Thursday, November 6, 2014

メルボルンカップで本命馬だったアドマイヤ ラクティ(Admire Rakti、牡6)の死因は、ホントに急性心不全?

競馬ファンでも何でもないのですが、先日のメルボルン・カップ当日は
たまたまメルボルンにいて、丁度あと40分ほどで、CBD(街の中心部)で
記念のパレードが始まるというのに、連れの娘は「興味ない、見たくない」と言うので
代わり(?)にジブリの「かぐや姫」映画を観に行きました。

そんな調子で、おまけにテレビも観ないから この本命馬
★各画像は右クリックして別のタブに開け、そこで画像をクリックすると、まともに拡大されます。

の死を知ったのは、ネットのニュース記事。

アドマイヤラクティの死因は急性心不全、むち禁止を求める声も
AFP=時事 11月5日(水)15時49分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141105-00000034-jij_afp-spo

そこに、

競走馬保護連合(Coalition for the Protection of Racehorses)は、競走馬は無理強いをさせられすぎているとし、騎手によるむちの使用禁止を求めている

という記述がありましたが、何か変じゃないですか?
すぐさまアニマル・ライツの(動物の権利を主張する)人々が
フレミントン競馬場前で抗議する手際よさ!
こうした、一見正しい主張をしている左派活動家に工作員が多い点も注意


確かに、動物愛護の観点からすると競走馬が鞭で撃たれるのは可哀想だ
となるでしょうけど、昔からやってたんですよね それって。
#「昔からやってたんだから、正当化される」という意味じゃない。念の為

なのに、それが急に
similar to a heart attack
「心臓発作みたいな」症状で死ぬ?


Video: Racing Victoria's chief steward Terry Bailey says Admire Rakti was 'fit as a fiddle' (ABC News)

レーシング・ヴィクトリア(ヴィクトリア州の競馬運営会社)の主任管理者
テリー・ベイリーも、アドマイヤ ラクティは非常に元気だったと言っている。


事前に何らの不調も見られなかったということですよね、それが突然死。
まるで乳幼児突然死症候群(原因はワクチン、予防接種!)みたいな。

遅れてビリで走り終えたあと馬小屋(「馬房」と言うのかな?)で倒れるアドマイヤ ラクティ↓

この記事には

About 40 of its members protested at Flemington in the aftermath of race seven with one of the members capturing the moment Admire Rakti collapsed in the stalls on video.

フレミントン競馬場で抗議した40人の内の一人が
馬小屋でアドマイヤ ラクティが倒れる瞬間をビデオで捉えた


と書かれているので、上はそのビデオかもしれません。
それも、色々なヤラセ事件で見られる 大変好都合にも
「カメラがしっかり用意され、撮影されていた」感じ
です。
だって、そんな馬小屋周辺は関係者以外立ち入り禁止ではないの?

温暖化人為説の嘘でも見られたが、善意から発した抗議と見えて
その実、詐欺犯罪者の共謀というケースがある。それに、オーストラリアの文化って
英国や米国から入ったものしかないみたいだけど、「独自の文化を破壊する」
というイルミナティの動きと連動しているようにも見受けられます。

今回のメルボルン・カップは よほど祟られたのか?
同レースで7位になったアラルドという競走馬が、これまた退場時に
誰かが振っていた旗に驚いて足を折り、のちに安楽死させられた

それを受けて、こうしたイベントに大きな旗を持ち込むことへの批判も出ている模様。
どうも、なんか臭います。

とにかく そこで、すぐ思い出したのが

動画のタイトルに「1975年」とある、当時のCIA長官ウィリアム・コルビーが
証言への報復か、彼は後年謎の死を遂げている

米議会の調査会で証言した話。例の、それが使われて多くが殺されている
氷の弾丸で、人間を心臓発作の症状で殺せる武器」です。

人間を殺せるなら、馬だって殺せるのではないか?
小さな弾痕が残るかもしれないが、弾丸は溶けちゃうからバレない。
おまけに、このような症状で競走馬が突然死する確率は0.007%だというけど

Racing Victoria's Head of Veterinary and Equine Welfare Brian Stewart said Admire Rakti suffered sudden death syndrome which occurs in just 0.007 per cent of racehorses.

それが、メルボルン・カップという著名な大レースで
本命だった、日本の競走馬が突然死する
となったら、その確率はもっと ずっと低くなるのではないか?

日本人なんて、アジアの猿ですし
日本に勝たせたくない白豪主義というか、人種差別主義者の犯罪人なんて
この国にもゴロゴロいるだろう。何しろイルミナティの中枢国家だし
本命馬がこんなことになって、当然 相当儲けた人間も出ただろうし
#何せ、競馬って「賭けごと」ですから。

とにかく馬主さんに私の見解をお伝えしたいと思って
同氏が会長をしてらっしゃる会社に、国際電話を入れました。
電話に出た女性は話を聞いてくれたけど、会長さんが滞在しているメルボルンのホテルも
「教えるわけにはいかない」し(まぁ、わかるけど)、「今、不在」の担当の方の名前も
電話を受けて私と話した彼女の名前すら教えてもらえませんでした。
#私の名前は聞かれて、ちゃんと名乗ったけど

ネット上で、検死を10日ほどしっかりやってから火葬にする
と出ていたのですが、「もう火葬にされたようだ」と言われて おしまい。

ひょっとしたら、まだ間に合うかもしれないし「今日中にこの情報を会長さんに伝えてほしい」
と頼んだけど、それも「お約束できない」で終わり。(-_-;
もし、オーナーが10日ほどかけてやろうとしたものが短期で終わらされたなら
証拠隠滅を急いだ結果かもしれない。

本当に間に合わなかったのかもしれないが、毒物の専門家も入れて みっちり調べれば
何かわかったかもしれないのに、大変残念でした。
政府は会社とか、この世には嘘が多いことも伝えたけどね

巷では、
「来年のメルボルン・カップで人気が出る馬はきっと"any horse to die" 死ぬ馬だろう」
なんてツィートまで出てるようで、いやはや...

あれれ?
詐欺師きくちゆみのことを書いたら、私を彼の掲示板から追放した東海アマさんが

2011年9月 フクイチ事故による放射能汚染も生々しい時期、宮城県亘理郡から福島県天栄村ノーザンファームに移動した なるほど急性心不全を起こすわけだ

書いてたけど 福島県天栄村って、福一から相当距離がありそうだし
同じ福島県だから と言って、放射能汚染レベルがどれほどかは わかりません。
それに、先月のコールフィールドで優勝したときは平気だったわけだし
その後も別段不調など見られなかったことからも、その説はイマイチ説得力に欠けると思う。

しかし馬主さんに伝言もしてもらえず、そういう疑いを基にした検死も不可能では
真相は、多分殺された(?)アドマイヤ ラクティのみぞ知る!ですね。


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

No comments:

Post a Comment