Saturday, March 28, 2015

ジャーマンウィングズ 4U 9525便はフランス軍の戦闘機に撃ち落とされた!?

体調不良が続いていて、
書きたいことが次から次へと出てくるのに、全然追いつきません。
とりあえずというか、取り急ぎ 入れるはずの画像もなしで ちょっと書きます。

本題以前に、昨今見るニュースというものはどれもこれも作り話じゃないのか!?
と思うものばかり。

中1が多摩川べりでどうこうという話も、全然詳細を見ていませんが
彼の通っていた学校名とか、公表されているのですか? チョコっと日本版クライシス・アクターズ(いるだろう、例の斬首事件インチキ役者みたいなのが)の写真を出して、葬儀だってそれらしき中学生が数名映った葬儀会場らしきの写真を出せば、多くは記事の内容が事実であると信じ込む。

みんなそんな感じです。

とにかくフランスの山の中に落ちたと言われるジャーマンウィングズ、4U 9525便ですが、どう考えても発表されている話はおかしい。

便名が 9525 → 9+5+2+5=21 2+1=3
落ちた日が、3月24日 → 3+2+4=9
そして、このルフトハンザの関連会社ジャーマンウィングズは13年間無事故だった。

これだけで、何かあるなと思って色々探し始め...
一体、どんな(殺されそうな)人物が乗っていたのだろうか?
と思って、ドイツ語で搭乗者名簿なぞ出ないかと探していたら出てきたのが
今、リンクとか出せないのですが、sott.netというサイトにあった記事。

そこに何と書いてあったかというと、まずは墜落現場付近のコミュニティーの市長(か、村長?)が、同機墜落時刻周辺で、フランス軍のミラージュ戦闘機(ファイター・ジェット)が3機も...しかも3回ほど飛んでいるのを見たと言っていた。普段も、一機くらいは飛んでいるのを見ることはあるが、一度に3機も飛んでいるのはおかしいと思ったようだった。

それで、(今、みつからない)この記事は「同機はフランスに撃ち落とされた」と結論付けていて、おまけにドイツ語でグーグルだったかと思うが 検索結果画像が出ていて、同機墜落関連の記事なのに、なんと「2日前」とか「5日前」の記事であるように出ていた

その画像は取り込んであるので、あとで他のと一緒にここにアップします。
その市長か村長がミラージュ戦闘機3機を見た話は英語のYahoo!だったか、記事にも出ていたので、それもあとでリンク等、出すつもり。

それから元記事を読んでいないけど、ちょっと怪しげなジム・ストーン
それら戦闘機が4U 9525便をリモート・コントロールを使って自動操縦を使えないようにしたうえで、墜落させたと主張しているみたい。おまけに、それはフランス軍ではなくてイスラエルと踏んでいるよう。それもあとで、時間と元気のあるときに確認する予定です。

いずれにせよ、出てきたヴォイス・レコーダーの解析で「副操縦士が操縦室に閉じこもり、4U 9525便を墜落させた」なんて話、私は全然買いませんね。
絶対、裏がありますよ。


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

6 comments:

  1. こんばんは。
    墜落現場の映像を見ましたが、木端微塵で機体を特定できる塊が全く無いと思いきや
    白々しくパネルが数枚落ちていて、書かれている文字や色で逆に機体が特定できる。
     救助(遺体回収)に入れない割に、遺体らしきものは全く写っていませんでした。
    更に言うと、急降下で山岳部に突っ込んだはずが、その様なえぐれた山肌はありません。
     副操縦士の彼女のキャビンアテンダントが、彼が「私は全てのシステムを変えることを何かおこなうだろう。そして、皆が私の名を知り、記憶に留めることになるだろう。」と言っていたそうで、金融マフィアに対するメッセージと脅しのためのフェイクでしょう。

    金融システムが改革され、IMFは8月7日に解体しますが、そういう意味もあるか?

    ボストンマラソンテロあたりから、テロのプロパガンダは全て善側によって行われていると思います。(ボストンテロは、スピルバーグが白々しく現場指揮している割に誰も見も聞きもしていなかったり、血糊パックもワザと残していました。)
     イスラム国の処刑も捏造が分かり易過ぎでしたが、人類共通の仮想敵で中東の協調を計画しているようです。(総攻撃を受けているはずのイスラム国が、そんな事なかったかのように処刑を続けていてありえません。)

    フランスのオランドはフリーメイソンの儀式に出ていたので、てっきりそちらの人間かと思いきやオバマと同じく善側が送り込んだ工作員でした。
     この墜落事故直後に、オランド・メルケルが事故の詳細も分からない早々に「墜落し生存者はいない!」と表明記者会見を行いましたが、準備していたのでしょうね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. Anonymousさん、

      >IMFは8月7日に解体

      って、トム・クルーズの映画の話ですか
      http://www.kids-event.jp/movie/0279/

      >テロのプロパガンダは全て善側によって行われていると

      善?
      オバマだろうとオランドだろうと、命令どおりに動かなければ殺される立場ですよ。「善」がどうして百数十名の命を勝手に奪うんですか?

      Delete
  2. Aus911Truthさんへ
    >って、トム・クルーズの映画の話ですか
    その通りです。
    トムクルーズ主演の「オブリビオン」でも興味深い描写が多数あります。
    他には「ムービー43」「エンドオブホワイトハウス」「ウォールストリートダウン」「ホワイトハウスダウン」
    「死霊のはらわた2013」のエンドロール(evil dead=あえてdevil(悪魔)ではなくevil(よこしま)な奴らは死んでいる。
    →南相馬市の大山弘一市議のブログに大庭のコメントで解説を入れていますので、是非ご覧ください。(2014年9月末~)
    http://mak55.exblog.jp/21163735/ (プロパガンダの使い方が間違っていますね。)

    あと、一人孤独に戦っていたマイケルジャクソンのホログラムに登場する警官?8人はG8
    の意味で、頭の2灯のライトと股間の逆ピラミッドはフリーメイソンからの脱却を意味している。 さらにハート部分にはMJがあり「マイケルの意思を心に秘める」というところでしょうか。
    4人の悪魔が消え去るのは「ロックフェラー」「ブッシュ」「ロスチャイルド」「他にどの一族?」
    https://www.youtube.com/watch?v=jDRTghGZ7XU

    >。「善」がどうして百数十名の命を勝手に奪うんですか?
    明らかに墜落現場の映像には不可解な点が多すぎです。(墜落もないし死人もいない。)
    報道によれば、遺族が現場に入る道路工事がすでに始まったそうで、拙速なオランド・メルケルの表明記者会見と言い、手際が良過ぎではないでしょうか?
    捏造と言えば、フランス新聞社襲撃テロで撃ち殺された警官も死んでいないし、犯人2人が
    スーパーで撃ち殺されましたが、ガラス窓越しに撃たれてもガラス窓割れてねぇし。
    テロなどを警戒していて警備の警官がいたのに、入口には配置されていなくてみすみす侵入を許すわ、人質もいないのに犯人は逃亡できたり、襲われた新聞社は同僚が10人も殺されたのに喪に服する時間も無しで他社の事務所を間借りして仕事をすぐに始めたりとおかし過ぎです。(他社も怖くて事務所貸さないでしょう。
    チュニジアの博物館襲撃テロでも犯人たちは襲撃前にカラシニコフを担いで現場近くのカフェでお茶していたそうですし、警備の警官4人もカフェでお茶していたから侵入されたとか、あまりにもありえなさすぎに感じます。

    イスラム国に惨殺された後藤さん・湯川さんの遺体写真もミエミエの合成写真でしたし、ヨルダン軍パイロットが火あぶりの処刑された映像も炎が上がり過ぎのCGだと思います。(本物のリンチ動画では、ガソリンを何度も追加してそれでも火が消える。 あのヨルダン兵のオレンジ服に付着したガソリン量ではあんなに燃え上がらないでしょう。)

    ReplyDelete
  3. IMF解体でAIIB(アジアインフラ投資銀行)

    3月12日にイギリス、17日にドイツ・イタリア・フランス、26日に韓国、28日にオーストラリアが参加表明
    日本(福田元首相「参加反対する理由なくなった」)
    http://www.news24.jp/articles/2015/03/29/10271934.html

    来年のアメリカ大統領選ですが、巷では民主党のヒラリー・クリントンと共和党のジェブ・ブッシュと取沙汰されていますが、「エンドオブホワイトハウス」では共和党のポール・ライアン議員が暗示されています。
    ちなみにヒラリー・クリントンとジェブ・ブッシュはありえません。
    ●【NET TV ニュース.報道】"国家非常事態対策委員会 2015 0326" 中国が「アジアインフラ投資銀行」を発表
    https://www.youtube.com/watch?v=uggnEvkqbRg

    ReplyDelete
  4. >テロのプロパガンダは全て善側によって行われていると

    「ムービー43」でフリーメイソンのジョージルーカス監督は仲間外れにされる(干される)と示唆されています。
    ボストンマラソンテロで現場指揮をしていたのがスティーブン・スピルバーグ監督でしたが、あのテロが金融マフィア側が起こしたものであれば、スピルバーグ監督も干されているはずですが、スピルバーグ監督はドラマ制作などで大活躍中です。
    ●アメノウズメ塾上級サバイバル編⑬ボストンマラソン捏造事件アメノウズメ塾上級サバイバル編⑬ボストンマラソン捏造事件
    https://www.youtube.com/watch?v=nUPVvHYtqPY
    ボストンマラソンテロの現場指揮の様子を見れば分かるのですが、クライシスアクターたちはスピルバーグの指示を見も聞きもしない(あのうるささでは聞くに聞けない)のは、目立つ場所で指揮する演技でフェイクを知らせようとしていると考えました。
    血糊パックもあれだけ現場に落としていたのは、わざと残してフェイクを気が付かせるためだったのでしょう。
    爆発で足を飛ばされた被害者の特殊メイクも白々しいし、アフガンで足を無くしていた事もすぐに身元が割れましたが、ばれるのも計画通りと考えればすんなりいきます。

    ReplyDelete
  5. Aus911Truthさんへ

    こういう話にしたかったためのフェイクだったのでしょうか。
    ●ロシア側からの情報・・・・ジャーマンウィングズ旅客機の墜落の真相 03月30日
    http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-12724.html
    「ロシア対外情報庁の報告によると、NATO軍の戦争ゲーム(軍事演習)の一環として米空軍がヨーロッパで非常に危険なレーザーのテスト照射を行っていたそうですが、レーザーが誤って旅客機に命中してしまったそうです。」

    または、
    「何しろスペインの諜報部員が重大な捜査のためにこの旅客機に乗っていたそうですから。。。」
    この諜報部員が死んだ事にして「身を守る」若しくは「活動させる」・・・スパイ映画に出てきそうなストーリーです。

    ReplyDelete