Monday, February 9, 2015

台湾の航空機墜落事故、GE235便が落ちていく瞬間を捉えた映像はCGだった!!

ひとつ前の記事のコメント欄で、このブログ読者のso i thinkさんが教えてくださった動画を紹介します。
すでに、他のサイトでも紹介されているようですが
わかりますよね、ポールなどに機体の一部がぶつかっているのに
素通りしているだけ。

これで、この動画が言っているように 本当に「誰も死んでいない」のかどうかは
わかりませんが、もう本当に、この世はヤラセや冤罪、詐欺が目一杯横行している
という現実に皆が目覚めるべきですね。

政府は会社の売国詐欺犯罪者やマスゴミの伝える話を決して鵜呑みにしないように!
では、その映像をご覧ください。



全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。
=====================================

2 comments:

  1. 私もこの映像を見たときなんか変、と思いました。この映像、車中で撮ったものみたいですが、あんなにタイミングよくとっさに、しかも冷静に映像を映せるんですかね?一瞬の出来事なのに・・

    普通はそんな状況にあったら、パニックに陥るのでは?だって自分の身も危ないじゃないですか・・・

    もう一つ・・これはこの記事に関係ない話しでごめんなさい。シリアのパイロットが生きたまま火をつけれらて殺された、ということなのですが、イスラムでは人を生きたまま火あぶりにするのは禁止されているという話しを聞いたのですが・・・ボヘミアン・グローブに集う、モーロックの像の下で、生贄(本物の人間ではないようですが)に火をつける儀式をしている変態エリートの人々を思い出してしまいました。

    ReplyDelete
    Replies
    1. Anonymousさん、

      コメント、ありがとうございました。
      見たときに「CGみたいね」と家族と話したという方もいましたし、複数から
      人質斬首の芝居といい、何故こんなに稚拙なインチキなの?という声を頂戴しました。

      それだけ我々がバカにされていて、「どうせ、わからないだろう」と思われてるのかと思いますが、マジで"Noah"やら"Exodus"といった映画と比べても稚拙で、笑えますね。

      >生きたまま火あぶりにするのは禁止

      それをまた否定するサイトも出ているようで、モスリムに聞かなきゃ...ですが、ネットでも出ている「最初に攻撃すべきはイスラエルなのに」というのが的を得ていますよね。

      >生贄(本物の人間ではないようですが)に火をつける儀式

      今も多くの赤ん坊が生贄で殺されているという話を記事にしました。
      日本ではそこまで行ってないか?と思うが、幼女誘拐殺人事件など、儀式殺人だったと思われるものはすでにいくつもありますね。冤罪で、死刑にされた方もいる。許せない犯罪です。

      Delete