色々な方法で私たち市民を洗脳したり、毒を仕掛けたりしなくても一挙に多くを殺せるんじゃない?とも思うしね。やってることが、一般には知られていない技術などがあろうと、所詮は「人間のやること」ですから。

      >いつの時代にも...

      ずっと昔、9/11などより前だったと思うが
      「この世は善と悪との戦いの場として出来た」みたいな話を聞いたことがあるけど、果たして?

      >右脳と左脳のバランスを一人一人が取り戻す

      それと同時に、両方に工作員が入って誤誘導されまくりの右派と左派が誤解をといて、どちらかというと行動しない人が大半の構成員になっている中道とともに一丸となって売国犯罪者たちに立ち向かわないとと思っています。

      >物質至上主義で、他者を支配したい、といった

      それにも重金属毒は一役買っているだろうと思いますよ。

      >指先でからだを軽くタッピングして、

      なんか、ありましたね。
      確かビデオを保存したはずだが、すっかり忘れている。

      >Wilhelm Reich(ライヒ)の

      オーゴーン・エネルギー製品はwhale.toでも売っていたと

      >地上のMorpho-genetic Field を”混乱させる”ために

      形態形成分野?

      >電磁波の問題も関係ありそう

      奴等が考え付く限りの毒を私たちに与えようとしていることに変わりはありませんね。

      >そう思いながら

      えぇ、その人もスヴァリもジョン・トッドも
      そう教えられてきたから彼等にはそれが真実でも、実は嘘かもしれないからね。

      コメント、ありがとうございました。(^^)

      Delete
  6. ここの記事と関連してる気がしますね。

    日本は米国の次のターゲットにされた
    銀の紐 http://inside-silvercord.blogspot.jp/2010/05/3.html

    ■ 国境を管理する霊団の回答
    「中国も北朝鮮も韓国も、彼らがやっている事はまるで悲喜劇です。
    彼らは事が成就した暁には利益を享受出来ると信じ、今まで形振り構わず必死に背後組織の為に働いてきたのですが、
    ここに来て事態が急展開し始めたのです。
    ですが、彼らはまだ、“捨て駒としてこき使われていただけ”である事には気付いていないようです。
    あるいは、例え気付いていても、止められないほどに事態が深刻化しているのでしょう。
    さて、この件で一番大事な事は、“北朝鮮の仕業に仕立て上げて”攻撃を仕掛け、日本を脅迫しようとしている勢力が
    いるということですね。その為の仕込みを画策しているのです。
    彼らにとって、今のところ、日本は最大の邪魔者です。思いの外守りが堅く、唯一思い通りにならない国でしたから。
    ですが、大きな利益を生み出す宝の国でもあるのです。彼らにとっては金の卵です。
    金のなる木である日本を、このまま見す見す中国や韓国、北朝鮮の思い通りにさせるつもりは更々無いのです。
    日本を引きずり出し、交渉のテーブルに着かせたいだけなのです。
    中国に日本の守りを弱体化させた後は、中国自体を潰しにかかります。
    彼らは日本を思うがまま操れるシステムを作り上げようと画策しているだけですから、
    中国に日本を潰させるわけには行かないのです。適度に手傷を負わせて、言う事を聞く気にさせれば良いのですから。
    彼らにとって、役目を終えた中国は邪魔なだけの存在です。
    日本を生かさず殺さず利益を生み出させ搾り取る為には、中国、韓国、北朝鮮は必要の無い国とみなされてしまうでしょう。
    残しておいても使い道がなくなってしまいますから。
    日本はアメリカの次のターゲットにされたと言えば分かり易いでしょうかね。
    今までのシステムで利益を上げ続けるには、もう限界が来ている事を悟っているのでしょう。
    新たな利権構造を世界に作り上げる為に混乱を煽り、自分たちは安全な場所で高みの見物をきめこんでいるのです。」
    (2010年4月21日)

    ReplyDelete
    Replies
    1. Anonymousさん、

      超亀レスです。
      アメリカの次に(イルミナティによって)中国が覇権を取るという話は随分前から出ていますよね。温暖化人為説の嘘を始めた(ゴアの前から)モーリス・ストロングがかなり前から北京大学に行ってたし。

      いずれにせよ、各国国民が本当に効果のある方法で「政府は会社」という邪悪な詐欺を、逆に大いに利用させてもらって反撃しなければ、今の状態が悪化するだけです。

      その効果ある方法については、ブログのトップからリンクしている記事

      「デモ」や「署名」や「会社」主催の"無効な選挙"で投票してたら日本破壊は絶対に止められない!

      や、今年書いた9/11から13年という記事のコメント欄を見て下さい。

      Delete
  7. あなたの動画 勝手にパクられてますよ。
    イルミナティの血の盟約 【大和魂乃再建】: http://youtu.be/ieXD7Wo-6A8 @YouTubeさんから
    陰謀論動画かと思って見たらUP主が 不幸の科学 伊勢原支部長だったでござるの巻
    しかも他人がUPした動画を勝手にパクッて自分が作成したように編集している。かなり悪質な手口だ。
    この元動画は、有名な「イルミナティ 秘密の盟約」のようだが、元の音声を抜いてちゃっかり自分の声に入れ替えているのか?
    著作権違反じゃないのか?覚醒しかかっている人間も不幸の科学にステマで勧誘されてしまう。
    真実を歪曲するカルト商法だ。こんな事が許されていいのか?

    ReplyDelete
    Replies
    1. Xさん、

      お知らせ、ありがとうございました。
      確かに、和訳を使うなら一言くらい言ってくれればいいのに
      と思いますね。直訳だなどと批判するなら、ご自分で全部訳せばいいし。

      少なくとも動画の説明文に私のブログへのリンクを入れているけど

      >UP主が 不幸の科学 伊勢原支部長

      って、どこに出ていましたか?

      >元の音声を抜いてちゃっかり自分の声に入れ替えている

      ですね。
      最後の部分は、私がブログで訳したものを使って
      元のビデオにはそこがなかったので、自分で画像を足したということ。

      >不幸の科学

      「幸福~」だと思いますが、この人物がそうだと
      どこで確認出来るのか、お知らせください。

      Delete