Saturday, January 16, 2016

またも妨害されまくり!&毒のスマート・メーターも導入する「政府は会社」の極悪詐欺師を潰せ!!&ボウイに続いて、アラン・リックマンも癌で死亡。享年も同じ<69>歳

私は常日頃から様々な妨害をあちこちで、長年 受け続けています。
随分前にスクリーン・ショットがダメにされ、代わりに写真を撮って...
とやっていたが、写真・画像のリサイズ機能もおかしくされ
今も色々相当な手間暇かけてブログに載せる写真を準備しているのですが
そうやって貯め置いたファイルが、今開けたら空にされていました
時間とエネルギーの結晶が、またも無にされた!!(怒)

どんな画像を貯めていたか、全部覚えているわけはないので
諦めて、またゼロからやるしかいない。相当な枚数だったのに!
マジで、随分嫌われているなと思うばかりですが
政府は会社詐欺を暴き、広め、訴えているからこそだと思っています。
ワクチン詐欺現代医学詐欺重金属毒問題

ところで、私が以前から何度も警告してきた害毒を撒き散らす代物が
遂に日本でも導入されるようです。

スマートメーターで電力の自由化を後押し、2016年4月にデータ提供開始へ(1/2)
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1403/18/news017.html

HEMS(ヘムス)の必要性
http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/aiseg/hems/necessity/index.html

ちょっと考えれば、<企業にとって儲けになるから、やる>という点は見えるはず。
スパイ機能付きデジタルTVを売り出したときと同じで。
おまけにそれが、世界各地で反対運動など起こされている代物だと知ってほしい。

散々書いているけど、私はこれが近隣に設置されて以来、四六時中 脳の中で
金属的な雑音が鳴り続けているうえに、時折ひどい頭痛にも悩まされている

寝ている間も浴び続けているのだから、まさに体が休まる時もない。
今日もそれで、雑音もいつもどおり&頭痛が止まりません。

この動画が示すように、電磁波を浴び続けるわけですから

ウチは拒否し続けているから設置されていないのに、近所の家々に
設置されたものからの電磁波で、ですよ。
ご近所が入れているWiFi(無線LAN)からの影響もあると思うけど
その内 脳腫瘍にでもして私を殺す気なんだろうが、日本でもこれ故に
発疹をはじめ、様々な健康被害が出るであろうことは目に見えています。

しかし大多数は、このスマート・メーターが原因とは気づかずに
生涯信じ込んできた現代医学の治療を受けに行って
おいしい患者になり、ますます病気にされるのが関の山です。

とにかく何とか拒否してほしいと思います。
ご家族、ご友人にも広く警告してください。
それから、こんな記事も見ましたが

宿泊税、来年1月導入
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160115-00000166-jij-pol
すぐ上の図のツィート、記事とは関係ないが根っこは同じ

昔から、温泉場の宿で「入湯税」なんてのもあるけど
結局、これも政府は会社収益アップだけでしょ。
この調子で行くと、我々がどこで何をするにも税金がかけられて
(「税金」という名目ではなくても)恒常的に払わされ続けることになる。
本当にマジで、政府は会社の言いなりになることをやめて、奴等を倒さないと!!

こんなのも見かけましたが
それのツィート
要するに、はっきり言って奴等は泥棒!!ですよ。
#それ以外の犯罪も犯し続けてるが

イルミナティに支配されまくりの世界を知った人のなかには
「なんで、こんな世の中になったんだろう!?」と言う人がいるけど
みんなが寝てたからでしょ!
おまけに、時折そういう人間に出くわすけど
何が起きているのかは知りたいけど、自分で何か行動することはない
という人間が多い。知っているのに、何もしない

一度スーパーで出会って喋ったお婆さんが、色々話した挙句に
「次の世代の人たちが何かしてくれることを期待しましょうよ」と言って
立ち去ったのだけど、非常に嫌な感じがしました。

<次の世代>である娘に聞けば、みんなもっと愚民化されていて
「ケムトレイルすら全然理解しない子ばかりだ」と。
だからこそ、今の大人=我々が動くしかないのに、自分じゃ行動しない。
それでは、世の中を変えることなんか出来っこない!
まして、破壊され続けている日本が完全に(比喩として)沈没させられるだけです。

夏の選挙へ向けて、政府は会社という醜悪な詐欺の事実を広く知らせ、
投票用紙に「政府は会社だから、この選挙は無効」とみんなで書かなければ!!
そしてどこかのサイトに「そう書いた」という報告を皆で載せて
公表される投票結果との違いを見せつければいい。
工作員に重々注意しながら

私のブログにそういうページを用意してもいい。
妨害されるだろうけど

とにかく皆さん、このままでいいのか?という問題です。
本当に効果のある方法で、行動してください。

さて、前回書いたデイヴィッド・ボウイに続いて、
ハリポタのスネイプを演じたアラン・リックマンも69歳で14日に亡くなったと。
#また69歳。
★各画像は右クリックして別のタブに開けると、まともに拡大

2015年12月7日に撮られた写真では、元気そうに見える。
二人とも英国籍であることのほかに享年と「癌で死んだ」点が共通しているが
これはただの偶然か?

人を<癌にする>ことは出来るし(アロン・ルーソも、そうやって殺されたと私は思っている)、「病院で亡くなった」とあるので その病院に奴等の手下がいれば、病状を悪化させたあとに特定の日に死ぬよう手配することも可能だと思います。

1月14日に亡くなった...
1 + 14 = 15
1 + 5 = 6

前回、ボウイの死について書いたときに、そこ逃していましたが
彼が死んだ日

1月10日、なんのことはない
1 + 10 = 11
ですよね。w

第一、今年は2016年
2 + 1 + 6 = 9
ですから、今後も気をつけなくっちゃ!

そしてボウイの、イルミナティの手下としての<偉大さ>(?)を考えると
ハリポタのみならず、”Closet Land” という、如何にもイルミナティの狙う世を
描いているらしい作品に出ていたリックマンが、ボウイの死に際して
まるで従者というか、お供みたいに(4日後だけど)一緒に死んだというのは
偶然ではない気がします。

リックマンの遺作となった”Eye in the Sky”、テロリストのお話だって。
ポスターからして all seeing eye だし、声優としての最後は
これまたイルミナティ映画。サシャ・バロン・コーエンも
下は前作のポスターだが
リックマンが演じたキャタピラーも all seeing eye 的に片目が強調されている。
ジョニー・デップが演じたマッド・ハッター(キチガイ帽子屋)も
前作↑と最新作↓とで、ちょっと目の色の違いの度合いが強くなった。
並べて見ると、わかりやすいかも
左が前作、右が最新作ですが「目の色が違う」と言えば、もちろん
14歳のときに女の子のことで友人と争って喧嘩し、瞳孔が広がってしまい
手術もしたが、左目だけ瞳孔が開いたままになってしまった。
両目の色が違うように見えるが、両目とも青だ


これを「アニソコリア*」というそうですが、喧嘩のエピソードが
事実か否かわからないけれども、片目の色が違うように見えること自体
イルミナティが喜びそうな特徴だと思います。
*「病名」なんて、いくらでも都合のいいようにつけられてるって
このブログ読者なら、理解なさってるでしょうけど

彼(ボウイ)が選ばれ、イルミナティの世を推進するために使われてきた。
他の無数の各種エンターテイナー等々と同様に。

若くして死んだ17人のセレブたち
なんて英語の記事を見かけたが、知らない人もいたけど
みんなイルミナティに殺された人ばかりだった。

ボウイの最後も「計画されたもの」と思うのは当然ですね。
本人も(当然ながら)洗脳されて、自分の幕引きに協力していたふしもある。

関連で、色々見ているときにみつけたのですが
エマ・ワトソンが、スタイナム本を推薦していて
まるで彼女の後継者よろしく国連でも’ご活躍’しているらしいと知り
ため息が出るばかりです。

前々回の記事で「渋い役者になった」と書いた途端にゴールデン・グローブを獲ったディカプリオも、なんと温暖化人移設の嘘話ドキュメンタリーのナレーターやってるし(>_<)

セレブは本当に、いいように使われまくって
人々を洗脳するために大活躍ですよ。
#気象操作、気象兵器の実態を知らない人たちも引き続き起こさなきゃ!!

前回の記事は英語版ブログにも載せました。

So, David Bowie died at age 69 after battling with cancer for 18 months…
http://aus911truth.blogspot.com/2016/01/so-david-bowie-died-at-age-69-after.html

英語圏のご友人がいたら、紹介してください。
世界中で、みんなに闘ってもらわないといけないから。


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

No comments:

Post a Comment