Tuesday, June 23, 2015

【現代医学の治療や投薬以外で治したい!】 胃潰瘍

1月の末以降の不調は相当落ち着いては来たものの、
近隣のスマート・メーターから来るものと思われる
電磁波被害は一向にやまず。
#ウチはいまだに設置を拒否しているというのに。

常に「耳鳴り」...と思っていたけど、正確には
「頭の中で」シャーシャーという金属的な雑音が常に鳴っている
それが関係していると思うが、どうも更新するエネルギーが欠如しています。

こんな調子で世界中、みんな否が応でも毎日毒を浴びせられて
病気にさせられていくんだろうと思うと、本当にうんざり!です。
おまけに、今日はたまたま自動車修理工場のおじさんと話をしたのですが
4年ほど前から規定が大幅に変わって、どうも古い自動車を追放したいらしいと。

日本の車検にあたるような証明書ですが、以前は「安全か否か」を基準に
見ていたのに、今やそれ以外の、大して問題でもないことでもペケとする由。
となると、「安全」の観点からは不必要なものでも、たとえば古い車なら
交換しようにも、部品がなかったりすれば廃車にするしかない事態が
起こり得るわけです。若いメカニックとも話したが、
「古い車の方が故障しにくいのにね!」と言っていた。

以前確か、このブログにも書いたと思うが、新しい車だと 車内で電磁波を
ずっと浴びまくりになったりする。が、それは問題視しない。
本当に、とんでもないですよね。

さて、久々の更新は 表題のとおりです。
以前からやり取りをしている方(以下Aさん)が、
胃が破れちゃってないかな…と思うような痛み
に苦しめられているが、現代医学の医者には行きたくない。
「代替治療で治せないでしょうか?」と聞かれたので、英文で探して 参考に
なりそうな対処法をザッと和訳してお伝えした、その中味をご紹介します。

ナチュラル・ニュースのこのページだったと思います。
括弧内や「注」は、私が付け加えたもの。

胃潰瘍に効く、家庭で出来る方法のひとつは生キャベツを食べること
キャベツとにんじんをミキサー(ジューサーとあるが)にかける
(少量の水や塩を、私なら入れるかも)、にんじんと一緒にすると
(味的に)飲みやすくなる。これを毎食前と就寝前にカップ半杯ずつ飲むこと。
ただしフレッシュで(=毎回作れということかと。面倒だが)
2、3週間で胃潰瘍が消えるかもしれません。

一日最低3本、バナナを食べなさい。抗バクテリアの物質が入っているので
胃潰瘍を起こすピロリ菌の成長を抑えてくれる。バナナを食べた動物は
胃壁が厚く、より多くの粘液産生が見られたという研究結果があり、
それは消化の酸と胃の表面との間のバリアになってくれるものです。
プラントゥンを食べるのも効果あり。

★注:プラントゥン=オオバコとも出ていましたが、他に
生食用のバナナの木(Musa Sapientum)に似た料理用バナナの木で、
バショウ科の多年草。学名をMusa Paradisiaca(天国の果実)という、と。

カイエンヌ・ペパー(私が、血流関係でお勧めしているスパイス!)も
痛みを弱めるのに素晴らしい効果あり。ちょっと強いから、最初は
慣れるまで(時間が)かかるかも。小さじ8分の一ほどから始めて
コップの水に溶いて一日2度飲む。量はその後徐々に増やして
小さじ4分の一まで。カプセルでも(と書いてあるが、粉を水に入れて
飲む方が効き目あると以前読んでます)。

slippery elm=植物アカニレ(北米東部産)の樹皮/アカハルニレ
も、胃や十二指腸の粘膜を和らげてくれます。普通は、粉状のを飲む。
ハーブの治療家は小さじ1杯のアカニレ樹皮粉をぬるま湯1杯でといて
それを一日3回飲めと言ってます。

コロイダル・シルヴァーはH.ピロリ菌を殺す手助けとなり
傷ついた胃の繊維を治す助けとなります。

ロー(生の)蜂蜜は胃壁の炎症を和らげ、減らし
治癒に効果があります。

ニンニクの抗バクテリア作用はH.ピロリと闘ってくれる
小さめの粒を潰して、一日にふたつ食べてください。
(★但し、割に最近私は、インドの代替医療アーユルヴェーダでは
ニンニクは毒と言われてることを発見。それ以来、生で食べるのは
控えています。ディトックス作用などもあるとは思ってるが)

プラム(すもも)や、他のベリーなど赤紫色の食物は
H.ピロリ菌の成長を抑えます。

ココナツ・オイル(私が調理に使う!)は潰瘍を起こすバクテリアやガス
を殺しますが、これは長期治療用です(効果が弱いということか??)

その他に胃潰瘍の治療にいいとされるものには
ヤギの乳、barley water(大麦の水?)アロエ・ジュース
プロポリス・カプセル、リコリッシュの根やマシュマロの根(!??)


ザッと以上です。
他にもこちらのページには、
カレンデュラ(マリーゴールドのお茶。私は以前、隣人が撒いた
モンサントの除草剤でひどい目に遭ったとき、ディトックスのため飲んだ)

も、お勧めと。

丁度バナナは大好きというAさんは、上述ののお勧め品を色々とり
加えて、廉価で購入したという遠赤外線温浴器を活用し
いまではすっかり元気になって、この先も
「絶対に癌などにも ならない気がします!!」と仰っています。(^^)

ところで胃潰瘍の原因にはストレスもあります。
Aさんも、大変なストレスを感じる状況に長く置かれていたので
それが影響を及ぼしていただろうと思う。

胃潰瘍については、私の父が話してくれた患者さんのことも思い出します。
その患者さんは、ひどい胃潰瘍で父のクリニックにやってきたのですが
父が色々話を聞くと、どうも とてもいい人のように見受けるが
職業がなんと質屋さんだった!

質屋といえば、心を鬼にして 安く買い叩いて高めに売らないと
商売として、儲からないですよね。そこで父が
「質屋があなたに向いているとは思えない。この病気も
そこからくるストレスが原因でしょうから、職を変えなさい」
と諭したら、本当にそれを実行し、すっかりよくなったそうです。

2時間待たされて、3~5分の診療時間で投薬のみ みたいな
今の医療では、治るものも到底治らないだろうと思いますよ。
それを変えるためにも、政府は会社を潰さないとね!

そうそう、その大事な事実 巨大な売国詐欺犯罪を
なかなか広めようとする人がいない!と嘆いていましたが
ありがたいことに、radiconさんという方が こんなまとめページ
作ってくださいました!(^^)
私が見たときも今も、ツィートもまだ「22」で、FBの「いいね」はゼロでしたが
皆さん、ガンガン広めてくださいね!!


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

14 comments:

  1. 世田谷区在住 3児のママJune 25, 2015 at 10:17 AM

    多発性硬化症 のことでご相談させてください。
    症状が現れたのが、娘が2歳位、その頃、風しんや麻疹のワクチンをしています。
    手足の痛みからでした。
    現在15歳、手足のしびれ、痛み、顔面神経痛、視神経痛、腰痛と身体全体に痛みがあり、
    通学もままならず、多発性硬化症の疑いありです。

    大きな病院で検査しましょうと言われていて、でももし行って診断が下り、治療となると
    大量にステロイド剤を投与され、本当にこんな治療をしてよいのだろうかと不安があります。
    代替治療で治せるものがありましたらアドバイスいただけないでしょうか。

    突然のお願いで申し訳ありません。よろしくお願いします。


    ReplyDelete
    Replies
    1. 3児のママさん、

      お嬢さんのこと、本当にお気の毒です。
      その頃、風疹や麻疹のワクチンを ということは、ワクチン接種後に
      痛みなどの症状が出始めた ということですね?

      4種混合"毒入り"ワクチンも絶対に打たないで!
      http://insidejobjp.blogspot.com/2012/10/114.html

      もお読みになったと思いますが、当時打たれたワクチンの名称等は
      おわかりにならないでしょうね? いずれにせよ、似たような毒物を
      入れられたと思いますから、やはりディトックスすべきと存じます。
      オールラウンド的なディトックス剤としては、八重山クロレラや
      全国各地にある酵素風呂など。他にも色々書きましたが、お読みに
      なったかな? でも、これまでの年月 どのようなことをされて
      きたのでしょうか?

      子宮頸癌ワクチンの被害者の方々に向けて書いた記事や、改善された
      または回復された方々の記事(右側にリンク)、そうした人たちの
      ブログを見るのも参考になるかと存じますが、お書きになったほかに
      症状やこれまでの経過などがありましたら、また書き込んでください。
      それを元に、対処法を探してみますから。

      多発性硬化症や私がやらされた慢性疲労症候群等々、色々と違う
      名称がつけられていても 結局、その大半は薬害だろうと私は
      思いますから(全部かも!?)、好転反応に気をつけながら
      体と相談しながら、毒を出していかないとね。

      お嬢さんの体内に、それらのワクチンのみならず 食事等々から
      入り込むどんな毒物があるのか? 食べ物や、生活環境のなかの
      物質にアレルギーなどの有無は? これまで書いた記事で
      基本的に避けるべき・避けた方がいいものは説明していますが
      それに加えて添加物等々一切避けて、食事の改善を中心に、子宮
      頸癌ワクチン被害にあったお嬢さんを治したお母さんもいますから
      3児のママさんも諦めずに、毒出しをしてみてください。

      また悪影響を及ぼしているのが、アルミを含む重金属毒類なら
      毛髪検査等で調べることも可能ですが、ディトックスの方法は
      各人で色々少しずつ試して、自分に合うもの 効果が出るものを
      みつけていくのが いいだろうと思います。

      あとは遺伝的な特性が根幹にあるとは思いますが、現代医学の
      ステロイド等の「治療」は、ブログでも紹介した蔡篤俊医師や
      丹波医師(読んでいらっしゃらなければ、ブログ内検索で
      それらの名前を、一緒じゃなく別々に入れてください)の弁を
      待つまでもなく、あとが怖いですからね。

      診断を得るために 何か検査を受けさせられる場合でも、何らかの
      毒性物質をまた入れられる可能性もあるから。そういうものなしで
      診断だけ出してもらえるなら、参考のためだけに医者へ行くのも
      いいでしょうが、そこで「この治療を受けなさい」的に誘導されて
      しまう可能性も頭に入れておかないと。

      それから蔡先生は初台ですから、まぁ、代替医療は健康保険が
      きかないようにされていますので、その分割高に見えるかも
      しれませんが、経済的に可能なら 診て戴いて相談してみる
      のも選択肢として ありますよ。

      今夜は、ここまで。
      時間はかかるでしょうが、きっとよくなる!
      絶対に治すんだ!!と 固く信じて 前向きに頑張りましょう。

      Delete
    2. 3児のママさん

      まずは砂糖を取らない。また、コンビニ、加工食品、大手飲食店といったケミカルな物を扱うところを一切やめて、解毒することでしょう。汗をかくことをお勧めしますよ。後は調味料を見直し、無農薬の野菜、ぬかづけの漬物、麹が生きた味噌、玄米を購入して食べること、また、玄米をよく洗って浄水器を通した水に浸します。(500ml:1合)それを1日放置すると、酸性の水素水が出来ます。リジュといわれるものですが、それを飲むといいと思います。小麦も出来れば控えたほうが良いです。(小麦は、蕎麦に)基本、玄米は解毒が終れば食べなくてもいいですが、解毒中は分付きでもいいから摂取するといいと思います。お金に余裕があれば、松下幸訓先生をお尋ね下さい。

      今伝えたことは、私が知っている範囲です。サラリーマンですので、保障はしませんが、兎に角、ご自分で調べることも必要だと思います。よろしくお願いいたします。

      Delete
    3. inagakiさん、

      私が書いてきたことを簡潔にまとめてくださったみたいで(^^;
      ありがとうございます! あとは「避けるべき」に「乳製品がある」かな? しかし、玄米を炊く前に発芽玄米にする際のお水が水素水になる(「酸性の」という部分はどうなのかな?と思いましたが)とは存じませんでした。ちょっと検索したら

      発芽玄米でつくるリジュビはすこし糠のあまい香りになります
      http://plaza.rakuten.co.jp/namaikiya/diary/?ctgy=10

      とか、

      リジューベラックの豆乳ヨーグルトは難しい
      http://yutavegi.exblog.jp/15773829/

      というページが出てきました。上のページでは「美味しい乳酸菌飲料を作る」のがテーマなので、玄米を炊く前に その水を利用するのとはちょっと違うけれど。

      そして私なら 今やGM(遺伝子組換え)が多い大豆の豆乳より、ライス・ミルクで作るかな?と思いつつも、後者ページには

      >リジューベラックの酸性度がもっと高ければ、うまくいくのかも

      と書かれていたので、玄米の水素水だったらヨーグルトが上手に出来るのかもしれませんね。乳製品を避けると同時に、そんな利用法もあるかも!と思いました。いつか、やってみます。(^^)

      >兎に角、ご自分で調べることも必要

      仰る通りですね。
      みんな、それぞれ頑張りましょう!(^^)

      Delete
  2. たくさん情報を頂けて感謝いたします。ありがとうございます。

    八重山クロレラ、早速注文いたしました。毛髪検査のキットも届きました。
    そして蔡篤俊医師の予約も取れ、今度の水曜日に行ってきます。
    酵素風呂も調べて、徒歩圏内のところにありましたので近々行ってまいります。

    2歳前後で受けたワクチンはDPT、BCG、風しん、麻疹、
    その後、手足先の痛みを発症しました。
    ワクチンの名称は分かりませんがすべて「タケダ」の会社名となっています。

    そして原発事故での放射能の影響や食品添加物、ケムトレイル、薬などの有害物質も
    累積されて今の状態(全身の痛み)に至っているのだと気づかせてもらいました。

    2歳から検査(血液、尿、レントゲン)を何回したか分からないほどしてきましたが
    いつも異常なしで、リウマチまたは膠原病予備軍、姿勢が悪いから、ストレスから
    と曖昧な診断ばかりで、去年は自律神経失調と診断され、処方された薬の副作用で
    体調が悪くなり(重い胃腸炎)、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の薬をまた処方されて
    副作用でさらに具合が悪くなるという負のスパイラルに陥って、なにか危機感を感じ、
    勇気がいりましたが、薬を一切断って、自己免疫を強化する
    療法(整体、岩盤浴、サプリメント等など)に切り替えたところ、胃腸は回復に向かうことが
    できました。でも手足の痛みは完全にはとれませんでした。(胃に負担の少ないカロナールだけはたまに服用しました。)

    今年の春ごろから、手足に痛みからしびれが出るようになり、頭痛、顔面神経痛(小学5年生頃発症)、腰痛、坐骨神経痛がでて、鎮痛剤カロナールが効かなくなってしまい
    、痛みのコントロールが出来なくなった為、学校に通えなくなりました。
    ロキソニン系で胃腸炎になったのでカロナール以外の鎮痛剤は怖がって服用しません。

    難病の疑いありと言われ、この病気をしらべたら、自分の免疫が自分を攻撃して
    神経系に支障をきたすような事が書かれてあり、今まで良かれと思ってしてきたこと
    (整体、岩盤浴、サプリメント等など)
    免疫強化の為としてきたことが、すべて病気を悪化させてしまったのかと落ち込み、
    不安ではあるけれど、ステロイドや免疫抑制剤等の治療が良いのではないかと
    悩んでしまいました。

    でも、アドバイス頂いた通り、子宮頸がんワクチン被害から回復された方々のブログや、過去記事を再度読み直してたりして、やはり病院の化学療法は良くないことを確信しました。なので負担がかかる検査も受けないことにします。

    食事療法も重要なのですね。解毒も。

    色々な方法があるみたいなので、娘の体調を見ながら合うものを見つけていきたいです。
    絶対治ると信じて頑張ります。 前向きになれました。
    相談にのって頂いて本当にありがとうございました。








    ReplyDelete
    Replies
    1. 3児のママさん、

      詳細なお返事、ありがとうございました。
      本当に大変でしたね。
      私は、それらのワクチンが原因の大元にあると思いますが
      実に悲惨です。こういうことを早くやめさせないと!と改めて思います。

      それから、ネットで知り合った多発性硬化症を経験され、やはり「毒を入れずに毒を出す」ことで相当改善か治癒された方にご意見を伺ったら、色々教えてくださったので、それを転載しますね。
      まず、一通目

      細かい検査を受けていないので「多発性硬化症の疑い」になっているのですね。
      症状からいくと、多発性硬化症よりも視神経脊髄炎(NMO)に近いような気がしますが…
      血液検査でアクアポリン抗体が出るとNMOです。
      http://www.ms.med.tohoku.ac.jp/explain.html

      アクアポリン抗体が出ないとMSになります。
      今のところ、NMOはMSの中に入っていますが、全く別な病気とみなした方がいいのでは…?と言っている医者もいます。

      病名がどうであろうが、金属汚染、化学汚染等々の複合汚染によるものでしょうから、千早さんのアドバイスを本気出して頑張ってもらうしかないですね。

      本当に治したいと思っている人は努力しますから快方に向かいます。
      努力しない人は、病気の方が都合が良いのだと思います。
      (転載終わり)

      NMO
      http://www.ms.med.tohoku.ac.jp/explain.html#si
      上のリンクの情報ですが、私ならそこに出ている治療法は使わないな
      と書いたら、この方も同意見でした。
      そして彼女からの2通目

      コメント欄に転載、OKです。
      少しでもお役にたてるのなら嬉しい限りです。

      私も、あのリンク先に書かれていたような毒療法は拒絶します。

      現代化学医療では、ここ 2~3年、難病治療法が大きく変わりつつあります。
      全く酷いものです。

      『発病初期の段階から強力な治療を行う』という方向になってきました。
      例えはMSの場合、今までは(薬の場合)…
      先ずは、ステロイド
      ステロイドがダメならベタフェロン
      ベタフェロンがだめならジレニア
      ジレニアがだめならタイサブリ だったのですが、
      これからは…
      先ずはジレニア
      ジレニアがダメならタイサブリ
      という流れです。

      『初期から強力な治療』というのに対し、疑問を抱いている医者もいますが、、、、、
      この流れになってくるでしょうね。
      早い話しが、新薬をガンガン使うということです。
      新薬は値段も高いので、儲かることでしょうね。

      この新薬が酷い!!

      MSに使うタイサブリは商品名で、ナタリズマブという薬です。
      この薬はアメリカではクローン病にも使っています。

      NMO、重症筋無力症に使うソリソス(商品名)はエクリズマブ。

      抗がん剤のリツキサンはリツキシマブ。

      この○○○マブというのがクセものです。
      もちろん劇薬、遺伝子組み換え製剤。

      タイサブリで一番怖い副作用が、進行性多巣性白質脳症。
      ソリソスは、髄膜炎菌性髄膜炎。
      どちらの病気も致命的です。

      タイサブリは使用2年を過ぎると、進行性多巣性白質脳症に罹患する率が、ものすごく上がります。

      ステロイドの副作用も酷いけど、○○○マブ系の薬は、ステロイド以上に怖いと思っています。
      抗がん剤のリツキサンがリツシキマブなのですから、○○○マブは、抗がん剤と同じようなものなのかもしれません。
      リウマチやネフローゼに抗がん剤を使う時代ですから。

      とにかく医者は、新薬を使いたがるので要注意です。
      (転載終わり)

      「新薬を使いたがる」のは何故か?を、患者の側も
      もっと疑問視して考えるべきですね。
      そしてひどい薬を使うと、そのあと それからの離脱症状にも苦しめられる可能性が大いにあるので、それにも注意です。

      彼女からはもう一通あって、お返事を戴くたびに転載したいと思うので、今それの転載許可をお願いしているところです。多分OKが来ると思うので、絶対に問題がないと思う部分を載せます。(^^;

      私は薬の副作用で血小板減少性紫斑病を併発してから、一念発起で断薬しました。
      ステロイドは急に止めると死ぬので、少しずつ減らしました。

      やはり「毒を入れずに毒を出す」を行いましたよ。基本中の基本ですよね。
      身体の成り立ちもしっかり頭に叩き込みました。
      回復過程にあわせ、テルミー温熱療法、鍼灸、整体、ベルジュバンストリートメント、漢方、サプリ、温泉etc…をやりました。

      私はテルミー温熱療法に、本当に救われました。

      「頭寒足熱」も血の巡りや気の巡りを良くするのに、大事ですね。
      「解毒」とか「頭寒足熱」のような単純なことが、本当は奥が深いのだと思います。
      (転載終わり)

      最後のこと、私も全く同感です。
      昔から言われていた多くの知恵が忘れ去られて、詐欺師たちに都合のいい社会になってきている。これは医療以外のことでも言えてる!と思います。

      蔡先生は、サイトのトップなど見ると アトピー中心みたいに見えるけど、「色々な毒が病気の原因になっている」と考えれば、どんな病気にも効果があると思って、お勧めしています。でも根本は <3児のママさんの日々の努力>ですから、そうした先生は ある意味「相談相手」というか、そんな風に捉えて戴ければと思います。蔡先生にはお会いしたことがないけれど、メールでやり取りさせて戴いたので、よろしくお伝えください。(^^)

      inagakiさんが書いてくださった松下先生は存じ上げないけれど、他の代替医療の方法共々、相性みたいなものがあるかもしれませんから選択肢は多いほうがいいですよね。けれど上述したように、そばについていらっしゃるお母さんの、主に食事に関する努力が一番大きいと思いますから、色々工夫なさってください。そうした努力で、被害にあったお嬢さんを治したお母さん eikoさんのブログはご覧になったかな?
      http://ameblo.jp/73plus/entry-11928596850.html

      他にも携帯やWiFi(無線LAN)、今後日本でも入れられるスマート・メーターなど(電子レンジは言うに及ばず=食べ物を発癌性物質に変えてしまう)を使わない、切る、離しておくなど。

      HPVVの成人被害者(右側にリンクあり)のたこりさんも、色々な方法をみつけてトライなさってます。

      毒を入れる(入れられる)のは一瞬でも、出すのはなかなか時間がかかるので、途中でメゲたり落ち込んだりするのも当然と思いますが、彼女が色々やってきた・やっていることをまとめた

      日々の努力あってこその・・・
      http://ameblo.jp/iktatako/entry-11831161251.html

      もヒントになると思います。
      ただ、彼女も確か ひとつの方法を最低3ヶ月(だったと思う)は続けてやってみると書いていました。やってすぐに効果が出るなんて、滅多にないかも。私も使ったグルタチオン・クリームなどは最初にそれを感じましたけど、試しながら、「好転反応」という解釈も頭に入れて 色々やってください。

      >前向きになれました

      よかった!!
      つらいことも多いと思いますが、なるべく笑って暮らせるように。
      笑いは百薬の長と言いますよね。そういうポジティブさが、体にも絶対いい影響を与えてくれるはずだから。

      お嬢さんを治すまで、頑張って下さい。
      遠い空から、声援を送ります!(^^)

      Delete
  3. たくさんの情報ありがとうございます。

    残念なご報告があります。

    水曜日にさい治療院の針治療中に娘が呼吸が苦しくなり
    パニックになり直ぐに、中止。

    家に帰ってからも、胸と背中の痛みが続き、救急で診てもらったところ
    右肺が気胸になってました。
    呼吸器科の先生が緊急で駆けつけてくれて、すぐにドレーン処置をしてくれました。
    担当医は間違えなく針施術中の事故と診断しました。

    どうしても許せないのが、娘が痛がっているので、家から治療院に電話をして
    針の後はこんなに痛みが続くものなのかを聞いたら、
    「針は抜いたら、痛みは消えるもので、痛がるのは稀であり、たまに筋肉痛が2,3日
    続く人がいます。」の説明でした。

    なので私は娘が筋肉痛を大げさに痛いと騒いでいるのかと思ってましたが、
    尋常じゃない様子に救急に駆け込み、事の緊急性が分かりました。
    呼吸器科の先生は針治療で針が肺に穴を開けて、
    気胸になる事故は多いと教えてもらいました。

    だとしたらですよ。知ってる訳ですよね治療院の人は。
    早く病院に行った方がいいですと勧めるべきですよね。
    本当に腹立だしいです。

    身体の痛みの緩和の為の治療が更なる痛みを与えてしまって
    やりきれない気持ちです。

    時間をまって、治療院に連絡します。

    千早さんのお話をしたら、「僕の弟子。オーストラリアの漢方医でしょ。」
    と言われていましたが、先生、何か勘違いされてますよね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 3児のママさん、

      >気胸

      それは本当に、とんでもないことでした!(ー_ー;

      >針治療で針が肺に穴を開けて、気胸になる事故は多い

      それ、私は聞いたことがありませんが
      鍼治療の鍼は、それほど深く刺すとも思えないが
      実に、!???? 驚愕しました。

      >やりきれない気持ち

      私も、本当に残念至極です。
      毒を出すことの大切さを知った医師だと思いましたので
      お勧めしましたが、申し訳ありませんでした。
      お嬢さんにも、私から謝っておいてくださいませ。

      >時間をまって、治療院に連絡

      はい、また経過をお知らせください。
      鍼治療をなさったの、蔡先生じきじきだったんですね?
      私はその先生とは一面識もないので、弟子ではありません。
      とにかく先に書いた通りで、好転反応(よくなる前に悪くなる)も出ることがありますから、体と相談しながら。今すでにある症状がきつい場合は、食事改善中心の、穏やかな方法で徐々に毒出しを進めた方が賢明かもしれません。

      とにかくお大事に。
      またのご報告をお待ちします。

      Delete
  4. 千早さんが弟子でなくてよかったです。

    治療院に電話しましたが、対応がまた腹立だしいものでした。
    こちらの事はまた後日書かせてもらいます。

    娘の回復が思わしくなく、入院してからも、食事がほとんど取れない位
    背中と胸を痛がってます。肺が正常に戻らない為、ドレーンが外せず、
    この胸脇を切ってチューブを肺までいれて空気を入れてるらしいのですが
    このドレーンの処置がすごく痛いみたいです。
    日に日に衰弱してます。

    私も家と病院の往復の合間にこちらに書かせていただいてるので
    落ち着いたらまた治療院の対応も含めご報告いたします。

    ReplyDelete
  5. 度々すみません。
    ドレーンの説明が間違ってました。穴が開いて肺から漏れてしまった余分な空気を抜くもの
    でした。娘の肺はしぼんでしまって正常な大きさに戻らない為、抜けないとの事でした。

    毎日、続く痛みに疲れ切ってます。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 3児のママさん、

      本当に、困りましたね。
      「対応が腹立たしい」とありましたが、お嬢さんが気胸になった経緯というか、今診て戴いている病院・医師の診断状況が理解できていないのでしょうか?

      ドレーン、ドレイニッジ(ドレナージ)については
      http://www.jikei.ac.jp/hospital/kashiwa/sinryo/40_02w3.html
      にも出ていますが、それを使うのは「中等度気胸、高度気胸」のとき
      とありますので、レントゲンの診断で そのいずれかと言われたのですね?

      私には、コメント欄でのやり取りしか わかりませんし
      よかれと思って紹介した手前、私もなんと申し上げたらよいものやら
      参っていますが、治療のすぐあとであったことだと、今診ている医師が
      「鍼治療が原因」と断定なさっていることで、蔡先生側の過失というのか
      そう考えるしかなさそうですよね。となると、その治療費などを
      請求なさることになるのだろうと存じます。

      まずはお嬢さんに、今の事態から治って戴かないといけないし、
      その先にまた食事等のディトックスが あるわけですけれども。

      蔡クリニック側の理解を得るために......
      あぁ、色々難しいですね。
      医師は患者さんの情報を他者に渡さないわけですから。
      でも、入院なさった病院の医師か事務の方にでも
      蔡クリニック側のどなたかと話をして戴くことは出来ないでしょうか?
      3児のママさんが、診断書を出してもらって見せるしか ないのでしょうか?

      う〜ん、本当に参りました。

      Delete
  6. 3児のママさん、

    >まずはお嬢さんに、今の事態から治って戴かないといけない

    ネットで色々見ていましたが、英国の鍼治療師団体と見られるサイトでは
    http://www.acupuncture.org.uk/public-content/public-ask-an-expert/ask-an-expert-about-acupuncture/ask-an-expert-about-acupuncture-side-effects/3897-can-acupuncture-cause-pneumothorax.html

    As we said, this is a rare outcome, and we have only come across reports of four or five cases in the 18 year history of the BAcc with over 2 million treatments a year taking place
    この団体が年間に200万回の治療をしている、18年にわたる治療のなかで
    気胸の報告があったのは4、5回に過ぎず
    There are on average about 3.5 million treatments a year administered by traditional acupuncturists, doctors and physios (BMAS and AACP members) and we hear of a case perhaps once every two or three years
    他の医師やフィジオセラピスト等による治療も含めて年間350万回の鍼治療で、年間に気胸事例を2、3聞く程度で、非常に稀なことだ
    (以上、引用と要旨和訳)
    と書かれていますが、日本語で見ていると Yahoo!の知恵袋などに
    結構出ていますし、治療家の腕前がよくても起こり得ることと思います。
    本当に、とんでもない!!ことですけれども。

    また、10日程度で治癒という記述もいくつか見かけました。
    普通に考えて、皮膚に(この場合は肺の表面なわけですが)穴が空いたら
    体がそれを自分で治すだろうと思うので、それにかかる時間が10日程度なのだろうと推察します。

    「10日前後も苦しめられるのか!?」ということではありますが、
    今以上の異常事態が急激に起きたりしない限り、私だったら
    お嬢さんの治癒力を待ってみるだろうと思います。

    もちろん そうしたことを決めるのは、そばにいらして
    事態を直にしっかり詳しくご存知な、3児のママさんですけれどね。

    あとは、医師から「ここに穴が開いた」と教えられた箇所を
    上から手を当てて、「早く治って!」と祈るかな>私の場合。
    その祈りを、私もお嬢さんに送りますね。

    ReplyDelete
  7. 3児のママさん、

    若いときに気胸になったことがあるという方のメッセージ、お嬢さんのと違って
    自然(というか)になったケースですが、何かの参考になるかもしれないので
    転載しておきます(許可を頂戴したので)。

    私も気胸やりましたよ、21歳の時。歩いていて突然キリが背中に刺さった感覚。浅い息しかできませんでした。その方は針が原因とか…胸板が薄く痩せている方は自然になってしまいますよ。なんらかの条件が合えばなんでしょうけど。

    気胸は医者でレントゲンを撮りましたが分からず、なぜか化膿止めを飲まされ、一ヶ月放置した状態でした。微熱と軽い咳と息苦しさと胸の痛みが続き、胸から空気漏れの音がしているような…息を吐ききった時に痛い。総合病院に行ったら即車椅子で重病人扱いで入院となりました。

    2週間ほど ろっ骨の間からカテーテルを入れ空気を引っ張り安静にしていました。
    投薬はなし。
    女子は稀に生理毎に繰り返す場合があると言われましたが無事完治です。
    繰り返すことはありませんでした。
    (転載終わり)

    3児のママさんは、このお嬢さん以外のお子さんの世話などもあるでしょうし
    本当に大変でしょうが、ご自身も よくいたわって くださいね。

    ReplyDelete
  8. 3児のママさん、

    姪御さんが鍼灸師だという方からのコメント、許可を得ましたので
    参考までに転載しますね。

    経験豊かな鍼灸師でも気胸事故を起こしているとのことです。
    姪は、鍼灸に携わって12年になりますが、気胸事故の話は5件ほどきいているそうです。
    「えッ、あの先生が…!?」という思いになると言っていました。
    つまりベテランが、ついウッカリ深く刺しちゃった、ということなんでしょうね。
    気胸事故を起こしやすいのは肩井(ケンセイ)というツボへの鍼施術です。
    十分に気を付けてはいると思うのですが、、、、、

    「気胸は、痩せている人が被害にあいやすいけど、筋骨隆々の方で被害にあわれている報告も一件きいたことがある」
    (転載終わり)

    とも、その姪御さんは仰っていたそうです。
    鍼の太さによっても、傷・穴の大きさは違ってくるだろうし
    お怒りは当然のことですが、やはり落ち着かれてから診断書を入手なさって
    蔡クリニックと冷静に話し合うことが肝要かと存じます。

    事実関係を理解されれば、真摯に対応してくれると思いますので。
    とにかく一日も早く、お嬢さんが回復されますよう 霊気を送り続けますね。

    ReplyDelete