Saturday, December 5, 2015

笑い転げてしまったサン・バーナーディーノの、超・お粗末なヤラセ ’テロ’ 芝居

他州の友人にひさしぶりに電話して話していたら「またアメリカでテロがあった」
「今日は ずっとその報道ばっかりだ」と言われました。

ウチはTVを観ないので知らなかったのですが、ちょっと検索したら
インランド・リージョナル・センターの看護婦ドロシー・ヴォンが
午前11時に撮った映像
が出ていて、彼女はライフルで武装した警官等のその動きは
銃撃事件を想定した演習だと思ったと。

でも、この事件は午前10時59分に始まったんですよね。
★各画像は右クリックして別のタブに開けると、まともに拡大

上の映像を携帯で撮って11時、または11時頃にご主人に送ったというが、銃撃開始に数分遅れで もう警官がゾロゾロやって来てるって、どう考えてもおかしいですよ。

それに、事件開始直後だから わからなかったのかもしれないが
銃撃事件のあったインランド・リージョナル・センター
Luis Sinco/Los Angeles Times via Getty Images

それほど巨大な施設でもないみたいだから、14人も殺す銃撃があれば
銃声くらい聞こえるか、逃げ出す人々の声など雑音もあって
何か察していてもよさそうなものなのに、その気配もないのが変。

そして それは当然、
そんな気配も何もないのに、警官たちが現場に向かってきていたという事実。

そこで ちょっと数字を見てみたが
2015年12月2日 → 2 + 1 + 5 + 1 + 2 + 2 = 13
開始時刻 10時59分 → 1 + 5 + 9 = 15 → 1 + 5 = 6
銃声が聞こえてきたのが S. ウォーターマン・アベニューの1365番地
1 + 3 + 6 + 5 = 15 → 1 + 5 = 6

おまけに、犯人とされた夫婦は事件前に6ヶ月の娘を祖母に預けていた。
ファルークの母親に、「歯医者に行くから」と言って預けたそうだけど
それらの数字、出来過ぎですよね。w

そしてCNNのインタビューに答えていた「娘が中にいる」という父親(役)の
帽子にご注目!

フリーメイソン(イルミナティ)の関与がミエミエ。
以前から言ってる通り警察=メイソンは豪州も同じで、とある警察署のチェッカー
水平に 9個 X 垂直に 3個 = 27
2 + 7 = 9
どこまでも、こだわってますね。.

このインチキ劇、YouTubeでも探してみたら ありました。英語だけど

スピロというユーザーが、これ以前に出したビデオでは噂として紹介していた
「事件当日に演習があった」という話を、事実としてあげています。
現場近くで警官たちが演習をしていたので、事件対処の動きが早かった。
サン・バーナーディーノ警察のリチャード・ローヘッド警部補が
ウチのSWATチームが 偶然近くで演習していたので、即刻対応できた
と言っている。


そして、お次は これまた現場に近いヴィクターヴィル大学で先月30日の月曜に銃撃事件の演習をやっていたという記事も出ていると。学生も協力して、負傷した役をやったりした由。下手をすれば、この事件にも駆り出されて臨時のクライシス・アクターでもやったか?w

先ほどもリンクしたL. A. Times の記事にも
インランド・リージョナル・センターでは、
銃撃事件の演習を1ヶ月に1度くらいやっていたと出ている。

事件当日に複数の演習が行われていたって、9/11でも7/7でもありましたよね。
これも同じです。
サン・バーナーディーノで容疑者を探す当局者たち
Chris Carlson/AP

そしてスピロが言っているのは、ボストンでもやられていたけど
こうした事件を口実に、令状もないのに各家の捜索もやりたい放題だと。
当局者たちは捜索中、近隣の人々に「家の中に留まるよう」指示した
Patrick T. Fallon/AFP/Getty Images

緊急事態だからと言って、あなたの権利が奪われるんですよ…
奴等がほしいのは、あなたの銃 あなたの権利
そして あなたが命令に従順に服従する奴隷になること

警察はまだ犯罪の動機も犠牲者の身元も発表していない
Patrick T. Fallon/AFP/Getty Images

ケム空なのも笑えるけど、警察なのか軍隊なのかわからない雰囲気で
この「リアルト警察」と書かれた車両の屋根についているものは何か?
気になりますね。

スピロがリンクしていたこのページには
KTLA(放送局)によると、警察は人々に「メディアと話さないよう」警告した

とありますし(言われちゃ困ることがあるわけだ。上の画像で、下の方)、
そこ、上方の赤文字のリンクが実に最高で

FOX ロスアンジェルスは容疑者を、
「軍の装備をし ライフルを持った白人男性」とレポートした

FOX ロスアンジェルスのツィートは正確に言えば

警察は、軍装備をした3人の白人男性を探している

ですが、「犯人」とされて、妻とともに撃ち殺されたことになっている
サイド・リズワン・ファルークの風貌とは大違いですね。w
しかし、よくぞ このような「犯罪者」として出すのに最適な
無愛想な写真があるものだ。

他にも スピロのビデオについたコメント欄
NBCニュース ライブは3回も、SWATが銃撃に関与していると言及しては邪魔されていた。 誰かその映像をアップしてくれないかな

それ、君が聞いたの?

あぁ、ライブで観たんだ。そのライブ・ビデオをみつける方法がわからないんだが
ストリームだったけど

観ながら、矛盾点や疑わしいことをメモっていたんだけど
彼等、遂に「SWATが銃撃に関与してた」って何度か言ったんだが
一度は誰かが言うのをやめさせたって感じで 文の途中で口ごもっちゃって
あとの二度は放送内容を止めて、三度目には あからさまにスタジオもホストも変えちゃったんだ

僕のメモには、くり返し「SWATの動きは、この銃撃と関連があったかもしれない」と


(ふたつ、コメントを飛ばして最後)

ロスアンジェルスのKPFK (90.7FM)ラジオは青い目でブロンドの白人男性だって
言ってたよ。トム・ブラッドリー ショーで


他にも、どこで見たんだったか 近隣の病院だったか 施設に来た被害者の数が非常に少ないという話もあったし、まぁ、今後も何か出てくるでしょうが これもヤラセ確定と言ってよさそうです。

だって、政府は会社の社長(?)オバマも水曜、CBSのインタビューで
コネチカット、アリゾナ、テキサス、サウス・キャロライナやコロラド等々の銃乱射事件を受けて アメリカにおける銃規制の法律の変更を求めたと。

同ページ、私が見た(上の画像)あとにアップデートされた版では
オバマは木曜にも、人々が銃を入手するのをより厳しくすべきとくり返した
と記載されています。それって、イスラエルの方式と正反対なんだけど

西岸での攻撃に際してエルサレムの銃保持者全員に、常に銃を携帯するように
というお達しが出たというニュース。

しかし、お決まりのパターン。重金属毒やヤラセで悲惨な事件を起こし・起こさせ、市民から「腐敗した政府(実は「会社」)を倒すために使われては困る「武器」を取り上げる。上に紹介したビデオのスピロも最後に言っていましたね

Never give up your Second Amendment
米国憲法修正第二条を絶対に放棄するな


と。
私は暴力的解決ではなく我々の力(金&票)を売国詐欺師に渡さないやり方で、
すべてをひっくり返したいですけれど。


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

No comments:

Post a Comment