Monday, April 7, 2014

日本薬剤師会会長が決意の告白「患者よ、クスリを捨てなさい」――待ちに待った、一大革命の始まりか!?

HPVV(子宮頸癌"毒入り"ワクチン)被害者のお母さんのブログで、知りました。
週刊現代に、なんと表題の記事が載ってると!!
日本薬剤師会会長が決意の告白「患者よ、クスリを捨てなさい」
【大特集 病気はクスリでつくられる】

http://wgen.kodansha.ne.jp/archives/5281/

ネットでみつけた当該ページの画像、
関連で、
特効薬の販売で、「うつ病」患者が2倍に増えた!
【大特集 病気はクスリでつくられる】

http://wgen.kodansha.ne.jp/archives/5267/

という記事も載っていた模様。先週発売の2014/04/05発売号
すでに読んだ人も多いでしょうが、海外在住は情報が遅いのだ。
誰か、スキャンして送ってくれないかなぁ?(^^;

お母さんブログが述べていた「しらくもさんのブログ」にあった記述は
↓コピペ

小山田 知美さんFBより
https://www.facebook.com/tomomi.oyamada.75

3月30日.

昨日の講演にて、日本薬剤師会トップがついに本音をしゃべった!と聞いたので、
早速「週刊現代」買ってみました。

以下、一部抜粋です。

~日本薬剤師会会長が決意の告白~

患者よ、クスリを捨てなさい

現代の西洋医学におけるクスリというのは、人工的に作られた化学化合物質ですから、身体の中にもともと存在しないものであり、「毒」と言ってもいい。できれば飲まないほうが良いものです。

人間は高等生物ですから、異物が体内に入ってくれば、それを排除して体調を整えようとして、さまざまな反応を起こします。

これと同じように、クスリも人体にとっては異物であるため、体内に入るとさまざまな防御反応が現れます。

「病気を治せないクスリ」もあるということです。風邪薬や、高血圧、糖尿病といった生活習慣病のクスリなどが代表的ですが、これらは症状を抑えるものであって、病気を治すクスリではありません。

発熱しているということは、まさにいま体の中で異物を排除するために防御反応が起こっているということ。その反応を無理に抑えてしまうと、逆に治りが遅くなってしまう可能性もあります。

また、解熱剤と同様にロキソニンなどの鎮痛剤も、痛みは抑えられても、痛みの原因を取り除けるわけではないですし、長く飲み続ける性格のものではありません。日本では抗生物質の消費量も他国に比べて多いようですが、投与を続けることで、耐性ができ、肝心なときに効かなくなってしまうこともあるのです。
https://scontent-b.xx.fbcdn.net/hphotos-frc1/t1.0-9/p480x480/485533_283490201806389_963743866_n.jpg
(コピペ終わり)

ブログでも、ツィッターでも散々訴えてきたとおり!
これと「政府は会社」重金属毒問題を和英両方で書いてたから
永久追放されたんだけど>ツィッター!

イルミナティの内部告発者が教えてくれたとおりなのです。


とにかくこの告白が、ワクチンを含む現代医学という、
長年にわたり世界中で展開されてきた壮大な詐欺を覆す
革命の始まりと思いたい!!

皆さん、なんとか記事を入手して 周囲の人々に広めてください。
もう、いい加減 みんなで洗脳から目覚めるべきときです!!


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

2 comments:

  1. 個人的には、なら偏頭痛などのメカニズムを徹底的に解明して
    そうならないソリューションを確立してくださいよ、って言いたくなりますね
    あなたはありとあらゆる痛みや苦しみを対処療法なしで耐えてきたのですか?とも問いたいです
    薬だろうが何だろうが物は使いようです
    薬の出しすぎはそりゃよくないですけど、こういう現在ある医学を否定するだけしてほったらかしみたいな人こそ詐欺師です

    ReplyDelete
    Replies
    1. こちらも亀レスですが、「確立してください」という相手は、本来人々の健康を守るために働いているはずの医師や科学者ですよね。彼等が本当のことを言わないように"教育"=洗脳されてきたから、今の世があるわけです。

      「物は使いよう」であろうと&末端は知らずとも、意図的に人々に毒を売りつけるシステムを是正していかなければいけないのは明白。ほったらかしと仰るが、英語で見ていても また日本語でも、代替の治療法は多く出てきています。なかには、そこでも儲け主義なのもあるけれど、そこは消費者・患者の側も「真実を見抜く目」を鍛えて、対処していくべきでしょう。

      Delete