Wednesday, January 21, 2015

パリのテロはフランスの国連決議への報復? 「これはイルミナティの犯行だ」と、仏大統領TVで発言!!~あちこちのテロは、去年のG20で決めた計画か?

Government of Australia(今は亡き、本当の豪州政府)ではない
Australian Government(この微妙な違いw、後者は政府は会社
オーストラリアのCoat of Arms(国家の紋章)は、米国で登録された
オーストラリアという名前の「会社」の登録商標!!

からウチに封筒が来たので、何かと思ったら大腸癌検査のお知らせ。
例の「早期発見、早期治療」ビジネスのセールス・トーク。

調子が悪い(=免疫力低下)ときにストレスが多いなどの条件が重なれば誰でも
癌細胞が出来るだろうし、そのとき気をつけて「養生」まで行かなくても、色々注意して
正しい「食」を含む生活をすれば治ってしまうだろうに、チョコッと出来たところを
捕まえて(=早期発見)、癌治療で儲けて悪化させ、殺そう(=早期治療)
というのが
奴等のシナリオ。

医者だった父も、「人間誰でも、年を取ってくると癌を持ってるもんなんだ」
と言っていたけど、近年では日頃から警告している携帯、ハンド・フリー電話機、
電子レンジに WiFi(無線LAN。それ用の衛星も飛ばしていると聞いたし)、
スマート・メーター(私の耳鳴りの原因!)に加えて、使ってもいない人まで
毎日zapされてるGPS等々からの電磁波や、飲料・食品からケムトレイルに至る
無数の毒を毎日飲み・食べ・吸わされていたら、若くても癌になるのは当たり前!

おまけに出産直後に投与される人工のビタミンKが、近年の小児癌・小児白血病の
急増の本当の原因だ
なんて、どこの医者も考えてないか、極力触れないようにしている
世の中ですからね。

ワクチン詐欺現代医学詐欺ビジネスでも、自ら進んで毒を買いたがる人が多いようで、情けない。そして上から言われることを鵜呑みにする人たちのなかから こういう悲惨な被害が出るんでしょう。
★各画像は右クリックして別のタブに開け、そこで画像をクリックすると、まともに拡大

40代の看護師が、そんなに簡単に死ぬはずないですよね。
インフルエンザで死ぬなんて、本当に免疫などの弱ったお年寄りと相場が決まっている。ツィッターのどこかで、インフルの脳症が激増しているという話を見かけたけど、
「それが何故起きているのか?」を考えなきゃ!(>_<)

それに近頃の日本では、殊にインフルエンザが 「どえらい脅威!」みたいなプロパガンダが横行している気配ですけど、それでワクチン(=毒)買って殺されてたら、たまったものでは
ない!って気づかなきゃ。

先日もビーチからの帰り、空港で話した「日本から観光だ」という一家の若いお母さんにも
「予防接種とか、打たないで!」って話をしたけど、それより随分前メルボルンで買い物中に
出会ったお母さんには、彼女のお婆さんが薬を飲まない人だったからと、即理解された。
周囲にそうやって、起きていること(現実)をよ~く観察し、自分の頭で考える人がいれば
簡単に洗脳されない人間になれるだろうけど(そうなる確率は高いでしょう)、周囲もみんな
愚民化されてたりしたら、そこできっと大きな差が出るでしょうね。

前回書いた詐欺師きくちゆみも、「素晴らしい活躍をしている」「福島の子供たちをハワイに疎開させているんだから、寄付すべき」と思い込んでいる人がまだ相当いるんだろうけど、
私なら、過去に詐欺を働き、今もそれ関連で平気で嘘を書いている女に寄付して
1,000万円で年間最高116人を保養(何日間?)させるより
賛同人のなかには私が「?」をつける人間が若干見受けられるものの
チェルノブイリ時代から活動してきて実績もある(第1次から第13次=2012年7月から2013年7月の数字で見て、子供を415人も沖縄に保養に送った)、写真家の広河隆一さんが理事長をなさっている

沖縄・球美の里
http://kuminosato.net/

か、そこへも支援している

未来の福島こども基金
http://fukushimachildrensfund.org/

に寄付したいですね。
しかし、上の計算で行くと詐欺師きくちの「保養」では何日間の滞在か知らないけど、

必要な資金(おそらく400万円ぐらい)

を、たとえば年間子供を100人送れたとすると
400万÷100=4万円 一人当たり4万円かかるってことか。
私の記憶が確かならば、球美の里では子供一人につき一日1,000円と書いてあったから、
10日いたとしても1万円ですよね。

維持費の240万円

も入れた640万円で計算すれば、子供一人当たり6万4,000円かかるってこと。

そういう計算もせずに、善意の人々が寄付するんでしょうけど...
加えて詐欺師きくちゆみと亭主の森田玄一家の「おいしい生活」に使われる可能性が
あっても福島の子供たちを疎開させたいと思う人は寄付しても構わないと思いますが、
過去の事実を知らずに"貢献させられる"人がいるなら、それはやはり残念なことです。

ところで、前回記事の最後につけた
と同じ数字の羅列(「11」が5回)を、
ツィッターで相互フォローしていたネズミさんが出していたけど
何か関係があるかな?
また、動画は観てないけど、そこの画像の下にある文言は笑える!
そして、この"バカ死ね"の発言はいつのものか知らないけど
「農業をバカにしている!」って批判は御意!!と思います。

さて、前置きはそのくらいにして(^^;
近頃あちこちで「テロ」が多いですよね。
まぁ、政府は会社やマスゴミ、駄メディアが騒ぐ事件はヤラセと相場が決まっている
のだが、
今回の休暇先で再会した友人(所謂、左派系&活動家系)も
「宗教で狂って凶悪な事件を起こす人間はいるのよ!」って主張で。(>_<)

政府は会社の証拠を見せても、まさに「我が目を疑う」というより
「我が目を疑ったまま」で真に受けない印象で、本当に左派は誤誘導されまくりだなと。
#かく言う私も、左派系から出発して ここまで来たんだけど

これは去年9月13日付けの記事ですが
その前日に豪州首相(=ローズ・スカラー&雇われ会社社長)のアボットがASIO(豪州のFBI)や連邦警察のトップと一緒に記者会見して、「テロ警戒レベルを上げる」と発表したが、
そんな脅威がどこにある? アボット自身、「直近のテロの可能性があるわけじゃないが」
なんて言ってるのに。

おまけに、そんなことを公表して「テロ」の犯人たちに「警戒を強めるぞ」って
教える必要がどこにある? こんなのは単なる選挙前の政治的な宣伝で、
発表を聞いた国民の反応がどんなか様子を見るためのものだろう。

9/11の直後には「中東系の怪しい人物」がそこら中にいたし、どこが狙われるかとか
「ボート・ピープルが、そうしたテロの犯人になる」なんて脅威をメディアが煽っていた。
今回も、そんな発表で脅されて人々が日常生活を見直して お出かけも控えるなんてことは
あり得ないが、大きなスポーツ・イベント等のセキュリティーが9/11後に強化されたのは
誰でも知っている。

こんなドラマチックな発表なんぞするのは、オーストラリア人のなかに不要な
恐怖心を持たせて(互いが)監視する社会みたいな方向に持って行きたいんだろう

というようなことが書かれていますけど、ホントですよね。
そこへ、私も去年記事にしたメルボルンでのテロ騒ぎとか
あれ以降もメルボルンで事件は起きてるし(イランだかシリア系が犯人とw)
日本でも報じられたと思うが、先月(去年12月)のシドニーのカフェでの事件とか、
豪州国内でも何やら仕組んでるな!って感じ。
そこへ、新年早々パリの事件が起きて
もうハナからヤラセ!!と思ってる私は細かく見てもいなかったのだが
モスリムを怒らせるような風刺漫画を出していたシャルリ・エブドが、実は
モサド要員のアブ・バクル・アルバグダディ(別名サイモン・エリオット)を揶揄したのと
フランスの国会議員がパレスチナ支持
フランスが国連でイスラエルに反対する決議に賛成票を投じたことへの報復だ
という説が出ています。
フランス政府も「会社」にされてるんだけどね。

その国連決議、ちょっと前だから出ないのか
「国連 パレスチナ決議 フランスが」で検索してすぐ出たのは、赤旗の記事
紙面画像もみつけました。
賛成しそうなフランスに「それは重大な間違いだぞ!」と警告してたネタニエフ(去年11月)
は、今回の事件のあとに売国奴 安倍に
日本もテロに巻き込まれるぞ!と脅したらしいが
一票足りずに通らなかった決議、エルサレム・ポスト
イスラエルが賛成票を入れたフランスに「非常に失望した」と告げたと報じ
米国と豪州が賛成したなか、ルワンダ、ナイジェリア、韓国、英国とリトアニアの
5ヶ国が棄権したと。またハーレツ紙には
フランスがイスラエルに、安保理の決議でパレスチナ側を支持したのは、彼等がICC
(国際刑事裁判所)に(イスラエルを訴えに)行くのを避けるためだったと弁明した
という記事が出ていました。
ICCも会社、国際司法裁判所=ICJも会社だけど

フランスは過去にもパレスチナ側を支持していたようだし
上述の検索で5番目に出ていた、同じく2012年11月の日経記事も見かけたが、
今回フランスが急に態度を変えた風でもないから、「これの報復で今回のテロが起こされた」
っていうのも果たして?

まぁ、マレーシアもTPPに反対して3機も落とされたから わかりませんが。
しかし、各国の反応なんてのがウィキペディアに載るあたりからして
ホント、臭いですよね。
数ヶ国の政治家が一緒にマーチしたってのも、捏造だったとか
9/11の真相究明でもお馴染みのジム・フェッツァー(何度かやり取りしたこともあるけど、
このおじさんは確かno planerなのよね)からは
パリのテロの翌日にフランスの大統領がテレビで

Those who have committed these actions, these terrorists, these illuminati, have nothing to do with Islam. (‘Ceuc qui ont commis ces actes, ces terroristes, ces illumines, ces fanatiques, n’ont rien a voir avec la religion Muslim’)

「この犯行をおかした者たちは、このテロリストたち 、
イルミナティ等はイスラムとは全く関係がない」

と言った!って書いてるんだけど、マジかよ!?
#ラムズフェルドの「ペンタゴンにミサイル」と同じで、つい口が滑った?

うん、何度か繰り返してくれているが 確かに言ってる!!
「この犯人、イルミナティはイスラムと関係がない」
イコール、「このテロ犯罪は、イルミナティがやった!」ですよ、モロ。(^^)
#正直ねぇ。

上のビデオでは、フランス語の「イルミネ」は
enlightened(悟りを開いた)という意味の他に、フランスのフリーメイソンや
Rosicrucian(薔薇十字会)などのオカルト組織を意味する
」と言っています。

犯罪を犯した者たちのことを言っているのに「悟りを開いた」なんて表現を使うはずは
ないから、ホランドはイルミナティのことを言ったとしか思えないが、裏の現実を知った
私たちのような人間を喜ばせるための意図的な発言か、口が滑ったのか
知りたいところです。

ビデオのナレーションも、後者(アクシデント=口が滑った)とは考えにくいと言っているし、
何かしら意図があるのかも。

それからフランスでも この事件以前に色々やってたみたいですが
開催国のオーストラリアでは先行して(ヤラセ・テロを)やってた印象だが
時期的に、まるで去年のG20で話し合って開始したヤラセ作戦じゃないの?
って気がします。

そのG20までに、ベイル・インを起こせる準備を整えるって話もあったけれど、
それが整わずに計画変更をしたのか否かは知る由もありませんが、棚ボタ(?)だったのは
テレビで「イルミナティ」と言ったフランスのオランド大統領ですかね。
ヤラセのテロ後に支持率が急上昇なんて、まるで9/11後のブッシュを思い出す。

しかし、いつになったら、大多数の世界市民がヤラセに騙されなくなるのか
そして政府は会社売国詐欺師どもに力を渡さず
この世を自分たちの手に取り戻すのか?
ですね。
#毎度、お馴染み!


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

2 comments:

  1. 記事アップ、お疲れ様です。
    確かに、事実は長年マスメディアに洗脳された人々には、受け入れにくいのでしょうね。
    色々調べ、確信持ってしまった私は、クリスチャン仲間からも浮いてしまった感があります。親しい友人からは、「言わない方がいい」と忠告されました。「全世界はサタンの配下にある」と聖書にはっきり書いてあり、皆それを信じているはずなのですがね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. mayflowerさん、

      コメントありがとうございました。

      >マスメディアに洗脳された人々には、受け入れにくい

      駄目ディアや似非権力者、似非専門家の言うことをのみ
      信じ切るように、長年訓練されてきたので。

      >「全世界はサタンの配下にある」と聖書にはっきり

      宗教というもの自体が、人々を誤誘導し、分裂させるために作られた
      という説もあります。様々な宗教を「信じる」人々の大半は善人ですが
      色々な意味で利用・悪用される傾向は否めません。

      当人たちは「善意から」やっている言動が、実は邪悪な犯罪者に
      味方するような形になるわけです。どの宗教か存じませんが、以前にも
      娘の学校のボランティア活動で一緒になったお母さんと話したときの
      ことを書きましたが、ケムトレイル等による気象操作の話をしても
      「この世の終わりが近いときには多くの天変地異が起きると聖書に
      書いてあるから」と、相手にしないのですよね。

      向こうの洗脳は何世紀にも渡って展開されてきたことなど
      到底想像も出来ないでしょうし、いつも書いている感情で左右されるから
      =ずっと自分が信じてきたものが間違っているとか、操作されたものだ
      などと考えたくないから否定して終わりにする。

      そういうことが山ほどあるけど、
      今、私たちは警告を止めることは出来ません。
      メゲずに、まず理解しそうな人たちをターゲットにして
      続けてください。

      Delete