Sunday, October 6, 2013

ホラ見ろ!言ったでしょ「HPVは子宮頸癌の原因ではない」って!!

2010年2月20日に子宮頸癌はヒトパピロマウィルスが原因か?で「存在していたからといって、それが子宮頸癌の原因といえるかどうかは別問題」と指摘、同21日には"トゥリーマン"の異常現象の原因
癌になる人は、そのウィルス以外の別の原因がある」と書いて「スピード違反の嘘(「スピードが死亡事故原因だ」と強調・宣伝して罰金を課す詐欺)」も引き合いに出し、
再度同年5月24日に「原因」ではない「ヒトパピローマウィルス」として、原因はウィルスではなくて、免疫機能の低下ないし不全と訴え、その後も「HPVが原因」は嘘だ!と言い続けている私に強力な助っ人が登場しました。アメリカの医師、K.ポール・ストウラー(発音は「ストラー」かも?)氏です。

以下にSaneVax.orgに掲載されたストウラー医師の記事を和訳、紹介します。前癌状態になる危険性の増大など、私が過去に紹介した点も、医師からの発信で説得力が増すと思われます。どうぞ広く拡散して、今後この詐欺&薬害の毒ワクチンを接種する人が一人も出ないようにしてください。
#和訳文中の太字強調は、私が勝手に入れています。

2007年3月末から警告してきた私が最初から「詐欺&薬害」と呼んできたこの極悪邪悪な犯罪を、皆でなんとしてでも止めなければなりません。打つ理由が全然ないんだから!


HPVワクチン: 人権侵害か?
2013年10月1日
K.ポール・ストウラー医師 FACHM

若い女性の間で2番目によく見られる子宮頸癌は、貧困に打ちのめされた国に多く見受けられる傾向がある。しかしこれ(この記事)はヒトパピロマウィルス(HPV)ワクチンを支持するものではない。HPVワクチンは実際、子宮頸癌を最小限に抑えようという人道的な努力ではなく、たったひとつの目的を持って作られたものであることを暴くものだ。それは製薬会社と、米国政府機関でワクチンに使われた技術の所有者である国立衛生研究所(National Institutes of Health、略NIH)と保健社会福祉省(Department of Health and Human Services、略HHS)が「より大きな善のために("greater good")」と、何かよいことをしていると見せかけて収入を得ようという欲によって作られた。HPVワクチンは蛇の油(怪しげな万能薬を指す)より価値がない――蛇の油は少なくともオメガ3EFAが豊富だし、誰もそれで被害に遭わないが、HPVワクチンに同じことは言えない。
HPVワクチンは全く必要のないものであり、子宮頸癌を防ぎたいと思う人々のための本当の干渉は、隠されてしまっている。

<HPVは子宮頸癌を引き起こすか?>

ウィルスは、細胞・DNAレベルでほとんど常に癌の引き金かもしれないが、それは環境を必要とする。ヤマネコ細胞が急増するのを許容する内部環境が。一般市民はこれを知らないので、信頼された当局、権威者たちが一般大衆にウィルスへの恐怖を植え付けるのは、過去ポリオでやり、今も引き続きやっているように容易なことだ。これはすでに試された、真のデマ情報のやり方だ。子宮頸癌の場合、癌が根付く箇所はある種のビタミンが欠乏していなければならない。そしてその欠乏なしに子宮頸癌が根付くのは、非常に起こりそうもないことだ。どのビタミンやどういったコンビネーションが決め手になるのかは議論の余地があるが、肝心なのは、これは栄養の問題だということだ。

インドール3カービノル(訳注:通常「カルビノール」と表記)(I3C)はキャベツ、ブロッコリ、芽キャベツ、カリフラワーやケイルを含むアブラナ科の野菜全部に存在する植物化学物質である。二重盲検法で行われたプラシーボ比較試験で、子宮頸部上皮内腫瘍形成(CIN)または子宮頸部形成異常II-IIIとして知られる状態にあることが生検で確認された患者30人が無作為に選ばれ、プラシーボか200mg乃至400mgの経口I3Cを毎日12週摂取した。プラシーボの患者にはCINの完全な退行は全く見られなかった。反面、毎日200mgを飲んでいた患者8人のうち4人と、400mgを飲んでいた9人のうち4人には、12週間後の生検でCINの完全な退行が見られた(一日400mgとは、キャベツ3分の一個に相当する)。

適度のビタミンDレベルも必要だが、肝心なことは子宮頸癌はHPVウィルスよりよっぽど栄養が問題であるということだ。ビタミンDが関連しているのは驚くに当たらない。何故なら、適度なビタミンDレベルはウィルス感染を処理する免疫システムに必要だし、どの癌であろうと大多数のがん患者はビタミンDが欠乏しており、ビタミンDと子宮頸癌との関連も、当然予測できる結論である。

紙巻タバコの喫煙はビタミンDレベルを下げることで知られているし、子宮頸癌の危険性を高めるだけだ。女性が理解しなければいけない根本は、HPV感染だけでは子宮頸癌になる原因として、十分ではないということだ。HPVは単に、喫煙同様危険分子のひとつでしかない。HPVと子宮頸癌の間に、直接の繋がりは何もない。膨大な、大多数の女性はHPVに感染するが、子宮頸癌にはならない。しかし栄養不良状態の女性にとって、子宮頸癌は本当のリスクとなる。これは貧困と栄養の問題――それこそが、子宮頸癌との直接の繋がりであり、根本原因である。

<HPVワクチンは女性の健康に益するか?>

女性が子宮頸癌になるリスクを心配する人間なら、そこら中の女性を力づけるためにより適切な栄養を供給するだろうが、これ(ワクチン)は女性のためではない――これは儲け以外の何物でもない。そしてHPV感染に対して、薬品による治療は(米国は例外だが)常に存在していた。ある研究では、この非常に良性の薬(アイノサイン・プラノベックスinosine pranobexまたはアイソプリノサインIsoprinosine)を10日間投与するだけで、子宮頸癌(CIN I-III)と子宮頚部の前浸潤癌/上皮内癌ならびに、HPVに感染した人の子宮頚部の別の場所へのCINや上皮内癌の再発時に見られるHPV16と18型のほぼ80%除去が見られた。この研究は、FDA(米・食品医薬品局)が急速に(ワクチンの認可)処理をしていた頃に発表された(訳注:私が過去色々調べていたときにも、全米癌協会のサイトなどでも「HPV感染を治療する薬はない」と書かれていた。大半は免疫が治してくれる自然治癒だから、それだけでも結構なことだとは思っていたが、この治療法すら実は存在していたのに隠蔽され、ワクチンの販売促進を企んだというわけだ。実に汚く、卑怯千万!)。

ワクチンは70%の子宮頸癌の引き金とされるHPV16と18型をカバーしているが、このワクチンが(頸癌どころか)感染を防げるのか、誰も知らない。わかっているのは、ワクチンがそのふたつのウィルス種の抗体を、特定されていない期間増やすというだけだ。ワクチンは生殖器の癌の引き金とされるHPVの他の16種(31, 45, 33, 35, 39, 51, 52, 56, 58, 59, 26, 53, 66, 68, 73, 82)をカバーしていない。おまけにこのワクチンを打つことで、ワクチンがカバーしていない種からの上皮内癌を発症する危険性が増大することがわかっている。

これはくり返す必要のあることだが、すでにHPVに晒されていた女性が子宮頸癌になる危険性がこのワクチンによって40%も増大することをFDAは明らかに知っていたが、魔法の思考で(科学的な証明なしに)この問題について、ワクチンを若い女性対象に認可、推奨することで(私はただ推測するだけだが)「彼女たちが過去にウィルスに晒されていない」と思うことにした――しかし誕生の過程で乳児が感染するという証拠もあり、HPVワクチン接種以前にHPVの血清学的試験は一切行われていないし、必要ともされていない。FDAの決定は理不尽なものであり、やがてあなた方は、彼らがメルク社のみならずこのワクチンと繋がった特許を所有しており、ワクチンが広く受け入れられたら利益を得る保健福祉省の言いなりになっていたことに気づくだろう。

<科学か口実か?>

言葉を変えれば、このワクチンには科学的な裏づけがないばかりでなく、癌になる危険性が大幅に高くなる証拠がある。メルクに認可が与えられたワクチンに使われた技術の特許をNIH
HHS
(訳注:上の画像はふたつとも、それぞれの政府機関が「会社情報を投資家に売るサイト」の会社検索で出ることを見せている)
が有している事実こそが、この危険なワクチンが急速に認可処理された理由のすべてだ。これは企業と国との境界の、完全な喪失である(訳注:米政府も会社だもの!)。

これは今や、犯罪的行為であるメルクのワクチン分野のトップ(ジュリー・ガーバーディング)が同じくCDC(疾病管理予防センター)の担当であるとき、企業と国の間には胡散臭い同盟が存在する。一般市民と世界は、NIH/CDC/FDA/HHSから発せられる科学的情報は一切信頼出来ないものと認識する必要があり、彼らが出す政策も然りだ。これらの政府機関に対する信頼の喪失は、回復不能である。

政府か製薬会社で勤務する者の資金で、或いはそうした誰かによって著された科学的出版物はいずれも、もはや信頼することは出来ない。

HPVワクチンの背後にある口実が人権侵害に相当するか否かは、独自に議論される価値がある。このような状態にもかかわらず、米国のいくつかの州では親の承諾なしに12歳の子供がこのワクチンを受けることを許可しようとしている。米国のどこでも、12歳児は契約を結ぶことは出来ないのだから、彼らはどのように「医学的説明を受けたうえでのワクチン接種への同意(informed consent)」を与えることが出来るというのか?

くり返すが、この問題のこうした側面は、国際的に法的な介入がなかったとしても、国際的な注目を浴びるべきだ。しかしそんなことは、いまだに起こっていない。


KP ストウラー医師は国際高圧療法協会の代表、全米高圧療法大学の終生会員、アリゾナの大学AT Still University SOMA(School of Osteopathic Medicine、整骨療法学部)非常勤臨床学准教授。エイメン・クリニックの高圧療法チーフ。加えて、米国小児科学会が水銀防腐剤を擁護した際に(抗議して)やめるまで、同学会の20年余にわたる会員だった。 *上述の諸団体は、身分証明目的で書き添えているに過ぎない。


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

11 comments:

  1. NZのほうからマイクロ波が来ているようです。南極からのHaarp?
    http://sincedutch.wordpress.com/2013/10/20/10202013-large-microwave-pulse-produces-two-tropical-storms-in-asia-within-48-hours/

    ReplyDelete
  2. 911ausさん、こんばんは

    下記にあるのは、シオニスト系企業の悪事、重金属毒や愚民化政策に関係なく日本人の真実を記載したまとめサイトです

    http://www4.atwiki.jp/nihonjindakedo/pages/13.html

    参考になさってください

    ReplyDelete
  3. twitterの方も読んでいる、一読者です。
    不正選挙のほうは、書かないのですか?
    衆院選前後以来やっていないようですが・・・。
    このサイト、いい情報が多いですし、参考にしている方もたくさんおられると思います。知ってる人も多いとは思いますが一応取り上げては如何でしょうか。
    遠慮のない書き込みだとは自分でも思いますが、どうお考えになっているのかなと思い、書き込ませていただきました。

    ReplyDelete
    Replies
    1. お三方への亀レスを長々書いたのに、消されました!(>_<)
      やり直し。またダメで、これで3度目です。

      so i thinkさんとAnonymousさん、情報&リンクありがとうございます。

      2人目のAnonymousさんのご質問、

      >不正選挙のほうは、書かないのですか?

      ムサシで不正やってることも確かに問題です。
      でも私はご承知のように、システム全体がインチキであることを(政府は会社)訴えています。ムサシという開票機による不正は、その詐欺システムについて言及しません。

      実際、この不正選挙問題を声高に訴えている人々のなかに工作員が存在します。それは9/11でも見られた「真相究明運動を始める人間が実は工作員」のパターンです。もちろんそうでない人もいるけど、不正選挙を言うことが「政府は会社」根本詐欺の隠蔽&ガス抜き役になっている。

      何度でも言うが、私は「議会制民主主義」は利権政治でしかないことを多くに気づいてほしい。権威ある専門家たちが平気で嘘をつき、本来は色々正しい規制をすべき政治家たちが毒を売る製薬業者の味方であることに気づいてほしいのですよ。

      インチキな土俵で相撲を取っても、勝てるはずがないでしょ。
      権限もないのに売国詐欺師がやる選挙は、無効なのです。
      無効な選挙の不正を暴いても、根本的問題解決にはなりません。

      大至急、一人でも多くを目覚めさせることに
      ご協力戴けたら幸いです。^^

      Delete
    2. 失礼だとは思いますが、書き込ませていただきます。

      目覚めたからどうなの?という問題がある訳で。
      仕組みから変えていくしかないでしょう。
      「政府が会社」なら、選挙くらい仕組みを改善して自分たちのものにして行くべきではないですか?
      他に方法がなにかあるのでしょうか・・・。

      Delete
    3. >「政府が会社」なら、選挙くらい仕組みを改善して

      「政府は会社」なのに、
      そこに乗っかったシステムの選挙を改善したところで
      何が変えられるというのですか?

      Delete
  4. >何度でも言うが、私は「議会制民主主義」は利権政治でしかないことを多くに気づいてほしい。権威ある専門家たちが平気で嘘をつき、本来は色々正しい規制をすべき政治家たちが毒を売る製薬業者の味方であることに気づいてほしいのですよ。
    それはそれで大事なことですよ?
    しかし選挙の仕組みからかえていくことはいいことですよね?
    これこそ根本解決の第一歩だと思いますよ。
    それぞれの方が有用な情報を得ただけの段階では、それを踏み出せていないです。
    だからこそガス抜き工作員などいるのですよね?
    不正選挙問題を言うことがなぜ「根本の仕組み」を隠すガス抜きになるのでしょう。
    これこそ根本の仕組みじゃないのかな。
    「騙された」と思っているだけのショック状態では、それこそ思う壺です。
    喧嘩を売ったような書き込み、申し訳ありませんが、実際こうだと思います。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 失礼ながら、「不正選挙問題」を一所懸命やっている方とお見受けします。
      すぐ上のAnonymousさんと同じ方かどうかは知らないが、
      主張は似ているので、これは上の方へもお伝えすべき回答です。

      政府は会社
      根っこが腐敗しているのに、その腐敗した部分がやっている選挙をどうこうしたところで事態が改善されるわけではないと、何故見えないのでしょう?

      それはきっと、最初に書いたように
      あなたが「不正選挙問題」を一所懸命やっているから
      感情的に、それを否定するような見方を拒絶するからです。

      腐敗した根っこに いくら水をかけようと
      花は咲きませんよね。
      腐敗した根っこを取り除いて、新たな種から始めなければいけない。

      そういうことです。
      だから、「不正選挙問題」をやることは
      腐敗した根っこに水をかけてる行為=ガス抜き、本当の解決策にはなり得ないのです。

      Delete
    2. 追伸ですが、(^^;

      「不正選挙問題」を広く国民に知ってもらうことは大事です。
      だが、そこで終わってはダメだし
      先に書いたとおり「だから選挙システムを変えればいい」というわけではない。

      私たちが直面している無数の問題の根っこはもっと深いところにあり、その手先となっている「政府は会社」をまず潰さなければ、そこに乗っかったシステムをどうこうしても事態改善は望めないということです。

      >喧嘩を売ったような書き込み

      とは思いませんよ。
      私と同じで、現状を非常に憂えていて、なんとかしたいと望んでいる方だと思います。だからこそ、日本破壊(世界もだが)を止めるために本当に効果のある方法を考えて戴きたい。

      不正選挙問題を「選挙システムを変える運動」に繋げていくなら、
      それはまさに反・脱原発運動を「再生エネルギー推進」にすり替えていく詐欺と同じことになります。

      Delete
  5. 同じAnonymousですよ。

    >あなたが「不正選挙問題」を一所懸命やっているから
    感情的に、それを否定するような見方を拒絶するからです。
    全然一生懸命やっておりませんよ。
    「政府は会社」を潰すのは「目的」でしょ。
    そこまでの道のりは果てしなく長い。
    そのための一歩として不正選挙追及がある。
    多くの人間に知ってもらうとかではなく、システムを変えるのが風通しを良くさせる道筋になる。
    順番が逆なのですよ。
    「政府は会社」が乗っかったシステムが集計における不正や選挙の枠組みです。

    >不正選挙問題を「選挙システムを変える運動」に繋げていくなら、
    それはまさに反・脱原発運動を「再生エネルギー推進」にすり替えていく詐欺と同じことになります。
    意味が分かりません。
    選挙システム改革は実質的なものです。運動で変えると現実は変わります。
    最近、思ったのですが、真面目に言論誘導ブログを潰そうとしていけばそれは別に簡単に出来る。それをやらないで騒いでるだけなのが多くの国民。(あまりやりすぎると目をつけられて「あれー?あの人ブログ更新していないなあー。」状態になる。)
    知ってください!だけで実際的な行動がない。
    千早さんは自分の書き込みに自信を持っておられるのでしょうか?

    あと不思議なのはきくちゆみなど実行動に関しては抑制しているけど知らせることはできている。千早さんとやってること変わらないのでは?
    >日本破壊(世界もだが)を止めるために本当に効果のある方法を考えて戴きたい。
    あなたはどう考えておられますか?

    ReplyDelete
    Replies
    1. こちらこそ、「意味がわかりません」です。
      順番が逆?
      根本が腐っているのを放置して、その腐った組織がやってるシステムだけ変えたところで、何が変えられるんですか?と言っている。

      政府は会社なので、政府としての権限も権力もゼロなのに
      それを「存在するもの」と認識するから、そのシステムを変えよう!
      なんて運動になってる・させられてる=誤誘導されるのでしょうが。

      あなたも、私が先程書いた記事と同じように
      洗脳から脱却されてないですね。

      効果のある方法はすでに書いているし、詐欺師きくちの新たな「寄付金集め」も以前と同じものを感じるけど、あなたにはわからないかもね。
      http://twitpic.com/dywtb8

      Delete