Thursday, February 4, 2016

デイヴィッド・ボウイのBlackstarは<終末の兆し>メイソンやホピの予言から&気象兵器が作る異様な音&エコノミスト、2016年の表紙に 不吉な…

ウチの方も毎日撒かれて、本当に自然な空が全然見られないけど
かつてのツィッター仲間や、その周辺を見ているとホントにひどいケム空が。
この方の、確かスコットランドだったと思うが、1月30日(>_<)
★各画像は右クリックして別のタブに開けると、まともに拡大

直URLをメモし忘れたが、こちらもスコットランドのツィッターから
毒入りと知っているからこそ、気持ちの悪い色です。
同じく、シェフィールドの上の方から
そして米国 南カリフォルニアのサン・ディエゴからは、まず1月22日
スピ系は、何かしらの解釈をして喜ぶかも ですが。
同日の、別のショット
お馴染みのヘイロ(ハロ)の前に新たに撒かれたケムと、少し時間が経ったケム
そして、ヘイロに包まれた太陽周辺にも異様なモヤモヤのケム雲。
本当に気持ちが悪い!!そして1月27日
これもヘイロとモヤモヤ ケム雲に加え、広がりつつある&毒々しいケムトレイル。
再度スコットランドから2月1日に このケム虹色
色のみならず、上のモヤモヤも下半分の分厚い雲も みんなケムトレイルの産物。
「きれいねぇ!」なんて言ってる そこの人、毒ですよ、毒!!
こんな変な空だらけなのに、一般人はどうして「おかしい」とわからないのだろう?

さて、前回の記事の続きですが、英語ブログに書いた

So, David Bowie died at age 69 after battling with cancer for 18months…
http://aus911truth.blogspot.com/2016/01/so-david-bowie-died-at-age-69-after.html

の最後に載せましたが、このビデオ

David Bowie death at 69 Satanic Occult Dark Star Illuminati Freemason Symbolism
https://www.youtube.com/watch?v=7u7wrOtApVA


1月11日にTheGroxt1さんが作ってアップしたものですが、
興味深い部分を紹介します。

ボウイは、今後やってくる暗黒の終末の大きな象徴だった
彼は癌で亡くなったが、神よ 彼の罪を赦し 天国へと導き給え
そのデイヴィッド・ボウイは、これから出現する”ケダモノ”を表現していた

昨夜開かれたゴールデン・グローブも、これから訪れる
”ゴールデン・エイジ”の象徴であり、
そしてそれは”暗闇の星”のあとに やってくる…

ボウイの最後のアルバムは『黒い星』
これは すべて ナチス、ヒトラーや悪魔崇拝と関わっているのだ

彼は生涯、ビデオなどで まるで悪魔のような格好をしてきた

そして これが彼の最後のビデオ、黒い星がやってくる
それはナチがやったこと、ヒトラーの城にあった黒い太陽
終末の兆しである艱難(かんなん)の、終わりのときの車輪…
聖書にある偉大な石臼だ

ボウイがバイ・セクシャルだったことを知らなかった人々には
彼が性的には まともじゃなかったこをを知ってもらいたい
彼は性的なケダモノだったと言う人がたくさんいる

そして、メイソンのロイヤル・アーチの

★私がネットでみつけた上の図の、一番右側にあるアーチ

こちら(左)側がイエス・キリストで、キリストは彼の豊穣の角…
去らんとしている彼の使徒を連れて行き、
暗黒のケダモノが世界を駆け巡るようにと解き放つ
暗黒の星だ

ホピの予言にも出ていて、聖書と同じことを示している
メイソーという男が、地球を耕しにやってくる
そこにもナチスの黒い太陽が
「それはニブルだ」と言う人もいるが…

この線がイエス・キリストで、ホピ予言の偉大な白いパハナ
私たちの救世

そして第一次、第二次世界大戦のあと、この黒く太い線は
巨大な地震が米国や世界を襲い、米国の相当な部分を破壊する意味
それは、第三次世界大戦の前に起きる

それから四人が闇の星を超えて行くが、彼等はキリストの第四の時代を表し
第五の時代であるケダモノを超えて行く
ひとつの柱から、もう一方の柱へ
その間にあるものは<死>だ

これ(アーチの下で死んでいるの)が、ボウイだ

ボウイが69歳で死んだこと、このアーチ(トップ)に<69>が見えている
彼は、最初のホースマン(馬に乗る者)に与えられる弓(bow)を示唆しているのだ
つまりホースマンが来て、闇の星がやってくる日が近いということ
ヒトラーが再び、アンチ・キリストが
New World Order(新世界秩序)が来るということ
もう、すぐ目の前まで来ている…

ボウイは人生を通じて終末のときが来ることを
まるで操り人形のように、ずっと表してきた
彼の死ですら、ゴールデン・エイジのはじまりを意味する
ゴールデン・グローブと時を同じくして

それは地球の"収穫"を意味しているのだが

(部分訳、おわり)

それから
「神よ、彼(ボウイ)を許し給え!
イエス・キリストのみが唯一の道だ」
と言っていますが、そこは同意しません。
でも、その先の

よく周囲を見回せば、わかるはずだ。無視しないで!

という主張には全く同感です。

ところでボウイの遺作、”Blackstar”は非常にイルミナティ色が強くて
あまりにも おぞましいので、ここに貼り付けるのも嫌だなって感じ。
ボウイがつけている ボタン・アイ(ボタンを目にしている)も
漫画映画『コーラライン』を思い出させるし(あれもイルミナティ映画だった)
ボウイの遺作に興味のある方は、ネットで観られますので↓ご覧ください。

David Bowie - Black Star
https://www.youtube.com/watch?v=kszLwBaC4Sw

以前も書いたと思うが、彼が「死んだ」と言われているのは
新作が発表された 1月8日→ 1 + 8 = 9
の2日後の 1月10日 → 1 + 10 = 11 このように、あちこちイルミナティの痕跡だらけ。

私はこのチャンネル主の主張、ボウイが奴等の手先となって
アレステア・クロウリーなどの悪の世界を若者たちに向けて広めまくった
のは事実と思います。
クロウリーのみならず、キング・タット(ツタンカーメン)を模したものか
★奴等、エジプト神話も大好きで ウチの娘も小・中学校で3回もやらされていた

こんな格好↑のボウイも見かけましたが
その記事には、彼の Blackstar が意味するものはニブル=Planet X で
ニブル信奉者たちは、それが地球に衝突するのは今年の8月だと言っている

と書かれていました。

例によってオープン・マインドではいるけど、私はニブル話も
レプティリアンと同じで、人々に恐怖心を起こさせるためのお話だと思っている。
それに万が一、巨大な天変地異のような事態が起きるにせよ、それは
これまでも”活躍”してきた奴等の気象兵器の仕事と思うしね。

たとえば下の動画はフロリダのフラグラー郡で<地震のような揺れがあった>
という報道や、ニュージャージーから とある土曜の午前4時47分に撮られたもので
午前3時頃からオン・オフで変な音がしていると。

そのあと またフロリダで、空に異様な光と強風のような音。
周辺の木々の葉も、揺れている様子がないのに。
それからまた暗闇の中で「巨人が」何かしてるみたいな異様な音。
5分9秒あたりから、またフロリダで 最初「竜巻かと思った」と言っているが
字幕にその音は方向を変えたりもせず、約20分も続いたうえ風もなく
家や地面は揺れていた
と。

そして日中のウクライナ、ひどいケム空で異様な音と揺れ
また さっきのフロリダに戻って、最後にパッと光ったあと 音が消えた
その音が消えて静かになったので、雨の音が聞こえ始めた
それほど大きい音だったうえ、家全体と地面が揺れていた


また別の映像で、ケムトレイルが上下に間をおいて撒かれた
ひどいケム空のなか、「ゴジラみたいな」音が
HAARPで、やってますね!

Sound of HAARP weapon in action - Scary lights and noise 2011
by Matthew Marley
http://youtube.com/watch?v=LsgrRmHW8ro

大分、横道に逸れましたが
悪魔的メッセージや生き方の拡散に加え、ボウイ ファンには申し訳ないが
それ以前の<普通>を覆して 男が化粧をしたり、女のような衣装を着ること
彼あたりが始めたのではなかったか?

ホモセクシュアルやトランス・ヴェスタイト等の方々を誹謗する意図は
皆無なので、それはご承知おき願いたいが、いつぞや書いたように
銅が少年・青年をゲイにすると知って以来、
ヘテロ・セクシュアル(異性間のみ)以外の人々、少なくともその多くは
イルミナティが長年にわたって我々に注ぎ込んで来た毒の影響を受けて
(&少数は、彼等の犯罪の被害を受けた結果)そうなっているのではないか?

と思うのです。それの善し悪しを言うのではないが、まるでそれを奨励するか
のような映画も数年来、出されていますし
『トゥッツィー』のダスティン・ホフマン
アルバート・ノブズ』の グレン・クローズ
『デイニッシュ・ガール』のエディー・レドメイン
★いつも思っていたが、画像の人物と名前の位置がなのも奴等の好み

男性が銅で性の志向を変えられるなら、女性も何か別のもので
同様のことを起こされている可能性もゼロではないと思う。

こうした方たちは当然「自分の選択だ」と思っていらっしゃるだろうし
再度言うけど、私は奨励も批判もしません。各人の自由だと思っている。
しかし、色々な「本人の特性だ」などと称されることの多くが実は
重金属毒が原因だった!>と知った私からすると、
イルミナティの闇の計画によって、そうした志向を変更させられている
可能性は否めないということです。

それから最後の方で動画に出ていた2016年の「エコノミスト」の表紙ですが
拡大したら、なんと 不吉なことに…
ご飯茶碗に立っている国旗は、どう見ても
中国で、茶碗の中味はチャーハンか。
あっ、中国が不吉なのではありません。その先…

最初、地図には<日本が描かれてない!?>と思ったが、
それは東南アジアだけだったから。
しかし、そこの南シナ海には なんと軍艦が4隻も描かれている!!
(ようにしか、見えない)
そのあたりで、戦争をやりたいってことでしょう。

茶碗が載っているUFO状の物体の反対側には、ピンクの瓶?容器があるけど
そこの絵はまるで人間の脳みたいに見える。
こないだの記事の心臓移植じゃないが、人の脳を瓶詰めにして売るのかや??
いや、クローン人間の脳か??
それが何を意味するのか も、是非知りたいところ。

2011年のユーロ危機の頃には
こんな絵を描いていたイラストレーターの作品
の左半分を使っていて、上の動画では「ヒトラーの再来」的意味合いから
メルケル(=ドイツ)が中央、まん前にいるという解釈をしていたけど
果たして、どれがどのような事態を示唆して描かれたものか
作者が依頼主から受けた指示を知りたいもの。

いずれにせよ、巨大な戦艦と思しきが うようよしている状態の実現は
絶対に やめてほしいですね。


全文の転載はご遠慮願います&長文の引用も、お断りします。
★一人でも多くの人々に読んでもらうため、応援のクリック↓を
そして、周りの人々に広く知らせてください!

転送・転載は、この記事のタイトルとURLを。

5 comments:

  1. BlackStarのPV見ましたよ。部屋の三角形の壁に、「丸形」の日差しだか月明かりだか…。初っ端からイルミナティ色プンプン漂っちゃってますね。
    …と、言いつつ、ボウイ好きなんでアルバム買っちゃいましたが。
    ただ、ホモ・セクシャルなのは残念です。そこは好きでも受け入れられないです。
    過去にはドラッグもやってたようで。

    もしかしたら、ボウイ自身も「重金属」が少なからずとも影響していた可能性があるんじゃないかと思ってます。
    家系的に精神系を病んだ人も多いようですし。
    腹違いのお兄さんは「自閉症」をお持ちだったとか。
    (雑誌:デヴィッド・ボウイ1969-1973に記載あり)
    「デヴィッドいわく親類の多くは入院しても良くなる事はなく、状態は入院前よりも悪くなったという。」⇛http://mikarin1215.com/kasyu/miyujisyan/3897/

    日本社会でも同性愛が認められるようになりましたが…重金属汚染で思考変更させられた人間が、それだけ日本にも増えたって事なんでしょうね。
    (最近じゃ同性愛者の多くは発達障害だとかネットで言われてたりしますし。)

    ReplyDelete
    Replies
    1. akinenkoさん、亀レスです。

      重金属毒の影響、可能性ありますね。
      殊に家族にその気配が見られるとなると。

      >入院しても良くなる事はなく

      精神科を含め、現代医学詐欺を思えば当然!って。
      でも、本当に亡くなったのか生きているのか??
      今、書いた記事↓
      http://insidejobjp.blogspot.com/2016/03/blog-post.html

      >同性愛者の多くは発達障害

      そうなんですか?
      みんなが知らぬ間に、多くの人々への重金属毒の作用が増加している証かもしれません。

      Delete
  2. >同性愛者の多くは発達障害

    まだ、研究データ等があるわけでは無いんですけどね。
    ほんの噂レベルです。

    参考↓

    「自閉症やアスペルガー症候群の人たちは、一般の健常者よりも同性愛の割合が高いのでは…」(上記コメントとは逆ですが…)
    http://www.privatecare.jp/id8.html

    実は、私はゲイリブにかぶれるホモの多くは、アスペルガー症候群などの軽度の発達障害を抱えているのではないかと疑っています。
    http://jack4afric.exblog.jp/17275835/

    ReplyDelete
    Replies
    1. akinenkoさん、

      ふたつの重金属毒の記事(右にリンク)に書いた通りで
      そうした毒やミネラル・バランスの悪さから<脳が本来持っている機能が狂う>わけです。

      よって、すでにそうした事情から(という点を知らない人が大多数だが)発達障害やアスパーガー(似非名称)にされている人たちの中から<銅過多の男性がゲイになる>といった作用も存在するので、そういう傾向が見られるのでしょう。女性の方はどの物質が作用するのか知りませんが、似たようなもの(何かの作用で、レズになる)だと思います。

      私はこれもイルミナティの邪悪な計画によるものと思っています。
      同性愛者が増えれば、それだけ<子供を作る人間が減る>し、そういう人々が子供を欲しいと思えば、お金を払って医療なり代理母なりを使わなければならない。普通(という言い方は、そういう方たちから見たら「偏見」の表現だろうが)なら、お金などかからないのに。

      ファビアン・ソサエティーのモットー(というか)は、我々(ゴイムですね)を借金まみれにして破壊するというものだと聞きましたから、そうやって余計な費用がかかるようにする目的も果たせる。

      ウチの娘の高校でも、同年代周辺に男子が2人ゲイ、女子が4人はレズだと言っていた。昔は隠れていたのが近年はカミングアウトというか、堂々とやっている(校庭などで抱き合ってキスしたりしている由)ので その違いがあるかもしれないが、きっと増えていると思います。

      Delete
    2. >女性の方はどの物質が

      女性の場合も、銅が必要最低限より少ない場合に
      男みたいになっちゃうようです。
      つまり、レズ=女性と交際したくなると。

      Delete