Thursday, April 10, 2014

准保育士新設案に見る「政府は会社」は儲けが大事!&実は「ワクチン被害」という冤罪~袴田事件関連で、一言

雨のメルボルンであちこち動いてるときに、新たに買った安傘の
開閉する際、押す金具の部分(何という?)に右手中指の腹が挟まれて...痛っ!!(>_<)
たちまち青紫色に内出血してる様子が見えたので、
傘や荷物を持って歩きつつ、右手の親指で霊気し続けました。

そうしたら、自分でも驚いたのだけど(@_@;
わかります?
中指、付け根のちょっと上 すこし赤くなってるけど
ピンクのマーカーで書いてみたが、これくらいの長さで内出血してたのが
全部きれいに消えちゃいました!!

ワクチン被害者の親御さんで、霊気が出来る方は是非続けて!
出来ない方も、昔から「手当て」というでしょう。
やってる内に気が出るようになると思うから、お試しを!
#スキン・シップにもなるし(^^;

さて、エボラ熱流行なんて話も またケムトレイルで散布かワクチン?と思うが、
東京新聞のサイトを見ていたら、こんな記事が目に留まりました。

「安易な資格 子ども危険に」
准保育士新設撤回を 保護者ら反対の意見書

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014040902000113.html
そこに書いてあるように、まず冒頭

「准保育士」という新しい資格を、政府の産業競争力会議が提案している。
(中略)
国の成長戦略を話し合う産業競争力会議の民間議員の意見として長谷川閑史・武田薬品工業社長がまとめた提言「成長戦略としての女性の活躍推進について」に盛り込まれ、先月十九日の同会議と経済財政諮問会議の合同会議に提出された。

わかりますね?
映画プロデューサーのアロン・ルーソがニック・ロックフェラーから聞いた
ウーマン・リブの話を思い出す。

小さいときから子供を公立の学校(今や保育園、プレイグループ等々)へやって政府職員に洗脳させ、男性のみならず、女性=母親も働けば、税金を市民からもっと取れるという寸法だ。その延長ですね。

"女性の活躍推進"なんて表現を使えば、如何にも「素晴らしいことだ!」と
思い込まされる人は多いだろうが、何のことはない、例によって
政府は会社」の売国詐欺師たちが、際限なく儲けを増やさなければいけないから、
やっているだけのこと。

待機児童問題解消とも謳うが、その先

保育士不足の原因は、仕事の大変さや責任の重さに見合わない低い待遇にあるとし、准保育士が代替として働けば「賃金水準はさらに下がり、ますます保育士確保は難しくなる」

賃金は飽くまで出来る限り安く抑え、しかし税金はしっかり取ると。
奴等の目的がミエミエです。

この記事で、もうひとつ注目したのが「育児経験のある先輩お母さん」に
生後5ヶ月の娘をたった一時間預けたことから心肺停止~脳死状態となり、
約3年後の去年、亡くなったという不幸な経験を持つ母親が今、裁判で係争中という話。

そこでは赤ん坊をうつぶせ寝にしていたことが原因のように書かれているのですが
ひょっとして、直前に何かワクチンでも打っていたのではなかろうか?

まぁ、以前から書いてる出産直後の(小児白血病&小児癌の元)ビタミンKのあとは
生後6ヶ月位までは、予防接種のワクチンが何もないかもしれない*けど、
なかったとしても、他に何かしらの病気でもしたときの投薬とかね。

<補足>
上の「*」前 斜字部分、とんでもないですね!
「色々増えた」とは聞いてたけど、やはり相当なもの!!
このページの「定期接種はどんなものがありますか」以下を見てもらえば
昨今は、山ほど毒を売(打)っている!!
上の記事に出ていた5ヶ月で心肺停止~脳死状態になった赤ん坊も、ワクチン被害ですよ!!
なんとか、その母親に連絡できないものかなぁ?

それに、いくら「うつぶせ寝」と言ったって、顔を真下に向けさせるなんて絶対しないし
下に書いた娘のように、顔を右か左に向けて寝るはずなので
落ち着いて考えればわかると思うけど、絶対おかしいです。

その女性に預けているときじゃなくて、自宅でこの悲劇が起きていたら
きっと、それは(下の話の米国と違って日本だから)SIDSで済まされていたことでしょう。

このブログの読者なら多分ご承知のように、
成績優秀でスポーツも万能といった優れた少女(少年も)たちが
「子宮頸癌を予防」する証明もないのに、散々喧伝されて売られている
突然の如く死亡したり、異常な症状に長年悩まされ
現代医学の治療を受けた人ほど、更にひどい目に遭わされていることを。

そして、その邪悪な毒を盛ることで儲けている人間たちが
決して、その「悲劇」と「本当の原因」とを結びつけずに犯罪を隠蔽し、
当の詐欺犯罪者たちこそが、如何様にも病気や死亡の診断書を書けるという事実を。

とにかく赤ん坊だろうと、人間が
何らの理に適った理由や原因もなく、
そんなに簡単に死ぬほどの重篤になるわけがない
のです。
(補足終わり)

赤ちゃんによって差異はあるかもしれないけれど
ウチの娘は生まれて以来うつぶせが大好きで、
いつも、日本式に座った形から上半身を前に倒して寝てる
という感じで寝てて、どう変えようと それ以外には中々ならなかった。(^^;

多分、それが母胎にいたときに一番近い体勢ですから
それで絶対的な安心感が得られたのだと思う。

そういう赤ん坊も実は結構いるんじゃないかと思うのに
「うつぶせ寝はよくない」という説(嘘)を広めて無理やり別の形に寝かせることが
赤ん坊にとって非常なストレスになっている可能性もあるんじゃないか?

と思うのですよ。

おまけに、生後一ヶ月経ったか経たない頃のことですが
私は見たのです!

うつぶせで寝ていた娘が、つまり首が右か左か
どちらか忘れたけど、どちらかに向いていた状態から
なんと自力で、寝ているまま ゆっくり頭を持ち上げ
(生後間もない赤ん坊には相当な重さだろうに!)

赤べこという張り子の人形がありますけど、
まるで、あれのように首を少し上下に揺らしながら
非常にゆっくり、ゆっくり 少しずつ、少しずつ
首を左向きから右向きへと動かし、変えていって
「丁度この辺がいい」と思うあたりで そっと布団の上に置いたのを!!


だから、この記事が書いているように
果たして、うつぶせ寝がそれほど危険なものか??
と、思うわけです。

<補足>
上の、五ヶ月の赤ちゃんを預かった女性も「うつぶせ寝が悪いとは知らなかった」
とあったが、昔はそんな嘘は必要なかったのに、ワクチン被害で突然死が増えて
それの隠蔽のために、犯罪者たちが広めたというのが当たりでしょう。

何故、そんなバカな話をみんな鵜呑みにしてきたのか?
"専門家"と信じ込まれている人間たちが主張しているからですよね。
実は、とんでもない嘘なのに。

ワクチン問題も、放射能問題も、その他携帯等の電磁波でも皆同じです。
もう、騙されるのをやめなきゃ!!
(補足終わり)

折りしも、ワクチン問題を扱っているVacTruthから、

Eight Month-Old Baby Dies Just Weeks After Hepatitis B Vaccination; His Innocent Father Is Still In Jail 20 Years Later
生後8ヶ月の赤ん坊、B型肝炎のワクチン接種後数週間で死亡
無実の父親は、20年経った今も刑務所の中

http://vactruth.com/2014/04/07/baby-dies-hep-b-vaccination/

という記事が届いた。

1994年9月25日に仕事から戻ったあと、彼女が母親や友人と外出した間、
彼女の赤ちゃんの面倒を見ててと言われたが、疲れて眠ってしまった。
彼女が戻って、「赤ちゃんは?」と。それで慌てて2階へ見に行ったら
赤ん坊は真っ青で、息をしていなかった。

やり方は知らなかったけど、必死で人工呼吸をし
警察もすっ飛んできて、警官が交代でやり、救急車で病院へ運んだが
赤ん坊は死んでしまった。

彼女ともども警察の取調べを受けた挙句に、裁判で
「怒りをコントロール出来ないという問題があった」
ということにされ、義理の息子を叩いたり、振り回して殺した
第一級殺人の罪で牢屋へ...。

彼の彼女を含め、彼の性格についての証言をした16人の証人の、
誰一人としてそんな説を支持しなかったのに。

なんとも気の毒なこの父親ブライアント・アロヨ氏は
自分の裁判で何らの証拠提出も許されず、
専門家の意見を聞くチャンスも与えられず、
唯一の証拠は、彼が自分の供述書だと信じて署名した自白書類だけだったと!

死に至る以前に何本もワクチンを打たれていた赤ちゃんは
亡くなる前からすでに調子が悪かったと書かれている。
当時赤ん坊を見ていたと思しき医師の発言も、それらを裏付けている。
#早く冤罪が晴れるといいが...

この事例のように、ワクチンや現代医学の壮大な詐欺を隠蔽するために
これまで、どれほど多くの赤ん坊や子供、大人たちが殺され、傷つけられ
SIDS(Sudden Infant Death Syndrome=乳幼児突然死症候群)なんて、
ごく普通に考えてみれば全然理屈に合わない似非名称をつけられて
片付けられてきたことか!?です。

そういえば最近、このVacTruthの別の記事
ワクチンで、まるで児童虐待したような「組織の壊血病」(出血傷か?)が出来ることがある
と書かれていた。
重金属毒で狂わされ、本当に虐待する親もいるけれど
親子を引き離したいイルミナティには大変好都合な 冤罪をでっち上げられる
ということですね。

今日たままたメルボルンで拾った無料の新聞にも、ワクチンとは関係ないが
米国で25年だったか、無実の罪で牢屋にいた51歳の男性が、やっと無罪と
わかってもらえて晴れて出所したという記事が載っていましたが、
最近の日本では、何と言っても袴田事件ですよね。

それ関連で、ケムトレイルとマラソンのブログを書いている ぱんださんが
袴田事件について/ 脱・チームロケット宣言という記事を書いていて
少しスクロールしたら、どういう訳かわからないが
こんな具合に真っ黒になって、隠されて読めない!
色々やってたら出たが、見えなかった部分は
先輩裁判官に押し切られて、無罪という心証があったのに有罪にしてしまった
と悔やみ続けてきた元裁判官の熊本典道氏のニュース記事

【再審決定、釈放】東京拘置所の職員らに付き添われ、外に出る袴田巌さん

に加えて、この事件で殺された一家で
一人生き残った長女が真犯人だったかもしれないという話が!
コピペ

エボニーエッセンスさんが、袴田事件の真犯人は長女ではないか?と記事を書いています

袴田事件「真犯人は長女」の指摘・推察点まとめ


http://ameblo.jp/eva-omega/entry-11806367067.html ←クリック
(コピペ終わり)

それが真実かどうかは わかりませんが、その直後にこのニュースがあったの
皆さん、ご存知でしたか?

「心肺停止」って、(福島・瓦礫焼却等)放射能による突然死の可能性もあり?と思うが
何しろ、このタイミング!!

真犯人であろうとなかろうと、何かを知っていた可能性があるわけで
袴田氏の冤罪が晴れた(と言っていいでしょ)今、
彼女に生きていられちゃ困る人間がいた可能性も高いですよね。

しかし ワクチン被害も悲惨だが、
冤罪も、実に悲惨だ。



★転送・転載の際は、この記事のURLを必ず入れてください。
後日手直しすることがあるので、全文転載はご遠慮戴きます。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓をよろしく!
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。
人気ブログランキングへ

7 comments:

  1. あえて言いますが、保育士の給料を上げたら、保育所などが値上げする事になり、低収入では保育所へ預ける事は難しくなります。介護士も同様に、給料を上げて老人ホームが高くなるのでは困りものです。

    ReplyDelete
    Replies
    1. romyayoiさん、

      本当に正しい政治が行われる社会であれば、そのような値上げがあったとしても問題なく支払えるだけの給料を、庶民が当然のごとく貰えているはずです。乃至は、その分、または全額を国が税金から賄うとかね。

      すべて我々庶民が支払わされ、似非権力者やその裏にいる超・大金持ち連中が更に超え太るように仕組まれている。

      だから、この世を現在のような形に何十年、または何世紀もかけて作ってきた極悪犯罪者集団の手先と化した「政府は会社」の売国詐欺師たちのシステムを潰して、やり直すしかないのですよ。

      Delete
  2. こんばんは。突然失礼いたします。妹が激しい育児生活の末、とうとう腱鞘炎になり痛みに耐えかねて泣いています。なにか効果的な治療法などご存知でしたら教えていただけませんか?よろしくお願いしいます。 p.s  我慢しきれず病院に行った結果、案の定シップ薬の処方のみで帰されたそうです。

    ReplyDelete
    Replies
    1. あと、今は無理でしょうが
      痛みがなくなったあとは、日頃から適度な運動をするのも大事でしょうね。

      って、私自身耳が痛い話ですが><
      体にいい運動と、ミトコンドリアの関係も
      今後もっと調べなきゃ!と思ってる課題のひとつです。

      Delete
  3. Anonymousさん、

    妹さん、大変お気の毒です。
    私も昔ギターで腱鞘炎、ストレスの多いコンピューターを使った仕事で頚肩腕(けいけんわん)症候群、子育て中はCarpal tunnel syndrome(手根管症候群)をやって散々悲惨な思いをしましたので、よくわかります。

    当時は現代医学に騙されたままだったので医者に行き、妹さんと同様に湿布薬を出された程度で到底治らず。その湿布薬も、過去に私は相当使ってしまいましたが、新潟大の安保徹医師の『薬をやめると病気は治る』冒頭には貼り薬を使ってると別の病気になると出ていましたから、なるべく使わない方がよさそうです。

    鍼治療(と気功のマッサージ)に行ったりもしましたが、それですぐ治るわけもなく。やはり、「不可能だ!」と思われるでしょうが、まず「使わないようにすること」が肝心ですね。

    お姉さんや親御さんが多少なりとも近くにいて少しでもヘルプできればよいが、また妹さんのご主人にも出来るだけ助けてもらうような体勢をとる努力をしてください。

    あと「腱鞘炎」という名称でわかるように「炎症」なわけですから、これはアメリカのHPVワクチン被害者のお母さんから聞いたのですが、「炎症にはビタミンK2がいい!」と。それを調べたら、Dr. マーコラが「納豆に多い」と言っていた。

    通常なら一日15g食べれば必要量が摂れるとあったので、妹さんがお嫌いでなければ、GMや放射能(産地チェック)を避けて、卵と(油脂分と一緒に摂るのがいいそうです)。他にはエダム・チーズとゴーダ・チーズにも多いようですので、可能ならオーガニックを探して。ウチでは中々なので、普通のエダムやゴーダで済ませてますが。(^^;

    他に英語でちょっと見たら、ナチュラル・ニュースのページでまず目に付いたのは、以前も痛み止め関連で記事に書いたカナビス=大麻だけど、これは入手できない!
    #極悪犯罪者が世界を支配してるから。

    お次に目に付いたのは「ブロマラン(bromelain 日本語読みは「ブロメライン」で定着しちゃった模様)が効く!と。
    http://www.naturalnews.com/039123_bromelain_anti-inflammatory_enzyme.html

    パイナップルに多く含まれているそうですが、熱処理されるとダメだから、缶詰パインでは効果ない由。どこかで生のパイナップル、手に入りますか?

    他に痛み止めとして、以前やはりHPVワクチン被害者宛ての記事に書いたターメリック(に入っているカークミン=ウコン)や、マグネシウム、ビタミンD(なるべく午前中早めの太陽光に肌を出して、表面がちょっとピンクになったかな?位まで当たるとよい)等も。心臓発作までやったおじいさんを改善させたカイエンヌ・ペパー(小さじ一杯ほどを水に溶いて飲む。すきっ腹はダメよ!)も血流をよくする(循環器系にいい)ので、痛み・炎症に効果あると思います。

    他に思い出すのは、ウチにも友人から貰ったのがあったけど、ケムトレイルでイチゴやイラクサ(お茶にして飲んでた)と同様やられてしまった、カンフリー! 日本語表記は「コンフリー」かな(=ヒレハリソウ)。湿布薬にも入ってると思うが、それの葉っぱを直接(強過ぎたか、発疹が出たけど)またはガーゼなどを間に敷いて貼ったり、少し刻んだのを乗せたりしてラップしたこともあります。これも入手は困難か...。

    あと基本的に砂糖類はとらない、塩や醤油はいい製品を。
    小麦も疲れさせるから減らすという、HPVワクチン被害者のたこりんさん
    http://ameblo.jp/iktatako/entry-11817674664.html
    が書いている糖質制限も、一般的な話としても要注目かもしれません。

    私もリンク(右上)している夏井医師の関連ページ
    http://www.wound-treatment.jp/next/essay/sugar-1.htm
    関連で、こんな記事も
    http://shuchi.php.co.jp/article/1559

    以上、参考になれば幸いです。
    妹さん、少しでも早く よくなりますように!
    お大事に。(^^)

    ReplyDelete
    Replies
    1. とても丁寧な説明、沢山の情報を感謝いたします。さっそくいただいたもの全てを妹に伝えました。どうもありがとうございました。遠くに住んでいて何も手助けできない身がとても悔やまれますが、来月にでも長期の休みをとって会いに行こうと思っています。どうぞお体大切に、素晴らしいブログをいつまでも続けて下さい。いつも楽しみにしています!

      Delete
  4. Anonymousさん、

    お返事と応援、ありがとうございます。

    遠くにいらっしゃるんですね。
    それではそんなに簡単にヘルプに~なんて。><
    でも、お休みとって会いにいらっしゃるのもだけど、お姉さまがこうして心配してくださっていること自体、妹さんの大きな励ましになると思います。なるべく頻繁に様子見の声がけをしてさしあげてください。

    どうぞ、お大事に!

    ReplyDelete