Tuesday, May 28, 2013

毒ワクチンの被害に遭われた方々と親御さんへ

豪州で大々的に売り出される直前の2007年3月末からこのワクチンの危険性を訴え、日本でグラ糞のサーバリックスが販売されると聞いてまた調べまくって警告を発してきた者として、その甲斐もなく日本でも多くの被害が出てしまったことを大変悔しく思っています。

これまでは「絶対に打たないで!」と、このワクチンがどれほど嘘で飾り立てられて売られているかを書いてきましたが、被害が出ている以上、なんとか対策を講じねばなりません。

殊に、耐え難い異常な痛みに苦しめられているお嬢さんたちが親御さんに「殺して!」と懇願したり、「明日の朝、死んでたらいいな」などと仰る事態には心が痛むばかりで、聞いただけで涙が出るし、この極悪邪悪な犯罪を実行、続行している連中は絶対に許せない!と思うばかりです。

後述しますが、この痛みは痛む部位に問題があって痛いのではないから通常の痛み止めが効かなかったりしています。しかし友人のオーガニック・ショップで働いているナチュロパスに聞いたところ、「カークミン(ウコン)などはそれでも効くのではないかと思う」と言うので、彼女に勧められたサプルメントを被害者のお一人に郵送しました。少しでも効いてくれることを祈りつつ。

余談になりますが、私は色々な嘘を暴いてきたことで相当な妨害も受けており、
記事を書くためのドラフト用ファイルは以前にもすべて消されましたが、
その後また色々溜め込んだ段階で
またもや、やられました。orz...
PCの外へもバック・アップを取っていたのに
それもやられていて、呆れましたよ。

余程私に発信してほしくないらしい。
それほど極悪犯罪人たちにとって都合の悪いことを暴いているということです。
政府は会社だとか現代医学の正体や(これも)、その裏に存在する巨大な陰謀を暴かれては、本当に都合が悪いでしょうからね。それらが事実ではないなら、私を法的に罰して黙らせることが可能でしょうが、書いている内容が事実、真実ときては奴等権力の座にいる犯罪者は手も出せない。だからせめてもの嫌がらせをして、私の活動の邪魔をするというわけです。
#ツィッターもまた20数度目の不当凍結処分中だし

確かにがっくりさせられたが、
毒ワクチンの被害者のことを思えば、メゲてもいられません。

本題に戻って、これまでにも何度か書いていますが
様々な毒を集めただけで「子宮頸癌を予防するかもしれない」だけのワクチンを
打たれたのだから、ひたすらディトックスするしかないと私は思っています。

被害者連絡会の会長さんで、お嬢さんが被害を受け
必死に看病を続ける松藤さんのブログ
みかりんのささやき
の過去記事にも参考にすべき情報が載っていますので、そちらも併せご覧戴きたい。
#酵素風呂も勧めていらっしゃいますね。強力なディトックスだと

この問題を調べて、私のように(英語だが)色々記事を書いていた米国のシンシア・ジャナックと最近メールでやり取りをしたのですが、彼女はこの毒ワクチンが受けた女性のグルタサイオン(glutathione グルタチオン)レベルを相当下げると言っていました。
それと同時に、サイトカイン・ストームを起こすのではないかとも。
色々資料として集めた情報が消されたので細かい説明は省きますが、
毒を体外に出す機能を弱められてサイトカイン・ストームが起きれば
死者が出るのは当然!


今、異常な痛み等々に悩まされている少女たちは本当に可哀想で、何と言葉をかければいいのかわからないほどですが、最初に殺される危険は乗り越えたのだから その点はラッキーだったと思って、毒を出して全快するために頑張って欲しい。

他方、多くの人が
「ひどい反応が出る人もいるけど、何故大多数は平気なの?」
と不思議に思っていると思いますが、以前

4種混合"毒入り"ワクチンも絶対に打たないで!
http://insidejobjp.blogspot.com/2012/10/114.html

のなかで「半数致死量」に関連して、こう書きましたよね↓

ある一定量を与えたからといって全員に顕著な健康被害が表出するわけではない。全員がバタバタ死ぬわけではないのです。だから彼等はこの一大詐欺&薬害犯罪を続けていられるという次第

この「子宮頸癌」ではなく、その癌の原因でもない「HPVを予防する」と称して売られている毒ワクチンの場合ですが、そこに入れられた成分のどれかにアレルギーのある人に重篤な被害が出るのだと私は思っています。アルミがそのひとつですが、そこで「アレルギー」という表現を使っているけど、つまりその物質に対して「敏感に反応しやすい人」ということです。人間は一人一人全部違うから、その違いによって反応が出る人出ない人、またある程度の傾向はあっても、その反応の出方にも違いが出てくるというわけです。9/11等のヤラセやケムトレイルの目的がひとつではないのと似てるというか、毒が複数入れられているので、その内のどれがどう出ているかの違いとも言える。

また調べようと思えば、アルミにアレルギーがあるかどうかのテストは可能です。メリサ・テストという。日本ではやっていないが、米国やここ豪州で出来る。被害者の大半は、アルミに対してアレルギーがあるのだろうと私は思っています。今後、被害者の会が訴訟などの手段に出るときは、そうしたデータが必要になってくるかもしれませんから、情報としてお伝えしておきます。

そしてその神経毒であるアルミが blood brain barrier 血液脳関門を通過して
脳に入り、悪さをしている。

どういうことかと言うと、思い出すのはウチで飼っていたペットのうさぎ。

ペット・ショップでは(人気があるから)小さいうちに売り始めたいので、まだ授乳が終わらないうちに母うさぎから取り上げてしまう。よって、十分に免疫が発達しない状態で売りに出されるわけです。当時はそんなことを知らなかったけど、そのうさちゃんは、そのせいかパラサイト(寄生虫)にやられてしまった。

そのとき起こったのが、彼の脳の中で免疫が敵と思って攻撃していたのが自分だったので、結果半身が不随とまでは行かないが、不自由になってしまった。

うさぎと人間では耐性等に違いはありますが、
被害者の多くに起こっているのはまさにこれでしょう。

自己の免疫が自分を敵と思って攻撃している。
結果、体のあちこちに痛みが出るが、各部位には何らの異常もない。
異常もないのに痛むのは、そこへ行っている神経が攻撃されているから。

それが、当時獣医さんから私が受けた説明でしたが
その自己免疫疾患という名称も、私が散々訴えている

#ワクチン #現代医学 の正体!
「病気を予防する」と嘘をつき健康な赤ん坊から大人まで
#重金属毒 を含む毒物を売りその場で儲け、将来の顧客を作り、
昔はなかった奇病を作り、患者として頼ってきたら更なる毒を薬として売る
★壮大な詐欺が見えたらRT
@situryoutteiika
https://twitter.com/Aus911Truth/status/401614054831054848

の一環で、人々を更に騙すための名称(病名)だったと思います。
参考記事

とにかくワクチン詐欺被害で出ている症状とは、ワクチンで入れられた毒を
体が出そうとして、頑張っている証ですから「症状」を一概に悪いものと思わないで!

そして症状を無理やり薬や治療(=毒)で抑えるのではなく、
悪さをしているアルミを除去すべき!!

と私は思うのですが、それに一番効果的なゼオライトを試した被害者に
更なる痛みなどが出たという事例もあって、非常に難しい。

重い症状が出ている方は、通常の量を飲むべきではないでしょう。
少量、微量から始めて 徐々に増やすようにしてください。

海外でも、キレーション(DMSA、DMPS、ゼオライトなどのキレート剤を使って
ディトックス=毒出しすること)で元通りになり、走り回ってサッカーしてるという例もあります。
重金属毒の記事も参照。←これが見えれば、ワクチン詐欺も理解できる!

上述の被害者の場合は、毒ワクチンによる症状が出たあと
医師の処方した薬(=毒)を飲んでいたために、その薬からの離脱症状も出るし、
毒ワクチンの毒が出て行く際にはそれが体のなかを移動するわけだから、
そこで痛み等が発生するのかもしれません。

それは好転反応と言われているが(よくなる前に、一旦悪くなる)、
原因を取り除かない限り、完全に元通りにはならないですから
様子を見ながら、多少改善が見られたあとでもゼオライト等で
アルミ除去を徹底的に やるべきだろうと思っています。

そしてそれは、今明らかに被害が出ている人たち以外にも言えるかもしれない。

人間を殺すほどのものが体に入れられたことには変わりないので、
後日何らかの形で問題が出るかもしれないとも思っています。

私が以前にも、「毛髪テストをして!」と書いたのはこのためです。
最初に、どれ位どんな重金属毒が入っているのかを知らなければ
ディトックスをしたあと、またはやってる中にどの程度減ったか
を知ることはできないからです。
#医者・病院ではやってないと思う

毛髪テストも完全ではなくて、私が受けた点滴を挟んだ2回の尿検査
でなければみつからないケースがなきにしもあらずですが、
せめて毛髪テストをやっておけば、大体はわかるから。

またつい先ほど、他州で被害に遭った女の子の母親に電話をして
話をしましたが、彼女の場合はスピルリナが効いたと。

被害に遭ったのは3年前で、相当長いこと苦しめられたけれど
今はほとんど正常に戻ってきたとはいえ、
「これをやめると、また症状が出るのよ」と言っていました。

スピルリナは放射能にも効くといわれているから、
ディトックスのためのサポート剤として有効だろうと私も思います。

それから私の重金属毒関係のドクターが教えてくれたのは
八重山クロレラ抗酸化剤

シンシアも上述の母親も、やはり食事等でも毒と思われるものはすべて避ける
と言っていました。グルテンや乳製品は避け、ご飯も当然玄米がお勧めだが
「みかりんのささやき」ブログのコメントで
発芽玄米のやり方を説明している方がいましたから、
是非参考にしてください。

そしてグルタサイオンですが、これは私のドクターが肝機能アップとして
勧めてくれたサプルメントにも「ミルク・シスル」というのが入っていたが
それがグルタサイオン。ナチュラル・ニュースの記事にも出ていたが
その上に出ているのがオーガニックの乳清(乳漿)か初乳

シンシアも「それが一番だ!」と言っていたので、牛乳等にアレルギーがない場合は
それがいいかと思ってはいるのですが、上述のナチュロパスによると
うまいことそれを吸収させるものを一緒に摂らなければ、望むほどの効果はないかも、と。

色々探していたら、ここ豪州でグルタサイオンのクリームやカプセルを調剤して
売っている医師をみつけたので、彼の薬剤について聞いたところ、カプセルは
肝臓のディトックスに。全体的な向上を望む場合ならクリームを、と言われました。
お酒やタバコの呑み過ぎで肝臓に負担をかけている人は、カプセルの方ががいいと。

※日本でネットから「グルタチオン・クリーム」を売っている「ドクターズサプリ」という会社で
クリームを買っていた方から、支払い関係で異様なトラブルを経験したと報告がありました。
これのみならず、商品自体も吟味して より毒の少ないものを選ばなければなりませんが
購入先が信頼できるところか否か?もお気をつけください。

それから今私がとっても心配している月経不順にさせられた女の子たちについて
(その話の細かい状況はそこのコメント41参照)

この医師は「ホルモンのテストをして、必要なら
月経のサイクルをつかさどる progesterone プロジェステロン
(黄体ホルモン)を補う必要があるだろう
」と。
ただ以前書いた記事の不妊にされた少女のように
「卵が全部破壊されてはどうしようもない」と。
私個人としては、それを防ぐ対策もやはりディトックスです。
その記事でも書いたとおり、医者に「(避妊用)ピルを飲め」と言われても
絶対飲まないように!!

と書いたものの、ちょっと確認したら避妊用ピルにはこのプロジェステロン
入っているようですね、エストロゲンとともに。

この医師は、通常の医療機関などでは彼がやりたいことが出来ないので独立した、私から見て「本物の医療」を目指す人のようですが、これは間違うと本当に大変なことになる問題ですので、各人で色々調べて、そのうえでよく考えて対処してください。

ただ基本は、これまでの医療、現代医学は間違っている&余計に毒を与えるものだから
以前の記事に書いた「ピル」ではなく、プロジェステロンだけなら効くのかもしれない?
ウィキペディアで批判が出ているというのは、その証かも?

だが、私の父(医師)は「ホルモン剤だけは飲んではダメだ」と言っていたので
私としては、ディトックスを急いだ方がいいと思います。
この問題についても、結局は各人でご判断戴くしかないですね。

他に、ディトックスでお勧めなのはコリアンダー。
私も極力毎日食べていますが、お嬢さんたちには、私なら一日に
一束か二束食べさせたいと勝手に思っているが、出来る範囲で。

今はネットで色々調べられますから
各自でお調べになって、信用できそうだと思われるものを入手してください。
何か質問があったら、コメントで聞いてください。
他の人に読まれたくないと思ったら、過去の、誰も読んでなさそうな記事を出して
そこにコメントをつけてください。トップ・ページに「最近のコメント」を出していないので
そのやり方なら他の人の目にはまず触れないでしょうから。

闘っているお嬢さんや女性たち本人が一番大変でしょうが、
これらを参考にしてなんとか乗り切って戴きたい。
闘ってくれている体に感謝して!

ご家族も同じく大変でしょうが、絶対に治すのだ!
固く信じて、サポートしてさしあげてください。

それから私は毎晩、日本時間夜9時から30分ほど
被害を受けた方たちに向けて霊気を送っています。
霊気を知らない人も、痛みが少しでも弱まるよう祈る気持ちを
送ってほしいので、可能な方は5分でも10分でも
出来る日があれば参加してください。
#これは被害に遭っている方ではなく、他の読者宛てのお願いです。

今後も何かわかれば、お知らせします。
他の方は、これの拡散をお願いします。
#出典URLを必ず入れてね。

最後に余談をもうひとつ。
前回書いた、今も毒ワクチンを推奨している小児科医
思ったとおり、私の4番目のコメントが消されたあとに
勇気を持って私が出した質問を再度聞いてくれた方のコメントも
消したうえに、新たな記事で私を馬鹿にすることばかり書いていました。

当然ながら、それらのコメントを削除したことは言わずに
コメントを全部残したような口ぶりで。確信犯ですね。
その哀れな卑怯者は、こんな顔です。

全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!
人気ブログランキングへ
転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

4 comments:

  1. こんにちは。みかりんさんのブログからお邪魔しました。あたしも被害者で、たった1回打ってからあまり歩けなくなりました。それに脚が痛くて夜も眠れないんです。でも、最近9じごろになると楽になるんです。マコモのおかげかなと思ってたんですが、れいきのおかげだったんですね。ほんとにありがとうございます!

    ReplyDelete
    Replies
    1. Anonymousさん、

      コメント、ありがとうございました。

      被害に遭われたことは本当にお気の毒で、何と言ったらいいのか...

      2007年3月末からこの詐欺を知り、警告を発してきた者としては多くの方が被害に遭われて実に悔しいのですが、少しでも症状を弱め、一日も早く皆さんに全快して戴きたいと常に願っています。

      霊気送信(霊気に限らず、痛み等が少しでも取れるように祈るなど)はツィッターでも参加を呼びかけていますので、まだ数は少ないでしょうが、今後参加者が増えてくれるといいな、と。

      マコモもきっと効いているのだと思いますが、祈る人が増えればもっと応援の力も大きくなれるでしょうからね。

      おつらいでしょうが、ディトックスを続けて全快なさってください。
      お大事に!

      Delete
  2. いつも様々な情報の発信ありがとうございます。記事にあったミルク・シスルというのはマリアアザミのことですね。以前、ケムトレイルのことを調べていた時にアルミのデトックスとしてマリアアザミのサプリを勧めているサイトがありました。http://homepage3.nifty.com/gaia-as/qa06g.html
    マリアアザミのサプリは大きめのドラッグストアなら日本でもたいてい売っています。試したことがありますが、整腸にいい感じで、毒が出ているという実感があありました。 TWで、ニーム(インドセンダン)が痛みにとても効くと言っている方がいらしたのですが、どう思われますか? これもお茶が日本でも入手可能です。

    ReplyDelete
    Replies
    1. Anonymousさん、
      超・亀レスで申し訳ありません!(>_<)
      紹介してくださったサイトも、すでに消されていますね。
      アーカイブで、そこだけ見ましたが(以下、URLまでコピペです)

      身近なところでは、子どもが通う学校の生徒や知り合いで、肺炎などの呼吸器疾患で長期入院したり、入退院を繰り返している人が多いです。
      9月の時点で知人4人が入院していました。
      それ以外にも、今年に入ってから急激に悪くなり気管切開や胃ろうになったという話を複数聞いています。

      どんなことを言っても、もともと弱い人達のことなので、周囲もたまたまそういう時期が来たのだという諦めの捉え方です。
      悪くなってしまった方には、特に親しい人でなければいきなりケムの話はなかなか出来ませんが、それでも最近空気が悪いという話から切り出し、自分は(マイナスイオン)空気清浄機やマリアアザミで自衛しているという話をするようにしています。
      今年3回入院した知人から聞いたところによれば、救急患者を受け入れている大病院は常に満床でなかなか入院させてもらえないという状況だそうです。

      市長にもかなり前にメールでケムの事を知らせましたが、もちろん応答なしです。
      いろいろなデータを本気で調べれば、ケムとの相関関係が浮き彫りになってくると思うのですが残念です。

      ケムトレイルの日は外出を控えること、そして睡眠をよくとることなども有効ですが、日常生活を乱されないケムトレイル対策として最も効果が確かなのは、マリアアザミ(ミルクシスル)を継続的に飲用することだと考えています。

      市販されているサプリメントの1日の用量が3錠のものついて、私は2錠から始めましたが、現在は1錠にしています。このように、状況によって増減するのがいいでしょう。

      関連して、下記(リンク)を参考にしてください。

      (追伸)ケムトレイル対策として、もう1つ、「「三々九度の儀式」を日課にすることを勧めています。
      これは、朝起きたとき、外出から帰ったとき、および就寝前の計3回、塩水で「洗眼・鼻洗・うがい」の3点セットを実行することです。花粉症や普通の風邪の予防としても有効です。
      このうち洗眼は、100円ショップなどで売っている「ミスト」を噴霧する容器を使うのがいいでしょう。眼に直接噴霧して、パチパチやるだけなので簡単です。
      鼻洗については、「手のひらカップ」を使う方法に熟達しましょう。

      右側の鼻腔を洗う場合は、右手をカップ状の受け皿にして塩水を満たし、左手で左の鼻孔を塞いで、前かがみの姿勢で右の鼻孔を右手カップの塩水に浸して吸い込みます。吸った塩水は、反対側の鼻腔や口の中にも出てくるでしょう。これを2,3回やります。

      そのあとで、左の鼻孔は塞いだまま、右の鼻腔に残った塩水を、鼻をかむ要領で鼻汁などと一緒に強く押し出す、という具合にやります。

      この塩水は、「生理的食塩水(0.9%)」の濃度が目標ですが、あまり厳密でなくてもかまいません。

      1円玉が1グラムなので、塩をすくうスプーンなどの盛り加減を、1度確かめておくといいでしょう。
      そして、ある程度の量を、ペットボトルなどに作り置きしておくと便利です。

      こうした日課をこなすのは面倒だと思うかもしれませんが、今は(ケムトレイルがなくても)自分の身体のケアに気を配ることが、とりわけ大切な時代です
      https://web.archive.org/web/20130306034932/http://homepage3.nifty.com/gaia-as/qa06g.html

      敢えて分類するならスピ系の方かと思いますが、
      ケムトレイルを理解なさっている「小松」さんという方のブログだったようです。どこかにお引越しされたのかな?

      >毒が出ているという実感が

      効果があったということで、よかったですね!
      ディトックスにも色々な方法があると思います。
      自分が経済的にも時間的にも無理せずに続けられる方法やサプルメントなどを各自でみつけてほしいと思います。

      >ニーム

      昔ですが、アメリカ人の漢方や鍼もやっていた知人からニーム・オイルがいいと聞いて、試しに買ったことがありましたが、私が当時抱えていた問題には効果ありませんでしたね。でも、何であろうとやってみて、他の人には駄目だったものでも自分には効くかもしれないという姿勢は大事だと思っています。

      だって、私たち全員一人一人、体質や「経験してきたこと」というより、蓄積されてきた毒の種類や量などが違うんですからね!(^^)

      Delete