Friday, December 12, 2014

日本人は、もっと本気出して怒るべき~ケント・ギルバートの日本擁護~承認されないコメント~投票日も間近で...

ツィッターなどで当ブログ記事を紹介して戴いたり
2ちゃんでも、たまに私の記事URLが出されたりしているようですが
そういうところから飛んでくる方が開けるURLには
何故か、余分なものがついていることに気づきました。

本来はクリックすれば そこに表示されているとおりのURLを開けるはずだが
http://insidejobjp.blogspot.com.au/search?q=%E5%B0%8F%E6%B2%A2
前回の記事を開けるにしても、表示されている文字列↓には出ていないが
http://insidejobjp.blogspot.com/2014/12/2.html
クリックすると、URLの最後に "?m=1"という余分なコードがついていて、それを開けると
上のように、トップ=タイトルのリンクは生きているが(クリックできる)
その記事の本文だけが大きく表示されて、右側についている
他の色々な記事へのリンクが全然出ない!
「たくさん読まれては困るから」ゆえの妨害と思いますが
敵も色々考えるものですね。

それからYahoo!を開けて色んなニュースを読むのは便利だが
Yahoo!だと、ちょっと時間がたつと消えちゃいますよね。
あれも、元記事のURLなど控えられないようにしてるのかな?
なんて、思ってしまいます。
因みに、そこでみつけて元記事を探した

本当は「平均90万円」 厚遇ひた隠す公務員ボーナスの実態
2014年12月10日
http://nikkan-gendai.com/articles/view/life/155637

なんて話は、本当に許しがたい!!
日本国民は、もっと怒って然るべき
であります。

反面、元記事に行くと そこで「登録」していなければ読めないが
Yahoo!だと全文読めるというケースもたまにはあるようです。

<抗がん剤>「ジェブタナ」投与後に5人死亡 副作用の疑い
毎日新聞 12月10日(水)20時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141210-00000083-mai-soci

200人が使って5人死亡となれば、2.5%の確率で殺されるわけだし
通常は関連を絶対に認めない連中が

副作用の疑いがある

と言ってるわけですから、関連を認めて貰えないが
これで殺された人は他にもいるでしょうね。

製薬会社「サノフィ」といえば、フランスで例の子宮頸癌インチキ
嘘だらけ毒ワクチンを売っているのはサノフィ・パスツール。
おぞましい限り。

前にも紹介したかもしれないが、癌に関しては

がんは感謝すべき細胞です。
http://plaza.rakuten.co.jp/kennkoukamukamu/

を読んでみてくださいね。
まだアメリカの白人警官 vs 黒人関連話の続きもあるんだけど、今日は...

ネットであちこち見ていたときに出くわしたサイトで紹介されていた
ケント・ギルバートが訳したアメリカのジャーナリストの文、

2014-11-29 18:33:33
マイケル・ヨン氏の記事の日本語訳(二カ国語)
http://ameblo.jp/workingkent/entry-11958461771.html

ブログをアップした時間がなんとも言えませんw →18:33:33
中身は、各自開けてお読みください。
まぁ、言えてるかと思うけど 色々「?」と思うことも。

まず、

He first visited Japan in 1971 as a Mormon missionary. After returning to the United States, he received a law degree (LL.D.) as well as an MBA from Brigham Young University.

ユタのブリガム・ヤング出身モルモン教徒のケント・ギルバートが
さすが、年取ったね(^^;

いつからか知らないが、何故日本の弁護をやってるの?

ブリガム・ヤングといえば、ここで書いたけど、
9/11の真相究明家を演じてた教授もいましたよね。
おまけにギルバート氏、日本ではタレント以前は弁護士として知られていたと思うが
なんと英語のウィキペディアでは
American actor working in Japan
と、「俳優」がメインに来ている。(@_@;

興味深いのが、彼の誕生日。
1952年5月25日だそうで、西暦の「19」を取って書けば
52 5 25
で、パリンドロウム!

それから、この記事を書いたヨン氏の方だけど
ケントがリンクしていたウィキペディアを開けても経歴など
大して出ていない。しかも、
He killed a man in a bar room fight in Ocean City, Maryland in the 1980s; criminal charges were filed but later dropped.[2]

「1980年代にメリーランド州オーシャン・シティーの酒場で、人を殺して
刑事訴訟を起こされたがのちに取り下げられた」とある。
何故、無罪放免になったのかな?
ウィルソンのように、正当防衛だったか?

その[2]にあるリンクを開けたのが、このLA Timesの記事
確かに、
「かつて酒場での喧嘩で、男性を殺したことのある独学の従軍記者」
とあります。独学で戦場ジャーナリストになって、それ以前に軍隊にもいたけど
米軍にくっついてイラクなど取材し、ウェブでブログで記事書いて
有名になった?
#なんか臭いですね。

これも、よく見られるパターンだけど
本当の話を追求する人間が、実は向こう側って。

在特会なども、その一例と思うけど 本当に問題である事態を扱う団体、組織、個人が
実はあちら側だと、そこに集まる人々を監視できるし、9/11関連シドニーの工作員
ジョン・バーシルのように、皆からの信頼を集めたうえで誤情報を流して
グループを分裂させたりできる。そしてケムトレイルや政府は会社など
根幹の問題には絶対に触れないし、彼等を信頼する人々もそっちに目が
行かないように誤誘導するわけです。
#ケントも、それをやってるのではないか?

もうひとつ不自然なのは、慰安婦問題では完全に日本の味方(?)の
ケント・ギルバートだけど、ことホロコーストとなると(疑問は色々あるのに)
ナチスによってユダヤ人虐殺が行われたことは歴史的真実であり、十分な証拠がある

と、有無を言わさない。
まさに、上の私の見方どおりって感じですよね。

ブログのコメント欄に政府は会社ですよ!とでも書こうかと思ったが
承認制と出ていたので、やめました。
承認されるわけがないよね。

関連で読んだこの記事はおもしろかったけど

テキサス親父、米市議会で韓国系に反撃「米軍慰安婦像を設置したらどうか」
(1/3ページ)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141023/dms1410231830015-n1.htm

この人は本当の本物かどうかは存じませんケド。(^^;
そして、承認されないといえば、こちらも

2014.12.09
WHOが子宮頸がんガイドラインを改訂、子宮頸がんワクチンで
北九州市に対し賠償命じる判決も

http://lawyer-koga.cocolog-nifty.com/fukuoka/2014/12/who-6914.html

そこに、

3cm違おうが、そんなことが原因ではない。
関節炎の原因は、「子宮頸癌の原因」から色々と嘘ついて
税金使って高額で売っている毒ワクチンのせいです。

3回を2回に減らそうと、毒を入れられることに変わりはないのだから
それで被害がなくなるわけがない!

アメリカの証券取引委員会に「会社」として登録されている
「日本政府」という会社(=極悪売国詐欺!!)が邪悪な製薬会社と
一緒になって、国民の命や生活をメチャメチャにしてるのに、
意図的に隠蔽・見えにくくされた事実を公表して被害者たちを
本気で助けようとする人間がほとんどいない現状が嘆かわしいですね。

これは承認制かな?
としたら、ちゃんと承認されるかな?


と、コメントを書いたのですが
(日時は0:18am 12月11日)

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

と出て、おしまいでした。
それから、ワクチン&現代医学&癌治療詐欺でも頑張っている
船瀬俊介さんにもメッセージを送ってみたんだけど
一部↓

「不正選挙」どころか、選挙自体が何らの権限もない売国役者たちによって行われている茶番であることを、もっと多くに知らせ、私たちの持っている力を渡さないことこそが、奴等が強大な権力を持って我々への犯罪を犯し続けている状況を変える唯一の道と存じます。

それから以前、船瀬さんも面識があった(と彼女が書いていた)「きくちゆみ」という平和活動家、真相究明家はとんだ詐欺師でしたので
http://insidejobjp.blogspot.com/2012/01/ny-times.html

それも一応お知らせしておきます。

今後も騙され続けて被害に遭う人を減らすため、
ご活躍ください。私も頑張ります。

千早

(日時は12月5日の、午後1時過ぎ)

こちらも

お問合せ、誠にありがとうございます。
一両日中に担当者より、ご返信いたします。今しばらくお待ち下さい。


と出たけど、返信はなしでしたね。
近い将来、政府は会社を暴いてくれるでしょうか?

亀井静香から返事をもらったという人もいましたが
そこのコメントに書いたけど、彼もNWO議員ですし...

それから投票日も間近で、
「拡散してください」というメールが来ました。
ご本人には不本意だろうが、一部転載すると

選挙に行きましょう。わたしたちのくにを変えられるのはわたしたちだけです。わたしたちのくにを、わたしたちのための政治(運営)をするようにさせられるとしたら、それが出来るのはわたしたち日本人だけです。当たり前の話ですが、わたしたちのためのものとは違う、利益、目的に基づいた発想、意図による、いかなるものも本当にわたしたちを守り豊かにすることはあり得ないのです。刻一刻悪くなってゆく様々な現実的な状況は、果たしてわたしたちが望んだことでしたか。違うと思います。真逆でしょう。ではなぜこうなっていますか。なになにのせいで仕方ないのですか。世界には、もっと困窮したり問題を抱えていたりしながらも、人々が安らかに暮らしていたり、自分たちの生活を自分たちで守っているところがたくさんあります。なぜ『優秀な』日本人にそれが出来ないのですか? たくさんの無駄とゴミ、殺生をし続けながら。なぜこんなひどい有り様なのですか?
(中略)
不正選挙の事実をおいておいても 選挙が根底からいかさまであり民主主義が完全な茶番であった事実をおいておいても、今回の選挙をよく見てください。おかしなことに気がつかない人しかもういないのであれば、わたしたちは全員でそのような未来へ道連れですね
(後略)

飛ばしたところには不正選挙のことが多く書かれていましたが
私は、不正選挙以前に政府は会社売国詐欺師の無効な選挙
と言っているので、ちょっとスタンスが違いますね。
#熱い思いは理解するけど

それに、私の訴える平和的革命、私たちの力を奴等に渡さない
という方法も、人数がなければ功を奏さないわけですから
まだまだ当分、世の中は悪化の一途をたどるんだろうな
と思います。

あまりにも、目覚めていない
色々と深刻な案件を「問題」とも思っていない人間が多いから。
子宮頸癌ワクチンをはじめとするワクチン・現代医学詐欺に遭いながら、引き続き
その詐欺の手先にされている人々を信頼しきっている被害者たちのように...

豪州でも売国詐欺芝居の点ではまったく同じなんだけど
何度も書いてる通り、政府は会社に気づいてる人も多いというか増えている。
双子みたいだと。左は豪首相、ローズ・スカラーのアボット

騙され続けて、もっと悲惨になるまで
多くは昏睡状態を続けるのか......?


下らないのだけど、気分を明るくするために
娘が(リンクを)送ってきた映像を載せておきます。
ま、たまには こんなのも。(^^;




全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

2 comments:

  1. はじめまして。
    私のブログに、こちらはのリンクをつけさせていただきましたが、差支えないでしょうか?
    闇の組織のことは、以前から聞いていたとはいえ、人工地震とは驚きました。
    周囲に伝えようとするも、娘からは「知りたくない!」など言われました。
    それでも、子宮頸がんワクチンの危険は、何と言われようと拡散いたします。中学1・2年とは接点があるので、取りあえずそこから頑張りたいと思います。

    ReplyDelete
    Replies
    1. mayflowerさん、

      コメント、ありがとうございます。
      はい、リンクは結構ですよ。というか、ありがたいです。(^^)

      闇の組織も人工地震も、「そんなバカな!」で済ませてしまう人間があまりにも多いが、本当にいい加減「何が起きているのか」に気づかないと。売国詐欺役者たちは早晩、アメリカに巣食っている邪悪な者どもの命令で、日本を「戦争ができる国」にする予定ですし。

      お嬢さんが色々「知りたくない」と仰るのも、無理はないです。怖すぎるからね、現実を直視するのは。そういう人々との遭遇、私はもう十数年経験してきたことですが、「何かおかしい」と察知して、ケムトレイルはおろか「政府は会社」の売国詐欺を話しても即理解する人間も増えています。

      ワクチンの危険について、情報拡散よろしくお願いしますね。
      被害も愚民化も、なんとか抑えたいです。
      頑張りましょう!(^^)

      Delete